米国株の取扱いが多い証券会社は?

ひとこと解説
詳しく解説

米国株の取り扱いが多いネット証券は何といってもマネックス証券です。

取扱銘柄数は3000種類以上あり、通常の手数料は約定代金の0.45%、最低手数料は5ドルからで上限は20ドルで業界最安値となります。また米国のネット証券大手であるトレードステーション証券と共同開発したツールも使えます。

時間外取引であるプレ・マーケット、アフター・マーケットの取引も可能です。米国株がまだよく分からない初心者にも優しいコールセンターと動画でサポートしてくれます。

特定口座を利用することで国内取引との損益通算も簡単になり、源泉徴収ありであれば確定申告の必要もありません。他のネット証券も米国株式の取り扱いが出来ますが、米国株式投資するならマネックス証券がお勧めです。

SBI証券楽天証券でも米国株式は取引できます。ただ、マネックス証券に比べて取扱銘柄が少ないことや、手数料が割高になることもあり、米国株に限っていえばマネックス証券に軍配が上がります。

ただ、SBI証券や楽天証券はアセアン株など他の外国株式にも力を入れていることもあり、外国株式全般では口座を利用するにはいいかもしれません。

米国株の取り扱いに限れば、マネックス証券が他のネット証券に比べ一番です。 取扱銘柄が多く、手数料も安いうえにサポートやツールも充実しています。米国株式の取り扱いをしている証券会社はいくつかありますが、その中でもマネックス証券が米国株式に一番力を入れています。 米国株式ならマネックス証券でぜひ始めてみて下さい。

上記の証券会社含めてネット証券の外国株取扱い情報は下記にありますのでご確認ください。

ネット証券 取扱商品比較一覧
関連キーワード
米国株
プレ・マーケット
アフター・マーケット

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング