ネット証券会社比較&おすすめランキング

おすすめネット証券比較&ランキング[2016年8月版]

35万人の個人投資家の情報をもとにネット証券を徹底比較!
証券口座選びで重要なのは自分の投資スタイルに合わせて選ぶこと。 手数料はもちろん、取扱商品・銘柄、取引ツールも証券会社によって様々です。
ここでは初心者~中級者におすすめしたい人気のネット証券会社を比較しました。
初めてでも安心!ネット証券会社がおすすめな理由
ネット証券の強みは「手数料」。総合証券会社と比較するとその安さに驚きます。
便利な取引ツールや情報配信サービスもあり、サポートもしっかりしていて安心です。
ネット証券と総合証券の違い

ネット証券比較 総合ランキング

レーダーチャートの見方

ネット証券別の人気度を元に比較・ランキングしています。

ニュースやアナリストレポート、マーケット市況や適時開示情報などの情報量を比較・ランキングしています。

スマートフォン&タブレッドアプリを注文やチャート機能を比較・ランキングしています。

スクリーニング・ランキングなど株式銘柄を探す機能を独自視点で比較・ランキングしています。

現物取引の約定代金10万円~1,000万円までの取引手数料を比較・ランキングしています。

信用取引の約定代金10万円~1,000万円までの取引手数料を比較・ランキングしています。

ネット証券のチャート分析特化ソフトを10個以上の角度から比較・ランキングしています。

アクティブトレーダーには必須の取引ツールを比較・ランキングしています。

信用取引や海外株式、FXなど口座開設で取引可能な商品を比較・ランキングしています。

各指標をそれぞれポイント化し、レーダーチャートに表示しています。

  • 96
  • SBI証券の評価
SBI証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
開設数・人気ともNo.1のネット証券

文句なしの人気No1のネット証券です。取扱商品・取引ツール・サービスとも高品質で年代・性別を問わず人気。

豊富な商品ラインナップ

国内4取引所の上場銘柄はもちろん信用取引・貸株サービス・NISAに外国株とどんな方でも満足できる商品ラインナップ!

証券業界随一のマーケット情報

リアルタイム株価、チャート、株主優待検索、四季報情報など豊富な投資情報が無料で簡単にチェックできます!

▶︎ 今すぐ口座開設SBI証券の公式サイトへ ↑

  • 91
  • 楽天証券の評価
楽天証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
投資情報はネット証券No.1

多くの個人投資家に絶大な支持を得ている取引ツールをはじめ、取扱商品や投資情報なども幅広く無料提供。

楽天会員の方は30秒で申込完了!

楽天の会員アカウントをお持ちの方は、なんと30秒で証券口座開設のお申し込みが完了できます。

1,000円から始める投信「ミニ積立」

ネット証券で初のサービス投信「ミニ積立」は1,000円から投資が可能。

▶︎ 今すぐ口座開設楽天証券の公式サイトへ ↑

  • 86
  • カブドットコム証券の評価
カブドットコム証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
信用取引がオススメ

長期保有ができる一般信用売建銘柄数はネット証券No1。カブコムの信用取引で投資スタイルが変わるかも!?

プチ株+ワンコイン積立で500円から始める株式投資

人気銘柄を1株積立可能なプチ株・ワンコイン積立で少額でも株式投資が可能です!

会社の信頼性と自社開発の取引システム

三菱UFJフィナンシャル・グループという信頼性に加え、自社開発での取引システムに強みあり。

▶︎ 今すぐ口座開設カブドットコム証券の公式サイトへ ↑

  • 83
  • 松井証券の評価
松井証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
株のチャートソフトNo.1

タブレットやMAC環境でも使えるテクニカルチャートソフトを完備!

10万円まで手数料無料

1日の株式約定代金10万円以下は手数料無料なので、まずは少額から株取引をはじめたいという方にも安心です

▶︎ 今すぐ口座開設松井証券の公式サイトへ ↑

  • 73
  • マネックス証券の評価
マネックス証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
米国株取り扱い数No.1

海外証券会社の買収により米国株取扱数は圧倒的!FacebookやAppleなど米国株を買いたい方におすすめ。

公平なIPO抽せんルールで個人投資家に人気

マネックス証券では過去の取引実績に関わらずどなたでも公平に当選できる仕組みになっています。IPO当選を目指している方はマネックス証券の口座も開設してみてはいかがでしょうか?

▶︎ 今すぐ口座開設マネックス証券の公式サイトへ ↑

  • 72
  • GMOクリック証券の評価
GMOクリック証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
ネット証券の中でも最安クラスの手数料

手数料比較の1位の常連!SBI証券、楽天証券を押さえネット証券業界で最安値水準の手数料を提供。

使いやすいスマホアプリ

通常のPCアプリと比較しても遜色ない機能を装備。不満な箇所無し、安心のアプリでおすすめです。

▶︎ 今すぐ口座開設GMOクリック証券の公式サイトへ ↑

  • 71
  • 岡三オンライン証券の評価
岡三オンライン証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
トレードツール機能はネット証券No.1

指標、ランキング、スクリーニング機能が充実。ユーザーを意識したツール開発を絶賛展開中です。

機能面で他社を圧倒する使いやすさ

機能面や情報面で他社を圧倒する使いやすさ。自社アナリストの個別銘柄レーティングがてんこ盛り。他社のツールで満足できない人は内容超充実の「岡三ネットトレーダー プレミアム」をお試し下さい!

▶︎ 今すぐ口座開設岡三オンライン証券の公式サイトへ ↑

  • 68
  • ライブスター証券の評価
ライブスター証券チャート 手数料(現物) 手数料(信用) チャート ツール 取扱商品 銘柄検索 スマホ 情報 人気
評価ポイント
ネット証券手数料No.1

1回単位の取引手数料で驚異的な安さ。現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円。

ユーザの声を反映して進化する取引ツール

ユーザからの声を取引ツールはじめサービスに反映させてくれる個人投資家に嬉しいネット証券です。

▶︎ 今すぐ口座開設ライブスター証券の公式サイトへ ↑

一目で分かるおすすめネット証券会社比較表

総合ランキング 証券会社名 株式売買手数料 特 徴
10万円まで 50万円まで 100万円まで 300万円まで
第1位 SBI証券 150円 293円 525円 994円
即日開設可能
総合比較
1位
取扱商品比較
1位
人気比較
1位
第2位 楽天証券 150円 368円 657円 1244円
情報比較
1位
スマホ比較
1位
投資信託比較
1位
第3位 カブドットコム証券 97円 270円 1069円 3013円
即日開設可能
銘柄検索比較
1位
第4位 松井証券 0円 540円 1080円 3240円
信用取引におすすめ
チャート比較
1位
第5位 マネックス証券 108円 486円 1080円 3240円
米国株取扱数が圧倒的
第6位 GMOクリック証券 95円 260円 470円 900円
信用取引手数料
業界最安値水準
第7位 岡三オンライン証券 106円 378円 648円 1620円
ツール比較
1位
第8位 ライブスター証券 86円 194円 367円 648円
手数料比較
1位
※国内株現物取引の手数料です。松井証券のみ定額取引の手数料を表示しています。

証券会社に関する投資家アンケート結果!

アベノミクスによる日本株の上昇やNISA開始などの影響でネット証券の証券口座数は年々増加しています。そんな中、個人投資家が持っている証券口座や口座選びのポイント、投資スタイル別の人気の証券会社などなど、投資家アンケートを実施しましたので口座開設の参考にして下さい!(アンケート実施時期:2013年9月)

Q1.みなさんどこの証券口座を持っているの?

証券会社比較表 SBI証券 楽天証券 マネックス証券 松井証券 カブドットコム証券 GMOクリック証券 ライブスター証券 岡三オンライン証券

SBI証券の保有口座回答数が他を大きく引き離す結果になりました。「SBI証券を持っている」と回答した比率はなんと21.5%!5人に1人がSBI証券を持っている事になります。既に個人投資家にとっては無くてはならない証券会社になっていると言っても過言では無いですね。

次いで楽天証券、野村證券、マネックス証券松井証券カブドットコム証券、大和証券までが「5%以上、口座保有者数がいる」証券会社という結果になりました。ネット証券会社が上位を占める割合が多いようですね。

Q2.証券会社選びのポイントは?

証券会社選びのポイント

前回同様、回答数が一番多かった回答が『手数料が安い』、同じものを買うなら「少しでも安い会社を選ぶ」のはどんな商品でも当然ですね。  続いて『取引ツールが充実している』『取扱い商品が多い』が15%以上のユーザが選択しており、各社の提供するサービスで証券会社を選ぶユーザが多いことがわかります。  その他『ニュースやレポートなど情報が豊富』『モバイルやスマートフォンに対応』の回答数も多く、今後も各社のサービスには目が離せませんね!

★チャート詳細★
・手数料が安い 35.9%
・取扱い商品が多い 16.2%
・取引ツールが充実 22.2%
・ニュースやレポートなど情報が豊富 10.5%
・銘柄検索やランキング情報が多彩 2.3%
・モバイルやスマートフォンに対応 8.8%
・サポート体制がしっかりしている 4.1%

Q3.みんな証券会社の口座は幾つもっているの?

証券口座比較表

平均口座数は2.96口座

個人投資家の一人当たりの保有口座数は2.96口座とほぼ3口座を持っていると言う結果になりました!前回の同じ質問では2.63口座でしたので個人投資家は自分の持っている口座に満足せずに常に良いサービスを持つ証券会社を探している事が伺えます。

一つの口座しかお持ちでない方は全体の23.2%、既に複数口座を持つのは個人投資家の常識のようです。

Q4.複数の証券口座を持つ理由って?

複数の証券口座を持つ理由

「Q2.証券会社選びのポイントは?」に似ていますが、ここでもやはり回答数1位は『手数料が安い』でした。「総合口座がメイン口座だけど取引はネット証券」なんて方も多いのでは無いでしょうか。

また特徴的だったのは『複数持っていた方がいざと言う時便利』と回答した方が15%近くいたことです。万が一に備えて複数口座を持つ方が多いようですね。ある意味「投資を始めるのにまずは最初に行う」リスクヘッジの手段なのかもしれません。さすがに個人投資家の皆さんはしっかりされていますね!

★チャート詳細★
・手数料が安い 26.1%
・取扱い商品が多い 12.9%
・取引ツールが充実している 12.0%
・ニュースやレポートなど情報が豊富 12.7%
・銘柄検索やランキング情報が多彩 3.2%
・モバイルやスマートフォンに対応 6.6%
・IPOが各社で違うため 8.0%
・サポート体制がしっかりしている 4.8%
・複数持っていた方がいざというとき便利 13.9%

Q5.投資スタイルにあったネット証券会社はどこ?

SBI証券

楽天証券

GMOクリック証券

カブドットコム証券

マネックス証券

松井証券

アンケートでメイン証券をお答え頂いた方を投資スタイル(デイトレ/短期投資/中期投資/長期投資/超長期投資)ごとに分析を行った結果、投資スタイルによってメイン口座にする証券会社が違うとのデータが取れました。
 
SBI証券』はどのスタイルからもまんべん無く支持されていますが、『GMOクリック証券』・『松井証券』はデイトレ〜短期トレーダーのユーザが50%近く占めています。GMOクリック証券は手数料の安さやスマホツールの使いやすさ、松井証券はデイトレ向けの「一日信用取引」などのサービスが短期売買が中心のユーザーから支持を受ける理由なのかなと思います。一方で『楽天証券』『マネックス証券』『カブドットコム証券』は中期〜超長期の投資スタイルのユーザーがメイン口座にしているようです。

Q6.年齢によって利用するネット証券会社は違うの?

年齢別利用証券会社表 松井証券 楽天証券 マネックス証券 カブドットコム証券 SBI証券 GMOクリック証券

「スタイルも大事ですがトレンドも大事」と言う事で回答者の年齢別メイン証券も出してみました。『GMOクリック証券』は回答者全員が「20代」と若手層から絶大な支持を受けていることがわかりました。手数料やスマホツールなどを重視していることが若い投資家にウケた原因だと推察出来ます。『SBI証券』『楽天証券』『カブドットコム証券』は各世代から万遍なく支持されています。『マネックス証券』・『松井証券』は40代以上の経験豊富な投資家のメイン口座になっているようですね。

Q7.人気の組み合わせって?

第1位 SBI証券 × 楽天証券 × マネックス証券
第2位 SBI証券 × 楽天証券 × カブドットコム証券
第3位 SBI証券 × 野村証券 × マネックス証券
第4位 楽天証券 × 野村証券 × マネックス証券
第5位 松井証券 × 楽天証券 × マネックス証券

3口座以上お持ちの方の人気組み合わせは前回と同じく『SBI証券』『楽天証券』『マネックス証券』でした。  上位2位の『SBI証券』『楽天証券』が組み合わせのいずれかに入ると言う、わかりやすい結果になっています。当サイトの総合ランキングでも1位・2位を争う2社、さすがの一言です!これから株式を始める方は何は無くとも「まずはとりあえずこの2社の口座は開けておく」と言うスタンスで良いのでは無いでしょうか。証券口座開設はぜひ当サイトで!!

あなたにおすすめのネット証券会社を探す

初心者の方におすすめのネット証券は?

今すぐ口座開設

当サイトで調査を開始から不動の人気No.1証券会社であるSBI証券

人気があるということは説明不要で投資家に支持されているということです。
どこの証券会社にしようか迷ったらまずはSBI証券の口座開設することをおすすめします。初心者には充分な情報と取引画面やスマホツールを無料で利用することができます。

中級者以上の方におすすめの組み合わせは?

中級者以上におすすめの証券会社としても、基本のSBI証券は外せません。多くの投資家が口座を持っているということはそれだけ信頼のおける証券会社ということ。中級者になっても初心忘れるべからずということで、基本的なところは抑えておきましょう。

加えて2口座目としておすすめなのは、楽天証券。なんといっても取引回数が多くなってきた場合には、マーケットスピード(楽天証券の取引ツール)が使いやすい。他にも総合的にランキング上位で1口座目としてもおすすめできるくらいです。

今すぐ口座開設

plus

今すぐ口座開設

さらに口座開設するなら、おすすめの組み合わせは?

2口座だけでは足りないあなたには、3口座目としてカブドットコム証券をおすすめします。信用取引の手数料も安く、銘柄数も豊富。また、チャートの種類が豊富なので、SBI証券楽天証券ではできなかったチャート分析や比較をすることで、さらなる投資術を得ることができるようになります。

今すぐ口座開設

plus

今すぐ口座開設

plus

今すぐ口座開設

よくある質問(ネット証券総合ランキング編)

株式投資、証券会社に関する初心者のよくある疑問や質問をまとめました。迷ってしまったらぜひ一度確認してみてください。
  • 総合証券会社とネット証券会社の違いとはなんですか?
  • 大きな差は実店舗があり営業マンがいるかいないかということになります。総合証券会社では個別に証券マンが相談にのってくれる点がメリットです。一方、ネット証券会社のメリットは「手数料の安さ」や「株式売買の手軽さ」などがあり、大きな人気になっています。
  • ネット証券口座には管理費や開設手数料のような費用は掛かりますか?
  • 基本的には、どこのネット証券会社でも口座開設費用や管理料はかかりません。そればかりか、証券口座にお金を預けていますと、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)と呼ばれる基金が、極めて安全性の高い債券で運用してくれるので、銀行口座よりも高い金利をもらうことができます。
  • 初心者にも使いやすいネット証券会社はどこですか?
  • 口座開設数No1のSBI証券が初心者にオススメです。万人が使えるWebサイト・ツールを準備しており、初心者向けの情報コンテンツ「投資を学ぼうシリーズ」も充実しています。

    初心者におすすめの証券会社とは?> ネット証券比較総合ランキング

  • ネット証券会社で一番人気のある会社はどこですか?
  • 口座開設数・売買の取引量ともに一番多いSBI証券はやはり人気のようですが、楽天証券も口座数を伸ばしています。本サイト、みんかぶネット証券比較では人気の証券会社をランキングしています。是非チェックしてみてください。

    人気のネット証券は?> 人気比較ランキング

充実のコンテンツ

※本調査については、2016年8月5日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。

【個人投資家の皆様からのアンケートについて】
多くの個人投資家の皆様からの声を反映させて頂きたいと考えております。もしよろしければコチラよりアンケートのご協力、何卒よろしくお願い致します。

top