著者:MINKABU PRESS  2020年11月20日更新

SMBC日興証券の評価・おすすめポイント

IPO取扱い銘柄数業界トップ水準

口座数280万超を誇り、総合証券として歴史のある証券会社。長年の信頼と実績が評判を呼んでいます。証券会社のなかでも常にIPOの取扱い銘柄数がトップ水準。主幹事証券を務めることも多く、店頭・ネットの両方での取り扱いがあります。

信用取引手数料0円

信用取引の委託手数料は約定代金・建玉残高にかかわらず無料。信用取引手数料が無料なのは数多くの証券会社のなかでもSMBC日興証券だけです。

アナリストレポート充実の投資情報

日々の決算発表や目標株価、企業・セクター情報にテクニカル分析など多彩な種類の情報を日々配信。企業レポートだけでも1日10本程度リリースされます!ミクロからマクロ分析まで、SMBC日興証券ひとつあれば十分に知ることができます。

SMBC日興証券の取引手数料(国内現物)

約定代金 10万円 30万円 50万円 100万円 300万円
手数料 137円 275円 440円 880円 2,200円

手数料の表記は税込です。

日本初!AI株価見守りサービスで投資タイミングを徹底サポート

SMBC日興証券のAI株価見積りサービス

画像:SMBC日興証券公式ページより

SMBC日興証券では、日本初のAI活用型の投資タイミングサポートサービス「AI株価見守りサービス」を提供しています!
この「AI株価見守りサービス」は、あらかじめSMBC日興証券が設定した投資戦略に基づきAIが株価の売却タイミング等を教えてくれるというものです。
普段は仕事で株価をあまり気にしていられない、売却タイミングを逃してしまう…といった悩みを抱えている方にはかなり有効なサービスと言えるのではないでしょうか。
また投資戦略も大手総合証券のSMBC日興証券が手がけているものなので信頼感もありますね。
また、このAI株価見守りサービスでは、購入検討をしている銘柄の買いシグナルも表示してくれるので投資初心者の方も満足できる機能性です。

信用取引にもバッチリ対応!

SMBC日興証券の強みの1つとして「信用取引」があります。SMBC日興証券の信用取引は手数料が約定代金・回数に関わらず0円になることに加え、買方金利も業界最安水準となっています。
また、信用取引の一般信用売り建ての取扱銘柄は約2,000銘柄となっており、総合証券であるSMBC日興証券の調達力の強さが見受けられます!
株主優待狙いのクロス取引を頻繁にする、またはするつもりだという方は持っていてそんはない証券口座だといえますね!

記事から株が買えるユニークなサービス「日興フロッギー」

記事から株が買える日興フロッギー

画像:SMBC日興証券公式ページより

このサービスはSMBC日興証券が運営している「日興フロッギー」で記事から株が買えるという非常にユニークなものとなっています。
日興フロッギーには投資に関連するコラムや記事が多く掲載されており、普段の投資情報収集にも使う事ができます。
続いて、日興フロッギーの最大の特徴である記事から株が買える点について説明したいと思います!
日興フロッギーの記事内では以下のように、記事に関連する銘柄を購入できるフォームが表示されており、なんとそこから株を買う事ができるんです。
記事を読んでいて、「この銘柄いいな」と思った時、すぐにその銘柄を買うことができるのはめちゃくちゃ便利ですね!

「日興フロッギー+ docomo」
「日興フロッギー」はdポイント100ポイントから、約3,700銘柄の株・ETF・REITが買えます。

業界トップレベルのIPO(新規公開株)取扱い数

SMBC日興証券はIPOに有利な証券会社として有名です。 また、2017年の取扱いIPOでは主幹事を15回、副幹事を22回務めるなど存在感を放っています。
証券会社 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
SMBC日興証券 74社 72社 80社 60社 34社
SBI証券 85社 76社 82社 65社 44社
楽天証券 4社 8社 10社 2社 2社
auカブコム証券 24社 20社 18社 19社 16社
マネックス証券 46社 46社 52社 39社 34社
松井証券 13社 11社 16社 5社 2社
SMBC日興証券は総合証券ですので、店舗へのIPO配分が90%、ネット配分が10%となっていますので、店舗で申し込みを行った方が良いかもしれません。 ダイレクトコースの抽選方法は『100%平等抽選』なので、誰にでも当選のチャンスはあります。(申し込みは1人につき1票)また、ダイレクトコースには優待特典があり、IPOに当選しなかった場合「ステージ別抽選」のチャンスがあります。ステージが上がるほど当選確率もアップします。

企業・業界・テーマ・テクニカル分析などのレポート多数!充実の投資情報

大手証券会社だけあって、情報レポートは膨大な種類と量を誇ります。

国内市況・株式レポート

  • Opening Bell(デイリーレポート)
  • 週間株式アウトルック
  • 企業レポート
  • 業界レポート
  • テーマレポート(業界)
  • その他テクニカル
  • 正鵠
  • テーマレポート(ストラテジー)
  • その他ストラテジー
  • クオンツ
  • 四季報最新銘柄レポート

国内外 動画レポート

  • 株式投資戦略(月次)
  • Marketアウトルック(随時)
  • アナリストからのKey Call(随時)
  • ファンドストラット社米国株式投資戦略(随時)
日々リリースされる「Opening Bell」は、多い日には30ページほどのレポートに投資評価・目標株価変更情報から業績予想修正、決算/業績フラッシュ、企業アップデートとして対象銘柄の分析、投資評価・目標株価を掲載しています。
業界に関する情報も日々どこかの業界が更新されています。「Spot Report」では海外情勢や為替、商品などのマクロ分析から注目銘柄を紹介しています。月1の「日興ストラテジー・セレクション」の選定銘柄は要注目です!

豊富な投資情報と注文機能を一体化したトレーディングツール、パワートレーダー

パワートレーダー:SMBC日興証券トレーディングツール

SMBC日興証券のパワートレーダー

利用料金:月額3,300円(税込)
初回申し込みは無料、一定の※取引実績があれば無料

※当月の国内株式(現物/信用取引)の取引が合計5回以上で、翌月は無料で利用可能

ワンクリックで注文画面へ、スピーディーな取引を実現!
各情報画面をチェックしながら、右クリックでそのまま注文画面へ。パワートレーダー内で、現物株式、信用取引の注文を、スピーディに行うことができます。注文画面には、自動更新の株価や気配情報が表示されるので、状況を確認しながら即座に注文でき、取引タイミングを逃しません。
多くの監視銘柄も一目瞭然のマーケット情報
注目銘柄を最大2,000件登録でき、リアルタイムの自動更新で点滅表示されるので、値上がり、値下がりが瞬時にわかる。日経平均など指数を登録して、値動きを比較することもできる。
カスタマイズ性のある豊富なチャート機能
多数のテクニカル分析はもちろんニュースやマーケットビュー、ランキングなども充実。各情報画面を自由に組み合わせて、使いやすいレイアウトを作成することができます。豊富なサンプルパターンから好みのものを選択したり、オリジナルのレイアウトを一から作成することもできます。

口座開設の準備

SMBC日興証券のダイレクトコース(ネットトレード)の口座開設申込みの場合でも、オンラインで申込みを行い、本人確認書類の提出などをウェブまたは郵送で行います。 口座開設には以下のものが必要となります。
  • 総合取引申込書
  • 番号確認書類・ご本人確認書類
  • 反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意
SMBC日興証券のダイレクトコースの利用には下記の登録や契約が必要となります。
※SMBC日興証券のダイレクトコースの利用には下記の登録や契約が必要となります。
・証券総合口座
・外国証券取引口座
・日興イージートレード
・振込先指定預貯金口座
・Eメールアドレス
・電子交付サービス(対象書面全て)

口座開設の流れ

  1. STEP1. 口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込みを行ないます。 なお申込時にはメールアドレスが必要ですのでお持ちでない方はご準備ください。
  2. STEP2. 本人確認書類の提出(アップロード,郵送)
  3. STEP3. 簡易書類の郵送「口座番号」、「仮パスワード」を受け取り

Web上での口座申込はこちら!
※申込は5分程度で終了します

SMBC日興証券の口コミ・評判

口コミ総合評価

4.0

口コミ件数:1

SMBC日興証券に関するみんなの口コミを集めました。中には厳しい意見もありますが、評価や応援コメントも多数あります。両方の評価されている点をチェックすることをオススメします。

SMBC日興証券に対する口コミについて
  • 投稿日:2019/12/23

    4

    長年使っていますが注文入力のし易さ 情報の豊富さ 個人情報の安全性といい文句が着けれません。株の何かがわかってない中 まだまだこのシステムが十分使えていない。頻繁におかねをだしおろしするふべんさもなてっrばいいんでないのとおもいます

口コミをもっと読む

SMBC日興証券の口コミを募集しています。
ぜひあなたの評価・ご意見をお聞かせください。

※口コミ内容は投稿者の主観的な感想や評価です。また手数料や金利、キャンペーン、サービス内容については投稿日時点の情報の可能性高いため、公式ページにて最新の情報をご確認ください。本ページには主に株式をお取引する口座への口コミを掲載しています。

SMBC日興証券の新着情報・ニュースリリース

SMBC日興証券のニュース
日付 内容
1970-01-01

「2020~2021年度の日本経済見通し」を発表

1970-01-01

米国Jefferies Group LLCとのアナリストレポート提供に係る業務提携契約を締結

1970-01-01

イオンリート投資法人のサステナビリティボンド引受けのお知らせ

1970-01-01

森ヒルズリート投資法人のグリーンボンド引受けのお知らせ

1970-01-01

日興フロッギー、日本最大級の広告賞ACC TOKYO CREATIVITY  AWARDSで「総務大臣賞/ACCグランプリ」を含む4つの受賞  ~グランプリおよび複数受賞は投資サービスで初~

1970-01-01

2021年3月期第2四半期 決算資料を掲載しました

1970-01-01

神奈川県のグリーンボンド引受けのお知らせ

1970-01-01

阪急阪神リート投資法人のグリーンボンド引受けのお知らせ

1970-01-01

「東京グリーンボンド(30年)第4回」引受けのお知らせ

1970-01-01

韓国KB証券と業務提携契約を更新

引用元:SMBC日興証券公式ニュースリリース

SMBC日興証券やネット証券に関するよくある質問(Q&A)

「SMBC日興証券」に関するよくある質問や疑問について、初心者にもわかりやすく回答します。
  • Q複数のネット証券会社で口座開設しても大丈夫ですか?
  • A全く問題ありません。個人投資家にアンケートを実施したところ, 回答者の平均口座数は約3口座と言う結果になりました。用途に合わせて複数口座を持つというのは個人投資家では一般的と言えます。
  • Q誰でも口座開設することができますか?
  • A証券会社ごとに口座開設の基準に違いはありますが, 通常の証券口座の場合ですと満20歳以上であることが前提になると思います。ただ証券会社によっては20歳以下でも開設が可能な未成年口座も準備しています。
  • Q口座開設に必要なものは何ですか?
  • A口座開設には「マイナンバーを確認するための書類」「本人名義の銀行口座」「運転免許証など本人確認書類」が必要です。また, 書類での申請が必須のネット証券会社では別に印鑑が必要になります。

    口座開設で迷ったらこちら> 口座開設の方法

  • QSMBC日興証券の口座開設や口座維持にかかる費用は?
  • A口座開設料・口座管理料は無料です。
  • QSMBC日興証券でNISA口座は開設できますか?
  • A可能です。
  • QSMBC日興証券でつみたてNISAはできますか?
  • ASMBC日興証券ではつみたてNISAはできません。
  • Qdポイントで投資ができる証券会社は?
  • Adポイントが利用できる証券会社はでSMBC日興証券の提供する「日興フロッギー」です。ポイント運用型ですがNTTdocomoもdポイント投資ができます。(2020年3月時点)
    日興フロッギーについては日興フロッギーとはをご覧ください。

関連コンテンツ

【掲載情報について】

当サイトに掲載されている評価やランキングは、各証券会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

【ランキング根拠について】

各ランキングページに評価項目、配点を掲載しています。 総合ランキングについては 手数料比較取引ツール比較取扱商品比較情報配信比較チャート比較銘柄検索比較スマホアプリ比較NISA比較信用取引比較 の評価をもとにランキングを作成しています。

【当サイトについて】

当サイトはネット証券に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。