口座開設の方法

ネット証券会社の口座開設の方法

口座開設の方法
口座開設の時に知っておきたいポイントとは?
お目当てのネット証券会社はみつかりましたか?いよいよ口座開設してみましょう!ここでは口座開設に用意が必要なものと、各証券会社で口座開設するときに知っておきたいポイントをご説明します。初心者が口座開設の際によくある質問もまとめましたので、もし迷ってしまったら確認してみてください。
どの証券会社にするかまだ決めていない人はネット証券比較総合ランキングを参考にしてみてください。
まずはネット証券会社の口座開設に必要なものを用意しましょう。ほとんどのネット証券会社の口座開設では「ご自身のメールアドレス」「出金用の金融機関口座番号」「本人確認書類・印鑑」が必要です。 お手元にご準備の上、口座開設の手続きへ進みましょう。
  • メールアドレス ご自身のメールアドレス
    フリーのメールアドレスでも問題ありません。お持ちでない方は準備をしておきましょう。
  • 金融機関口座番号 出金用の金融機関口座番号
    銀行や郵便局の預金口座です。必ず本人名義である必要があります。
  • 本人確認書類・印鑑 本人確認書類・印鑑
    運転免許証・住民票・各種健康保険証などです。印鑑はシャチハタ不可です。

※証券会社によってはこれ以外に必要なものがある可能性がありますので、証券会社の公式ページで確認をお願いいたします。

さあ、実際にネット証券会社の公式ページで開設してみましょう。各ネット証券社の手続きの大まかな流れと、知っておきたいポイントをご説明します。口座開設を希望する証券会社のタブを押して、事前にチェックしてみてください。

開設数・人気ともNo.1のネット証券

文句なしの人気No1のネット証券です。取扱商品・取引ツール・サービスとも高品質で年代・性別を問わず人気。

豊富な商品ラインナップ

国内4取引所の上場銘柄はもちろん信用取引・貸株サービス・NISAに外国株とどんな方でも満足できる商品ラインナップ!

証券業界随一のマーケット情報

リアルタイム株価、チャート、株主優待検索、四季報情報など豊富な投資情報が無料で簡単にチェックできます!

SBI証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込を行ないます。
    なお申込時にはメールアドレスが必要ですのでお持ちでない方はご準備ください。
  • STEP2.
    マイナンバー・本人確認書類の提出
    STEP1.の完了後、マイナンバー・本人確認書類の送付を行ないます。送付方法は「アップロード」「メール」「郵送」の3種類から選択します。
  • STEP3.
    初期登録情報の入力
    STEP2.が完了すると仮ID・PASSが発行されてホームページよりログインできるようになりますので、そこで初期情報を入力してください。
  • STEP4.
    必要書類の受け取り
    STEP3.の完了後、1~2日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が送られてきます。 大切に保管ください。

口座開設のポイント

① SBI証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。口座開設のお申し込みに必要な情報を入力画面へ移動します。
SBI証券トップページ
② 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。入力内容でわからないことがあれば左上の「口座開設の流れ」のリンクを押してください。詳しい口座開設の説明画面へ移動します。
 「特定口座」の申し込みがおすすめ!
 特定口座で開設すると確定申告が不要です。初心者や忙しい方にオススメです。
SBI証券入力画面
↓
さあ、SBI証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法はSBI証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

投資情報はネット証券No.1

多くの個人投資家に絶大な支持を得ている取引ツールをはじめ、取扱商品や投資情報なども幅広く無料提供。

楽天会員の方は30秒で申込完了!

楽天の会員アカウントをお持ちの方は、なんと30秒で証券口座開設のお申し込みが完了できます。

1,000円から始める投信「ミニ積立」

ネット証券で初のサービス投信「ミニ積立」は1,000円から投資が可能。

楽天証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込を行ないます。 なお申込時にはメールアドレスが必要ですのでお持ちでない方はご準備ください。
  • STEP2.
    初期登録情報の入力
    STEP1.の完了後、初期設定画面に移りますので勤務先情報や出金金融機関(銀行など)の情報入力、本人確認書類のアップロードを行って下さい。
  • STEP3.
    必要書類の受け取り
    STEP2.の完了後、数日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が送られてきます。 大切に保管ください。
  • STEP4.
    マイナンバーの提出
    STEP3.の受取の後、マイナンバーの提出を行います。提出方法は楽天証券のスマホアプリ「iSpeed」で画像認識するかご自分でコピーを取って郵送して下さい。

口座開設のポイント

① 楽天証券のトップページに移動します
楽天会員の方は「楽天会員IDでログイン+口座開設のお申込み」ボタンを押して進んでください。楽天会員でない方は「口座開設のお申込み」ボタンを押して進んでください。
楽天証券トップページ
② 楽天会員の場合は・・・楽天のユーザID・パスワードでログインします
楽天会員の方はユーザID・パスワードを入力すると、楽天に登録されている氏名や住所などの情報が参照されますので入力の手間が省けます。
楽天証券入力画面
② 楽天会員でない場合は・・・入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
 外国為替証拠金取引口座(楽天FX口座)が同時に開設できます
FXもご興味のある方はこちらもあわせて開設すると便利です。
楽天証券入力画面
↓
さあ、楽天証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法は楽天証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

ネット証券の中でも最安クラスの手数料

手数料比較の1位の常連!SBI証券、楽天証券を押さえネット証券業界で最安値水準の手数料を提供。

使いやすいスマホアプリ

通常のPCアプリと比較しても遜色ない機能を装備。不満な箇所無し、安心のアプリでおすすめです。

GMOクリック証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込を行ないます。 なお申込時にはメールアドレスが必要ですのでお持ちでない方はご準備ください。
  • STEP2.
    マイナンバー・本人確認書類の提出
    STEP1.の完了後、マイナンバー・本人確認書類の送付を行ないます。送付方法は「アップロード」「メール」「FAX」「郵送」の4種類から選択します。
  • STEP3.
    必要書類の受け取り
    STEP2.の完了後、数日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が送られてきます。 大切に保管ください。

口座開設のポイント

① GMOクリック証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。口座開設のお申し込みに必要な情報を入力画面へ移動します。
GMOクリック証券トップページ
② 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
 同時にFX取引口座(FXネオ・くりっく365)、CFD取引口座が申込めます
 FXやCFDにご興味のある方は同時の開設が便利です。
GMOクリック証券入力画面
↓
さあ、GMOクリック証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法はGMOクリック証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

株のチャートソフトNo.1

タブレットやMAC環境でも使えるテクニカルチャートソフトを完備!

10万円まで手数料無料

1日の株式約定代金10万円以下は手数料無料なので、まずは少額から株取引をはじめたいという方にも安心です

松井証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設申込の必要情報を記載して申込を行ないます。
  • STEP2.
    必要書類の受け取り
    STEP1.の完了後、2~3日程度で1.で記載した口座開設申込書類が郵送されてきますので署名捺印を行ってください。
  • STEP3.
    本人確認書類・マイナンバーの返送
    STEP2.の口座開設申込書に本人確認書類及びマイナンバーを添えてご返送ください。

口座開設のポイント

① 松井証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。
松井証券トップページ
② 「個人口座開設」をクリックします
個人のお客様であれば「個人口座開設」をクリックしてください。パソコン操作が苦手な方は、この画面の下のほうに「資料請求する」ボタンから資料を取り寄せてお申し込みが可能です。
松井証券口座選択画面
③ 申込み方法を選択します
自分で印刷して郵送するか、松井証券から申込書を郵送してもらうか選びます。
 早く取引開始したいなら…
 プリンターをお持ちの方は、郵送してもらうより早く口座開設ができるので「自分で印刷して郵送する」がおすすめです。
松井証券入力画面
④ 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
松井証券入力画面
↓
さあ、松井証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法は松井証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

信用取引がオススメ

長期保有ができる一般信用売建銘柄数はネット証券No1。カブコムの信用取引で投資スタイルが変わるかも!?

プチ株+ワンコイン積立で500円から始める株式投資

人気銘柄を1株積立可能なプチ株・ワンコイン積立で少額でも株式投資が可能です!

会社の信頼性と自社開発の取引システム

三菱UFJフィナンシャル・グループという信頼性に加え、自社開発での取引システムに強みあり。

カブドットコム証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込を行ないます。 なお申込時にはメールアドレスが必要ですのでお持ちでない方はご準備ください。
  • STEP2.
    マイナンバー・本人確認書類の提出
    STEP1.の完了後、マイナンバー・本人確認書類の送付を行ないます。送付方法は「アップロード」「メール」「FAX」「郵送」の4種類から選択します。
  • STEP3.
    必要書類の受け取り
    STEP2.の完了後、数日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が送られてきます。 大切に保管ください。

口座開設のポイント

① カブドットコム証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。口座開設のお申し込みに必要な情報を入力画面へ移動します。
カブドットコム証券トップページ
② 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
 同時にシストレFXの口座開設ができます
 FXにも興味のある方はあわせて口座開設すると便利です。
カブドットコム証券入力画面
↓
さあ、カブドットコム証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法はカブドットコム証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

米国株取り扱い数No.1

海外証券会社の買収により米国株取扱数は圧倒的!FacebookやAppleなど米国株を買いたい方におすすめ。

公平なIPO抽せんルールで個人投資家に人気

マネックス証券では過去の取引実績に関わらずどなたでも公平に当選できる仕組みになっています。IPO当選を目指している方はマネックス証券の口座も開設してみてはいかがでしょうか?

マネックス証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込を行ないます。ここではメールアドレス、普通預金の銀行口座などが必要です。
  • STEP2.
    必要書類の受け取り
    STEP1.の完了後、5日程度でSTEP1.で記載した口座開設申込書類が郵送されてきますので署名捺印を行ってください。
  • STEP3.
    印鑑届出書・本人確認書類・マイナンバーの返送
    STEP2.の口座開設申込書に本人確認書類及びマイナンバーを添えてご返送ください。

口座開設のポイント

① マネックス証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。口座開設のお申し込みに必要な情報を入力画面へ移動します。
マネックス証券トップページ
② 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
 「特定口座」の申し込みがおすすめ!
特定口座(源泉徴収あり)で開設すると確定申告が不要です。[源泉徴収あり・配当等の受入あり]が初心者の方、確定申告を不要にしたい方にオススメです。
マネックス証券入力画面
↓
さあ、マネックス証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法はマネックス証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

ネット証券手数料No.1

1回単位の取引手数料で驚異的な安さ。現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円。

ユーザの声を反映して進化する取引ツール

ユーザからの声を取引ツールはじめサービスに反映させてくれる個人投資家に嬉しいネット証券です。

ライブスター証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で口座開設に必要な情報を入力し申込を行ないます。 なお申込時にはメールアドレスが必要ですのでお持ちでない方はご準備ください。
  • STEP2.
    マイナンバー・本人確認書類の提出
    STEP1.の完了後、マイナンバー・本人確認書類の送付を行ないます。送付方法は「アップロード」「メール」「FAX」「郵送」の4種類から選択します。
  • STEP3.
    必要書類の受け取り
    STEP2.の完了後、数日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設手続完了のご案内」が送られてきます。 大切に保管ください。

口座開設のポイント

① ライブスター証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。口座開設のお申し込みに必要な情報を入力画面へ移動します。
ライブスター証券トップページ
② 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
手数料のプランが選べます
一回の約定代金に応じてかかる手数料プランと、一日の約定代金の総額に応じてかかる手数料プランがあります。ご自分の投資スタイルに合わせて選びましょう。
「特定口座」の申し込みがおすすめ!
 特定口座(源泉徴収あり)で開設すると確定申告が不要です。[特定口座(源泉徴収あり)]が初心者や忙しい方にオススメです。
ライブスター証券入力画面
↓
さあ、ライブスター証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法はライブスター証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

トレードツール機能はネット証券No.1

指標、ランキング、スクリーニング機能が充実。ユーザーを意識したツール開発を絶賛展開中です。

機能面で他社を圧倒する使いやすさ

機能面や情報面で他社を圧倒する使いやすさ。自社アナリストの個別銘柄レーティングがてんこ盛り。他社のツールで満足できない人は内容超充実の「岡三ネットトレーダー プレミアム」をお試し下さい!

岡三オンライン証券 口座開設の流れ

  • STEP1.
    口座開設の申込み
    Web上で基本情報を入力してその後、メール送付されてくる口座開設申込フォームに必要事項を入力してください。ここではメールアドレス、普通預金の銀行口座などが必要です。
  • STEP2.
    必要書類の受け取り
    STEP1.の完了後、2~3日程度でSTEP1.で記載した口座開設申込書類が郵送されてきますので署名捺印を行ってください。
  • STEP3.
    印鑑届出書・本人確認書類・マイナンバーの返送
    STEP2.の口座開設申込書に本人確認書類及びマイナンバーを添えてご返送ください。

口座開設のポイント

① 岡三オンライン証券のトップページに移動します
トップページ内の「口座開設」ボタンを押してください。
岡三オンライン証券トップページ
② 「口座開設申し込みフォーム」ボタンをクリックします
口座開設のお申し込みに必要な情報を入力画面へ移動します。
 総合証券取引口座のほかに下記の口座も同時に申し込み可能です
「口座開設申し込みフォーム」ボタン下のチェックボックスにチェックを入れてから、「口座開設申し込みフォーム」ボタンをクリックしてください。
・信用取引口座
・先物・オプション取引口座
・岡三オンライン株365(取引所CFD)口座
・岡三オンラインFX(くりっく365)口座
・岡三アクティブFX(店頭FX)口座
岡三オンライン証券口座選択画面
③ 入力画面で必要項目を入力します
入力画面に移動しますので、必要な項目を入力してください。
岡三オンライン証券入力画面
↓
さあ、岡三オンライン証券の公式ページで口座開設してみましょう

▶詳しい開設方法は岡三オンライン証券公式HPの「口座開設の手順」をご覧ください

よくある質問(口座開設の手順編)

口座開設に関する初心者のよくある疑問や質問をまとめました。迷ってしまったらぜひ一度確認してみてください。
  • Q総合証券会社とネット証券会社の違いとはなんですか?
  • A大きな差は実店舗があり営業マンがいるかいないかということになります。総合証券会社では個別に証券マンが相談にのってくれる点がメリットです。一方、ネット証券会社のメリットは「手数料の安さ」や「株式売買の手軽さ」などがあり、大きな人気になっています。
  • Qネット証券口座には管理費や開設手数料のような費用は掛かりますか?
  • A基本的には、どこのネット証券会社でも口座開設費用や管理料はかかりません。そればかりか、証券口座にお金を預けていますと、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)と呼ばれる基金が、極めて安全性の高い債券で運用してくれるので、銀行口座よりも高い金利をもらうことができます。
  • Q手数料は証券会社ごと、売買代金ごとに違いはあるのでしょうか。
  • A手数料は、証券会社ごと、売買代金ごと、定額手数料コースなど様々な違いがあります。手数料はどこのネット証券会社も安いですが、主にSBI証券ライブスター証券GMOクリック証券の手数料が安くなっています。

    最新の手数料比較はこちら> 手数料比較ランキング

  • Q国内株式以外も投資したいのですが、一つの証券口座で購入できますか?
  • A投資信託は証券口座でも売買ができますが、FXや外国株など他の金融商品ではそれぞれ別の口座を開設する必要があります。ただし、多くのネット証券では証券口座(総合口座)を開設済みであれば他の口座の申込はWebで完結するケースがほとんどです。
  • Q注目されている銘柄や値上がりしそうな銘柄は調べられますか?
  • A調べる方法はいくつかあります。証券会社からの銘柄ニュースや適時開示などから予想するのも一つの方法です。また、テレビニュースや新聞・インターネットなどで取り上げられている情報から注目の企業(銘柄)を調べる方法もあります。
  • Q初心者にも使いやすいネット証券会社はどこですか?
  • A口座開設数No1のSBI証券が初心者にオススメです。万人が使えるWebサイト・ツールを準備しており、初心者向けの情報コンテンツ「投資を学ぼうシリーズ」も充実しています。

    初心者におすすめの証券会社とは?> ネット証券比較総合ランキング

  • Q未成年でも口座開設はできますか?
  • Aできます。未成年口座というものがあり、20歳未満で未婚の方が対象の口座です。15歳未満の場合は、親権者が取引主体となり、未成年者に代わって財産を管理することを目的として、口座開設と取引をすることができます。
  • Q特定口座と一般口座の違いは何ですか?
  • A株式取引には利益の20%に税金がかかりますが、 特定口座では利益の20%を差し引くこと(源泉徴収)を証券会社が行ってくれます。一方、一般口座は自身で確定申告を行う必要があります。投資初心者や手続きが面倒だという方には特定口座がおすすめです。
  • Q株式分割とはなんですか?
  • A株を買い易くなるように、企業が株数を増やし株価を下げることです。株を保有している投資家は株価は下がりますが、持っている株数が増えることから、資産が減ることはありません。逆に株価が下がることで新規投資を促すことが多く、株式分割は一般的にはポジティブ要因と言われています。
  • Q株の自動売買のできる証券会社はどこですか?
  • A多少の知識が必要になりますが、岡三オンライン証券の「岡三RSS」を活用することで自動売買が可能です。また正確には自動売買に当たりませんがマネックス証券の「連続注文」では「保有中のA銘柄が◯◯円で売れたら、B銘柄を▲▲円で買う」など複数注文を組み合わせた売買を組み立てることができます。
  • Q株主優待はどこの証券会社で株を買っても同じですか?
  • A株主優待は上場会社が投資家へ向けて行うサービスですので証券会社での違いはありません。ただし、株式を保有しても貸し株をしていると優待は貰えなくなりますので要注意です。貸株金利も貰いたいし、優待も貰いたいという方にはマネックス証券の「株主優待・配当金自動取得サービス」を活用すると面倒な手続きなく、貸株中でも株主優待を受け取ることができます。
  • Qネット証券会社で一番人気のある会社はどこですか?
  • A口座開設数・売買の取引量ともに一番多いSBI証券はやはり人気のようですが、楽天証券も口座数を伸ばしています。本サイト、みんかぶネット証券比較では人気の証券会社をランキングしています。是非チェックしてみてください。

    人気のネット証券は?> 人気比較ランキング

  • Q複数のネット証券会社で口座開設しても大丈夫ですか?
  • A全く問題ありません。個人投資家にアンケートを実施したところ、回答者の平均口座数は約3口座と言う結果になりました。用途に合わせて複数口座を持つというのは個人投資家では一般的と言えます。
  • Q誰でも口座開設することができますか?
  • A証券会社ごとに口座開設の基準に違いはありますが、通常の証券口座の場合ですと満20歳以上であることが前提になると思います。ただ証券会社によっては20歳以下でも開設が可能な未成年口座も準備しています。
  • Q口座開設に必要なものは何ですか?
  • A口座開設には「本人名義の銀行口座」「運転免許証など本人確認書類」はどの証券会社でも必要です。また、書類での申請が必須のネット証券会社では別に印鑑が必要になります。

    口座開設で迷ったらこちら> 口座開設の方法

  • Q「本人確認書類」は何を用意すればいいですか?
  • Aネット証券会社によって違いはありますが、運転免許証や健康保険証のコピー、住民票、印鑑登録書などが本人確認書類として取り扱われます。口座開設される方は事前に準備しておきましょう。

カテゴリ別からネット証券を探す

【個人投資家の皆様からのアンケートについて】
多くの個人投資家の皆様からの声を反映させて頂きたいと考えております。もしよろしければコチラよりアンケートのご協力、何卒よろしくお願い致します。


ページTOPへ