株式投資はいくらから始められるの?

株式投資はいくらから始められるの?

(注:2015/2/24に公開された記事を再編集したものです。)
ひとこと解説

株式投資に必要な金額はいくらから?

 株式投資を始めるのに必要な金額は購入する銘柄の株価によって異なります。 株価が安い銘柄は1万円程度で購入できますが、高いものだと数十万円、数百万円必要な銘柄もあります。
計算方法は[株価]×[単元株数(100株)]+[証券会社の手数料]です。

例えば、クックパッド(2193)の場合、株価は320円の時であれば約3万2千円程度あれば購入できます。

株式購入の際の必要金額(株価が320円の銘柄を100株購入した時の算出例)

現在株価
320円

証券会社のHP等で確認

×

購入株数
100株

購入単位は100株

取引手数料
54円

例としてSBI証券の手数料で計算

 はじめて株式投資を行うのは誰しも緊張するものです。 そこで、クックパッドのように数百円台の株から投資を始めるのが株式の取引の練習にもなりますし、倒産リスクも比較的低いため株式投資のきっかけとしては入りやすいと言われています。

株価が安すぎる銘柄について

株式銘柄の中には数十円の株価の銘柄もあります。
株価が低いのが一概に悪いとはいえませんが、あまりに株価が低すぎる銘柄は業績悪化や倒産のリスクがある銘柄の可能性があります。これまでの業績や現在の財務内容、今後の見通しを確認してから投資の判断しましょう。

 次に、ソフトバンクグループ(9984)を例に説明します。楽天は、株価10000円で購入した場合、単元株数100株をかけた100万円(+証券会社手数料)となります。
必要金額はクックパッドと比較するとずいぶん変わりましたね。
このように銘柄によって、必要な購入代金は数万円で購入できるものから100万円を超えるものまで数多くあるので、購入するときはご自身の投資額と相談して取引をしてください。

数百円からでも始められる「ミニ株」

通常の株式投資は100株単位でしか購入できませんが、証券会社によっては100株未満で株の購入ができます。
証券会社によっては数百円から株式投資ができることになります。
ミニ株についてはこちらの記事をチェックしてみてください。

ミニ株とは
関連キーワード
手数料
単元株数
購入金額
取引手数料

関連記事

株式投資をはじめる前に

株式投資をはじめる前にまず知っておいてほしいことをコラムにまとめました。
「そもそも株とは?」「株式投資って儲かるけどリスクがあるのでは?」等、初心者の知りたい話題を集めました。株式投資をイチから学ぶ方は、まずはこちらをお読みください。

初心者におすすめネット証券特集

株式投資を始めるにはまず取引を行う証券口座を開設する必要があります。 初心者としては証券会社の選び方も悩むところですが、投資予定金額や投資商品をベースに選ぶと良いでしょう。 特にネット証券は手数料が安く人気です。初心者におすすめのネット証券をご紹介します。

  • SBI証券
    人気度
    • ネット証券人気NO.1
    • 取扱商品が多い
    • NISA口座もおすすめ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 0円 308円
  • 松井証券
    スマホアプリ
    • 取引額10万以下手数料0円
    • スマホ取引に便利なアプリ
    • デイトレ向きプランあり
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位
    一日定額 0円 324円
  • カブドットコム証券
    安心サポート
    • 安心の三菱UFJグループ
    • シニア割引や女子割が好評
    • 投資信託の安さはピカイチ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 --- ---
手数料はいずれも税込、国内株の現物取引の場合の手数料です。2019年4月12日時点の情報です。