株主優待がお得になる証券会社は?

ひとこと解説
詳しく解説

株主優待とは、権利確定日(決算日)にその企業の株を一定数以上保有している株主に対しての優待制度のことです。自社の製品やデパートの商品券など企業にとって様々ですが、中には利回り10%を超える商品などが贈られるところもあります。

銀行預金をしても金利はほぼ0ですが、株主優待であればかなりの優待利回りを期待できます。

株主優待がお得になる証券会社というのは基本的にはありませんが、現金やポイントのプレゼントキャンペーンを利用する方法はあります。口座開設をして、一定条件を満たすことでAmazonギフト券や、楽天スーパーポイントを貰うことができます。期間限定の場合もありますのでよく確認してください。

GMOインターネット(9449)では、同じグループのGMOクリック証券での売買手数料がキャッシュバックされる優待もあるようです。また、2,000円相当のギフト割引券や配当金もあるようなのでかなりお得です。

また、カブドットコム証券の株を保有していると、保有株数や期間により、現物手数取引の手数料が最大で15%割引となります。

株主優待がお得に貰える方法もあります。例えば家電量販店のノジマ(7419)は、100株以上を保有している株主に対し自社で利用できる10%(1,000円限度)の割引券を10枚(10,000円相当)貰えます。これが500株以上で25枚、2,000株以上で50枚となっています。

証券会社によって株主優待自体がお得になるサービスはありませんが、もし貸株をしていた場合には「自動優待受取サービス」などが便利です。自動優待受取サービスとは、貸株をしている個別銘柄を優待権利確定日のみ解除して優待を受け取れるサービスのことです。

なお、自動優待受取サービスは「SBI証券」「マネックス証券」「カブコム証券」などで利用することができます。

【備考】本ページに掲載されている株主優待情報は過去実績となります。最新の株主優待情報に関しましては以下のページよりご確認をお願いします。

関連キーワード
証券会社
株主優待

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング