株式ニュースが豊富な証券会社は?

ひとこと解説
詳しく解説
ニュース通知配信イメージ

株式ニュースでは、トムソンロイター、フィスコ、モーニングスター、会社四季報など様々ありますが、SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券など多くのネット証券では無料で利用ができます。

一般的な株式ニュースから海外のニュースまで幅広く網羅されているので、株式投資をするときに参考になります。 ネット証券では口座開設をするだけで、ほとんどすべての株式ニュースを無料で確認することができます。

また、証券会社ごとに所属アナリストがいるネット証券もあり、それぞれが独自の株式ニュース配信をしています。

株式ニュース・アナリストレポートなどの情報は口座開設をすれば基本無料で見ることができます。

ただ、QUICKリサーチネットに関しては、SBI証券楽天証券カブドットコム証券などが提供していますが有料になります。一方、松井証券であれば口座開設しているだけでQUICKリサーチネットが無料で利用できます。

QUICKリサーチでは、企業の業績予想やQUICK企業研究所の予想、また中立的なアナリストによるレポートを閲覧することができます。

通常は有料情報ですが、無料で使えるのは松井証券ならではの特典です。 取引がメインでなくても投資の判断材料としてかなり役立つはずです。
個人の一般投資家は大手の総合証券で担当者を付けてもらうことはなかなか難しく、アナリストのレポートなども読む機会も少ないはずです。

その他、ネット証券の契約ニュース先やレポートなど情報については↓をご覧ください。

ネット証券 情報コンテンツ比較一覧表
関連キーワード
株式ニュース
ネット証券

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング