証券会社の収入ってどんなもの?

ひとこと解説
  • 証券会社の大きな収入は手数料です
  • 資産管理の管理手数料も増えています
詳しく解説
証券会社営業利益内訳

証券会社の収入として主要なものは、株式売買の取次トレーディング業務の手数料になります。株を売買する時の手数料は、ネット証券が増えてきたこともあり、株式売買の取次手数料は安くなっていますが、SBI証券楽天証券などのネット証券は信用取引の金利や貸株料などで収入を増やしているようです。

総合証券の大手証券会社は、新規発行の株や債券の引受や売出する際の手数料収入もあります。アンダーライティング業務でのIPOの手数料も大きな収入となります。また、アンダーライティング業務と似ているセリング業務での手数料もあります。

他にも自社のために株式売買をするディーラー業務での収入もあります。資金が豊富な証券会社が取引に参加することで、株の売買が活発になり一般投資家にもメリットがあると言われます。ただ、その一方で証券会社が自社売買の割合を増やすことで経営が不安定になったり、一般投資家との利害の衝突も起こったりする可能性があることから、保有できる証券の限度額が証券会社ごとに決まっています。

また、最近では、大手の総合証券会社などはアセットマネジメント業務(資産管理)に力を入れているようです。

2014年から少額投資非課税制度(NISA)が始まったこともあり、金融庁は顧客の長期的な資産形成に適した商品販売をすすめるなどを証券会社に働きかけています。また大手の大和証券や野村証券では、プロが運用するラップ口座というものがあります。資金を証券会社に預入をし、それをプロが運用しますが管理手数料がかかります。預入資産の2%程度だと言われます。ただし、運用成績が2%以上のプラスであれば問題ないのですが、それ以下であっても管理手数料がかかり元本割れになってしまいます。これだと意味がないので十分注意してください。

証券会社にとっての収入は、一般投資家にとっては費用だということを認識しておくといいでしょう。

関連キーワード
証券会社
手数料

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

口座を準備しよう!おすすめネット証券会社特集

株式投資をするにはまず取引を行う証券会社の口座を開設する必要があります。初心者としては証券会社選びも一苦労ですよね。あなたの投資スタイルや取引額にあわせた証券会社を選ぶことで、手数料がお得になったり、スムーズに取引ができたりと様々なメリットがあるのです。
初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

  • 人気・総合力NO.1!SBI証券
    SBI証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 人気NO1!利用者数も300万口座
    • NISA口座開設数断トツの50万口座を獲得
    • セミナーも充実しており、他社を圧倒する本数、20代女性を意識したセミナーが豊富
    • 株式初心者向けの投資基礎講座などのコンテンツも充実
  • 万全のサポート体制!カブドットコム証券
    カブドットコム証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 三菱UFJグループだからこその安心感とサポート体制
    • 50歳以上を対象とした「シニア割引」や、女性を対象とした「女子割」が好評
    • 手数料無料の投資信託が200本以上、投資信託の安さはピカイチ
  • 手数料で選ぶなら!ライブスター証券
    ライブスター証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 画面がシンプルで、高齢者や初心者でも使いやすい
    • 操作方法が分からなくても、毎月セミナーで株式の売買の仕方を徹底レクチャー
    • 1回単位の取引手数料で>驚異的な安さ現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円