取引には手数料がかかることを知ろう

初心者にもわかる!取引には手数料がかかる~取引でかかる手数料について紹介~
更新日:

国内現物株式の取引手数料の基本」についてこれから投資を始める方にもわかりやすく解説します。
長い投資家人生、まずは最初にこのコストを安く抑えられるようにしましょう。

動画で学ぶならこちら
ひとこと解説

株の売買には手数料がかかる

株の売買をする際には、証券会社に手数料を払わなくてはなりません。投資家は企業から直接株式を購入するのではなく、証券会社を中継して購入します。その中継料として手数料が発生するのです。

その中継役となる証券会社にも様々な種類があります。

  • 証券会社が取引をサポートする総合証券会社(野村證券や大和証券など)
  • インターネットを使って自分で取引するネット型証券会社(SBI証券や楽天証券など)

というように証券会社にも様々な形態があり、それぞれによって費用も異なりますので、支払う手数料も変わってきます。

手数料の安さならネット証券がおすすめ

野村證券や大和証券のような総合証券会社に比べると、SBI証券や楽天証券などのネット証券の手数料は圧倒的に安いです。総合証券会社では投資家ごとにアドバイザーがつき、株式取引をサポートしてくれますが、その分手数料が割高になります。それに引き換え、ネット証券では、自身で株の銘柄を調査・選択し取引をするため、投資家にかかる手数料が抑えられます。

例として、ネット証券大手のSBI証券と、日本証券会社最大手の野村証券との間で手数料を比較すると100万円に相当分の株を購入した場合

例:100万円相当分購入時の買付手数料
野村証券店頭価格
(総合証券会社)
SBI証券スタンダードプラン
(ネット証券)
1万2,188円(税込) 535円(税込)

※2020年12月24時点

という風に、ネット証券の方が断然オトクになっています。 手数料を低く抑えたいという場合にはネット証券が人気です。 ネット証券も特徴や取扱商品が異なりますので、条件に合う証券会社を探してみましょう。

「約定ごと」「定額制」2種類の料金プラン

手数料は、1回の約定ごとの金額で手数料が決まるものと、1日の取引額の合計額で手数料が決まる1日定額制があります。 ネット証券大手のSBI証券では、1約定ごとの金額で手数料が決まるものをスタンダードプラン、定額制をアクティブプランと呼んでいます。

1約定ごとの料金プランが向いている人

  • 1日の注文回数が少ない人(1~2回)

1日定額制の料金プランが向いている人

  • 1日の注文回数が多い人※1
  • 100万円以下の取引の場合※2

※1 証券会社にもよるが3回以上でお得になるケースが多い
※2 100万円以下の手数料が0円の証券会社で取引した場合

証券会社によっては1日単位で「約定ごと」か「定額制」かプランを選択できるので、ご利用中の証券会社の料金プランをチェックしてみてください。

※約定とは株式の売買が成立することを指します。

ネット証券の手数料一覧

約定金額ごと(国内現物)の取引手数料表(税込)
取引金額 10万 50万 100万 300万 口座開設
DMM株
公式サイト
88円 198円 374円 660円 公式サイトへ
SBIネオトレード証券
公式サイト
88円 198円 374円 660円 公式サイトへ
SBI証券
公式サイト
99円 275円 535円 1,013円 公式サイトへ
岡三オンライン証券
公式サイト
108円 385円 660円 1,650円 公式サイトへ
楽天証券
公式サイト
99円 275円 535円 1,013円 公式サイトへ
松井証券
公式サイト
--- --- --- --- 公式サイトへ
auカブコム証券
公式サイト
99円 275円 1,089円 3,069円 公式サイトへ
マネックス証券
公式サイト
110円 495円 1,100円 3,300円 公式サイトへ
定額制プラン(国内現物)の取引手数料表(税込)
取引金額 10万 50万 100万 300万 口座開設
DMM株
公式サイト
--- --- --- --- 公式サイトへ
SBIネオトレード証券
公式サイト
440円 440円 660円 1,540円 公式サイトへ
SBI証券
公式サイト
0円 0円 0円 1,718円 公式サイトへ
岡三オンライン証券
公式サイト
0円 0円 0円 1,980円 公式サイトへ
楽天証券
公式サイト
0円 0円 0円 3,300円 公式サイトへ
松井証券
公式サイト
0円 0円 1,100円 3,300円 公式サイトへ
auカブコム証券
公式サイト
--- --- --- --- 公式サイトへ
マネックス証券
公式サイト
550円 550円 550円 2,750円 公式サイトへ
関連キーワード
手数料
1約定
1日定額制
株式投資
資産運用

株式投資をはじめる前に

株式投資をはじめる前にまず知っておいてほしいことをコラムにまとめました。
「そもそも株とは?」「株式投資って儲かるけどリスクがあるのでは?」等、初心者の知りたい話題を集めました。株式投資をイチから学ぶ方は、まずはこちらをお読みください。

初心者におすすめネット証券特集

株式投資を始めるにはまず取引を行う証券口座を開設する必要があります。 初心者としては証券会社の選び方も悩むところですが、投資予定金額や投資商品をベースに選ぶと良いでしょう。 特にネット証券は手数料が安く人気です。初心者におすすめのネット証券をご紹介します。

  • SBI証券
    人気度
    • ネット証券人気NO.1
    • 取扱商品が多い
    • NISA口座もおすすめ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 99円 275円
    一日定額 0円 0円
  • 松井証券
    スマホアプリ
    • 取引額50万以下手数料0円
    • スマホ取引に便利なアプリ
    • デイトレ向きプランあり
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位
    一日定額 0円 0円
  • auカブコム証券
    安心サポート
    • 安心の三菱UFJグループ
    • シニア割引や女子割が好評
    • 投資信託の安さはピカイチ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 99円 275円
    一日定額 --- ---
手数料はいずれも税込、国内株の現物取引の場合の手数料です。2019年11月08日時点の情報です。