長期チャートが見れる証券会社は?

ひとこと解説
詳しく解説

証券会社で口座開設をすることで、様々な情報やツールを利用することが出来ます。SBI証券やマネックス証券もその一つです。今回は長期チャートを確認することが出来る証券会社として紹介していきます。

株価のチャートは1日単位からあります。
1日チャートの中でのローソク足も1分単位からあり、5分、15分、1時間と細かい値動きを確認出来ます。 他のチャートとしては2日、3日、5日、10日、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、5年、10年、20年、30年と短期から長期まで確認することが出来ます。
1日単位であればデイトレードでよく見る必要がありますが、長期投資の指標としては、ある程度長期のチャートを確認する必要があります。

新マネックストレーダーというツールが口座開設していれば無料で使えます。
新マネックストレーダーでは個別銘柄の長期チャートとしては1991年まで遡って日足、週足、月足と確認が出来ます。 ローソク足の最大表示本数が5000本となっているため、月足、週足はそのまま表示が出来ます。日足では5000本を超えてしまうため、2日足に表示切替えをすると5000本以内にローソク足が収まります。
新マネックストレーダーではチャートだけではなく、その銘柄の板情報やニュースなど様々な情報を一画面に表示することも出来ます。また、ワンクリック注文でスピード取引にも対応しています。

他のネット証券は長期チャートでも10年または20年の表示が多く30年などの長期のチャートが確認出来ないことがあります。長期での投資判断には長期チャートを確認することは必須だといえます。
ぜひ、SBI証券の30年チャートや新マネックストレーダーでの5000本チャートを投資判断に役立てて下さい。

また、ネット証券各社をチャート機能を比較したランキングはこちらから確認できます。

みんかぶネット証券証券比較
関連キーワード
チャート
口座開設

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング