IPO当選確率をあげるコツとIPOセカンダリーとは

IPO当選確率をあげるコツとIPOセカンダリーとは

企業が新たに自社の株式を株式市場に上場させて広く投資家から事業のための資金を集めることをIPO(新規株式公開)と言います。

IPOをする企業の株(IPO銘柄)へ投資を行うスタイルはIPO投資と呼ばれており、個人投資家に親しまれています。

IPO投資はおおきく分けて、抽選で株をもらう「公募狙いの投資」と上場後に株を買う「セカンダリー」の2つに分けることができます。

このページではそんな公募狙いの投資を成功させるためにIPO投資のコツ、セカンダリーなどの実例を挙げてIPO投資をご紹介していきます。

IPO当選確率を上げるために

証券会社の資金拘束や抽選のタイミングを把握して使い分ける

IPO銘柄を上場前に手に入れるには、証券会社が行う「抽選」で当選しなくてはなりません。

公募価格と上場後の株価には大きな乖離がある場合も多く、簡単に利益が出ることも多いことから申し込みを行う人が非常に多く、人気のIPO株に当てることは実際のところ至難の技です。

よく言われるのが、IPO銘柄を手にいれる確率を上げるために、証券口座をたくさん作って複数の口座から申し込みを行うというものですが、実際には人気のIPO銘柄はなかなか当たりません。

そのため抽選確率を高めるために、多くの投資家は様々な施策や証券会社ごとの決まりなどをうまく活用しています。

まずは、投資家の資金の使い方によって当選確率を高めるための方法をご紹介していきます。

資金拘束・抽選のタイミングを把握して抽選回数を上げる

通常IPOの申し込みを行う際に、IPO銘柄の公募価格の資金が必要となります。
SBI証券やマネックス証券、大和証券などは、口座資金の余力なしで抽選をすることができません。
潤沢な資金があれば多くの証券会社から申し込むことができますが、そうでない場合は限られた資金でより多くの抽選を受けるため工夫をする必要があります。

一部の証券会社は余力なしで抽選を行うことも可能で、ライブスター証券、松井証券、岡三オンライン証券などがそれにあたります。
投資資金が少ない人は、特にこれらの口座を開設しておくと、そのぶん抽選に当たる確率が高まります。

資金拘束なしで抽選できる証券会社

また、証券会社によって抽選時期が異なります。
早い時期に抽選が行われる「前期型」の証券会社と遅い時期に抽選が行われる「後期型」の証券会社があります。 両方の口座を用意しておくことにより、同一資金で2回抽選を受けられるチャンスがあります。

家族の口座から申込んで抽選回数を上げる

同じ証券会社で家族の人数分の証券口座を作るのも一定の効果があります。

例えばSBI証券の場合には、IPOの抽選に外れるとチャレンジポイントがもらえ、ポイントを貯めてから申し込みを行うと当選確率が若干高まることがあります。

家族が4人でそれぞれが口座を持つことで、当選確率がそのぶん高まりますし、ポイントの貯まりかたも4倍になります。

資金がそれなりにある場合には、複数口座を作成することも当選確率をあげるひとつの手段です。

主幹事証券会社から申込もう

IPO銘柄が上場する際には、幹事となる証券会社が存在します。

幹事証券会社は新規公開の際、引受・販売等を行います。 そのなかで中心的な役割を果たす「主幹事証券会社」には引受数量が多く設定されるため、主幹事証券会社からの申し込みは当選確率が高くなる可能性があります。

例をあげると、2019年3月15日に上場したカオナビという企業。
公募株式数が870000株とIPO銘柄の中では割と人気な企業といえます。

この企業の主幹事は「大和証券」で割当株式数は757000株式と公募株式数の87%をこの主幹事が占めています。残りの「みずほ証券」73800株、「マネックス証券」14000株、「東海東京証券」14000株、「SBI証券」7800株、「エース証券3400株」となっています。

抽選を受けるには上記の証券会社の口座から申込むことになりますが、主幹事である大和証券に申し込みを行うことが最も当選確率の高い申し込みになるということになります。

IPO銘柄ごとに主幹事、幹事を務める証券会社は異なります。 どの証券会社が主幹事になっても申し込みをできるように複数の証券会社に口座を持っておくとよいでしょう。

公募株数の多さとリスク

公募株数なども銘柄ごとにおおきく異なります。
大量の株式を募集売り出しする場合には当選しやすく、その代わり上場時の初値が公募時の株価を割ってしまう「初値割れ」という事態になることもあります。
応募する銘柄をしっかりと見極める必要あります。

IPO落選しても諦めないで!セカンダリーで利益を得ることも

抽選確率を高める方法がいくつかありますが、実際は人気銘柄はプラチナチケットとなっておりを手に入れることは難しくなっています。やや人気のIPO銘柄ですら、2019年時点では申し込みをする人が増えているため当たりにくくなっているようです。

そこで最近は、IPO銘柄が上場した後で株を買ってその後の上昇を待つIPOセカンダリーに注目が集まっています。
このIPOセカンダリーですが、成長性の高い株式の場合、上場時の値段が高くなる傾向がありますのでセカンダリー投資が難しい状況となります。

一方で上場後には割安で放置される株式も多く、そのような株式は時間が経つにつれて高く評価されて株価上昇となることもあります。
一概に、上場前に不人気株だったからといって上がらないというわけではないのです。

参考までに上場時には不人気だった株式が数年でどのようなチャートとなったかをご紹介します(丸和運輸機関)

セカンダリー投資の成功例

同社株は当たりにくい部類であったのにもかかわらず、事業が運輸・ロジスティクスで東証2部への上場だったこともあり公募割れの状態で初値がつきました。 しかし、上場時の株価が非常に低く割安に設定されていたため、4年程度で株価は10倍に上昇しました。

人気のIPO 攻略次第では大きな武器に

ここまでIPOについてざっと解説してきました。

公募でIPO株を入手したり、セカンダリとして上場直後に株を買ったり、IPOを研究していくとかなり奥が深く、使いようによっては株式投資の大きな武器になります。

まだ手が伸びないという方も少しずつでもいいので、ぜひIPO投資にトライしてみてください。

\ まずは口座をつくろう /
IPO投資におすすめのネット証券
関連キーワード
IPO
資金拘束
セカンダリー

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

株式投資を始めるにはまず取引を行う証券口座を開設する必要があります。 初心者としては証券会社の選び方も悩むところですが、投資予定金額や投資商品をベースに選ぶと良いでしょう。 特にネット証券は手数料が安く人気です。初心者におすすめのネット証券をご紹介します。

  • SBI証券
    人気度
    • ネット証券人気NO.1
    • 取扱商品が多い
    • NISA口座もおすすめ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 0円 308円
  • 松井証券
    スマホアプリ
    • 取引額10万以下手数料0円
    • スマホ取引に便利なアプリ
    • デイトレ向きプランあり
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位
    一日定額 0円 324円
  • カブドットコム証券
    安心サポート
    • 安心の三菱UFJグループ
    • シニア割引や女子割が好評
    • 投資信託の安さはピカイチ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 --- ---
手数料はいずれも税込、国内株の現物取引の場合の手数料です。2019年4月12日時点の情報です。