証券会社の商品の種類って?

ひとこと解説
詳しく解説
証券会社の取扱商品

現在の証券会社は国内株のみ扱っている会社は稀で、様々な金融商品を複合的に取り扱うのが一般的になっています。

売買代金で言うと中心は国内株式にはなってくるものの、その他にも単元未満株、日経225先物、日経オプション、TOPIX先物、投資信託、国内債券、海外債券、中国株(香港市場)、米国株、 FXなど様々な商品を扱っています。

国内株式であっても東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所の4つの取引所があります。 証券会社がそれぞれの証券取引所の会員になることで、その証券取引所に上場している企業の株式取引が出来るのです。

証券会社の取扱商品によって口座開設の判断基準にもなりますが、SBI証券楽天証券GMOクリック証券 などのネット証券は口座維持手数料なども かからず無料で出来ます。 株式投資をするのであれば、いくつかの証券会社に口座開設してみて下さい。

みんなの株式、ネット証券の取扱商品ランキングはこちらです。

ネット証券 取扱い商品を比較&ランキング
関連キーワード
株式
証券会社
単元未満株
日経225先物
TOPIX先物
投資信託
国内債券
海外債券
中国株(香港市場)
米国株
FX

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング