LINE証券(ライン証券)の評価・メリット・デメリット

LINE証券の特徴・口座開設・取引方法まで徹底解説

LINE証券とは

LINE証券の特徴

  • スマホだけで口座開設完了

    LINE×マイナンバー×運転免許証で口座開設可能

  • 少額で始められる

    通常は100株単位でしか買えない株が1株から買える

  • 投資初心者におすすめ

    取引も簡単6ステップで投資初心者にもおすすめ

  • LINEポイントで投資

    貯まったLINEポイントでも投資ができます

資産運用の手段として近年「株式投資」が注目を集めています。株式投資はしてみたいけど資金が少ない、大損しないか不安という方も依然として多いのではないでしょうか。

こうした不安を抱えている方におすすめしたいのが「LINE証券(ライン証券)」です。

LINEを普段お使いの方なら、LINE証券での口座開設も取引もアプリから行うことができます。取引は直感的で使いやすく、そして何より数百円という少ない資金から投資を始めることができます。

この記事ではLINE証券とはどんな証券会社なのか、そしてどんな特色があるのか徹底的に解説していきます。

注目情報

LINE証券現物取引開始

LINE証券で現物取引が可能に

現物取引(100株単位の取引)が可能になりました。なんと手数料が約定金額にかかわらず無料です。取扱銘柄も約3700にアップ!

LINE証券とは

そもそもLINE証券はどんな証券会社なのでしょう? 
LINE証券はLINE Financial 株式会社と、野村ホールディングスとの共同設立した証券会社です。野村ホールディングスは日本で最も有名な証券会社である,野村証券の親会社です。

目的は『投資をもっと手軽に、身近なものにする』こと。

そのためLINE証券では、「LINE」の使いやすさと、野村証券の金融に関する専門性を掛け合わせたサービスが提供されているのです。

LINE証券とは
画像:LINE証券公式HPより

LINE証券の特色

LINE証券の特色
画像:LINE証券公式HPより

LINE証券の特色はなんといっても、「使いやすさ」と「始めやすさ」の2点です。

通常の証券会社では、口座開設に資料の送付が必要だったり、スマートフォンでの取引のためには専用アプリのダウンロードが必要だったりと、手間がかかります。

LINE証券では口座開設をスマホだけで行えるようにし、投資対象を有名企業の株式や国内ETF、信頼できる投資信託に限定し、投資初心者でも簡単に取引が始められるようになっています。

また、取引のために専用アプリを別途ダウンロードする必要はなく、普段使っている「LINEアプリ」から出入金、取引を行うことが可能です。これについては次のLINE証券のメリットで詳しく紹介しています。

多くの種類の投資商品から選ぶのは初心者としては難しいものです。 こうした「投資を始めるハードル」を極力下げているのがLINE証券の特色です。

LINE証券で現物取引の取り扱い開始!買付手数料がなんと無料

現物取引(100株単位の取引)が可能に!取引可能な銘柄も約3700銘柄に

LINE証券現物取引開始
画像:LINE証券公式HPより

LINE証券では、5月10日よりLINE証券で「現物取引」が可能になりました。今まで通り1株単位の取引に加えて株式を取引する株数(単元株数)である「100株単位」の株式投資が可能になりました。

また、現物取引の取り扱いを開始するにあたり、取引可能な銘柄も、315名柄から約3700銘柄に増え、国内株や指数連動型上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)など東証に上場しているほとんどの銘柄に投資ができるようになりました。

LINE証券は今までのサービスでは「少額投資」という面が強かったですが、このサービスアップデートによって、大きな利益を狙う「本格的な投資」も可能になりましたね!

現物取引手数料が無料!業界トップクラスの安さ

LINE証券現物手数料
画像:LINE証券公式HPより

さらに注目すべきは「手数料の安さ」です。現物取引の手数料は以下の通り、約定金額(売買金額)にかかわらず0円となっています。

LINE証券 現物取引手数料
約定代金 買付手数料 売却手数料
5万円以内 0円 99円
5万円超、10万円以内 176円
10万円超、20万円以内 198円
20万円超、50万円以内 484円
50万円超、100万円以内 869円
100万円超、150万円以内 1,056円
150万円超、3,000万円以内 1,661円
3,000万円超 1,771円
※これは現物取引の手数料です。1株単位の場合は以前と同様にスプレッドコストがかかります。

なんと、約定金額によらず買い手数料が「無料」になっているんです。50万円以下であれば無料という証券会社は最近増えてきましたが、どれだけ大口の取引でも買い手数料が無料というのは、他の証券にはない魅力点だといえます

売却手数料を加味しても、業界最安水準となっていますね。度々目を引くキャンペーンを開催してきたLINE証券ですが、こうしたサービス面の拡大にも意欲的なので、今後のサービス拡大にも期待が高まります!

LINE証券の現物取引・信用取引について
詳しくはこちら
LINE証券の現物取引・信用取引

LINE証券のはじめかた

LINE証券LP
画像:LINE証券公式HPより
LINE証券をはじめる

公式ページへ

LINEアプリから開設できます
こちらのQRコードからLINEを起動して口座開設に進んでください。
詳しい開設方法・手順はLINE証券の口座開設方法でご紹介します。
LINE証券を起動
LINE証券キャンペーン

LINE証券の5つのメリット

メリット1:少額でも有名企業の株主になれる

これから投資を始めようと思っている方にぜひ知ってほしいLINE証券ならではのメリットとは?
1つ目に紹介するのは「少額から投資が始められること」です。

LINE証券では厳選した国内上場企業300社(2019年12月13日時点)の株式とETF(上場投資信託)15銘柄、投資信託を28銘柄取り扱っています。
これらはすべて、1株から(投資信託は100円から一円単位で)買い付けることが可能です。

そのため、投資に必要なお金は数百円からとなっており、資金量が心配な方でも安心して始めることができます。

少額でも有名企業の株主になれる
画像:LINE証券公式HPより

もちろん、株式もしくはETF・投資信託を買い付けることで、「配当金」も持ち株数に応じて受け取る事もできます。 コツコツ株式を買い付けていき条件を満たせば「株主優待」を受け取る事も可能になります。 初めはお小遣い感覚で始めた投資であってとしても、配当金や株主優待を受けられるチャンスがあるのは非常に魅力的ですよね。
さらに、少額投資であっても投資経験は得ることができます。投資経験は今後の資産運用を考えていくうえで非常に大きなアドバンテージとなります。

メリット2:平日夜21時まで即時注文・約定が可能

2つ目のメリットは平日夜21時まで取引が可能な点です。

LINE証券は様々なライフスタイルの人に使いやすいように、21時まで即時注文・約定ができます。
日本株やETFの売り買いの多くは、東京証券取引所で行われるのですが、売買が行われるのは「9時から11時30分まで」と「12時30分から15時まで」の間だけなのです。

でもLINE証券なら東証の取引時間が終わった後も、21時まで取引が可能です。日中は仕事で取引ができない「働く世代」の人にとって、取引時間の融通が聞くのは大きなメリットですね。

LINE証券 取引可能時間
日中取引9:00~11:20
11:30~12:20
12:30~14:50
夜間取引17:00~21:00

さらにもう一つのポイントは即時注文・約定が可能な点です。単元未満株といって1株単位での売買では、自分が注文を出したときの市場価格で約定されるかどうか分からず、当日の後場の始値や、翌日の前場の始値で約定されることが一般的でした。

しかし、LINE証券では1株単位で株の売買ができる上に、上記の取引時間であれば注文時に画面に表示される価格で取引ができます。

つまり、自分の希望通りの値段で約定される可能性が高くなっているということです。この注文・約定の即時性はLINE証券の大きなメリットのひとつです。

ただし、ETFは夜間取引の対象外です。ETFを買い付けたい方は日中取引で注文を行うようにしましょう。

メリット3:LINEアプリで簡単に取引ができる

LINEアプリで簡単に取引ができる

3つ目のメリットは、LINEアプリから簡単に取引ができる点です。LINE証券での取引は、普段使っているLINEアプリから直接行う事ができます。

多くの方が利用しているLINEを使った取引なので、不慣れなアプリを別途使用する必要もなくユーザーに優しいシステムになっています。

取引は「「LINEアプリ」の「ウォレット」のタブからわずか6タップで行えます。複雑な設定は必要なく、簡単な操作のみで取引が可能です。
取引方法が複雑で挫折してしまう投資初心者の方もいるなかで、この簡単さはLINE証券の一番の長所と言えるかもしれません。

メリット4:口座開設も手間なし!郵送なしでスマホ完結

口座開設も郵送なしでスマホ完結

4つ目のメリットは、証券会社としては初めて「スマホ」のみで口座開設ができるようになった点です。

口座開設と聞くと書類の取り寄せ、必要事項の記入、そして送付などなど…色々と手間がかかり、億劫に感じる方も多いと思います。

しかし、LINE証券の「かんたん本人確認」は、手元にスマートフォンと本人確認書類があれば本人確認手続きがオンラインで完結するようになっています。スマホから申し込んで、最短では翌営業日には取引を始めることができます。郵送での書類のやりとりはありません。

こうしたユーザーの手間を最小限にした仕組みがLINE証券の強みです。
LINEアプリの機能性からもわかるように、ユーザー目線で使いやすいシステム設計になっているのはLINE証券の大きなメリットです。

メリット5:LINE Payからの入出金やLINEポイントでも投資が可能!

LINEポイントを使って投資が可能
LINE
ポイント
LINE
Pay残高
LINE証券

5つ目のメリットはLINE Payから簡単に出入金が行うことができる点や、LINEポイントをLINE Pay残高に換金して投資ができる点です。

LINE Payは数々のキャンペーンでユーザーが増えており、普段から利用しているという方も多くいらっしゃると思います。 そのLINE PayからLINE証券に出入金ができるのは便利ですね。

また、LINEポイントを投資に使える点も魅力的です。
貯めたLINEポイントを、1ポイント = 1円相当として「LINE証券」の証券口座への入金に充当し、取引に利用することができます。
LINE Payを使った買い物やLINEでスタンプを入手するうちに貯まるLINEポイント。 それを投資に用いることができるのはメリットと言えるでしょう。
もしLINEポイントが貯まっているならLINE証券で投資を始めてみるのもいいかもしれませんね。

LINE証券の3つのデメリット

ここまではLINE証券のメリットについて紹介してきました。
投資初心者にとって魅力的なメリットが多くあることはわかっていただけたかと思います。

ここからはLINE証券のデメリットについて紹介していきます。ここで大切なのはデメリットをただ悲観的にとらえるのではなく、メリットと照らし合わせてどうすれば自分の望む投資に近づける事ができるか考える事です。

デメリット1:大きな利益を狙うのは難しい

1つ目のデメリットは、大きな利益を狙う事が難しい点です。少額から始められる反面、信用取引などに対応していないため大きな利益を追求するのは難しいです。しかし、これはあくまで本格的に巨額の資金で資産形成を考えている人にとってのデメリットになります。

デメリット2:取り扱っている金融商品の種類が少ない

取り扱っている金融商品の種類が少ない

2つ目のデメリットは、取り扱っている投資商品が少ない点です。
なぜ少ないかというと、初心者でも安心して投資が始められるようにあらかじめ銘柄が選定されているためです。
この点に関しては銘柄選びが難しい初心者にとっては特にデメリットにはなりません。

NISAに対応した投資信託や債券、REITといった他の投資商品を選びたい方にとっては、現時点では100%満足とはいかないかもしれません。
しかし、今後も取扱い銘柄数は拡大していく可能性は大いにあります。サービス拡大を見越してこの機会に口座を持っておくのも1つの手ですね。

デメリット3:スプレッドと呼ばれる取引コストがかかる

3つ目のデメリットは、スプレッドと呼ばれる取引コストが購入価格に上乗せされてしまう点です。
このスプレッドはLINE証券が市場価格に応じて各銘柄ごとに規定したコストのことを指します。

このスプレッドが購入価格に上乗せされてしまう分、本来の市場価格よりも少し高い価格で買い付けることになってしまいます。 どのくらいの金額かというと、約定代金が1万円の場合、日中での取引なら5円、夜間でも50円です。

大きな金額ではありませんが、一日に何回も取引を繰り返すデイトレーダーは注意が必要です。

LINE証券 時間帯別スプレッド
時間帯取引コスト
(スプレッド)
日中(9:00~14:50) 0.05%
夜間(17:00~21:00) 0.5%

※購入時の提示価格はスプレッド込みの金額です

LINE証券はどんな人におすすめ?口座開設の条件は?

少額から投資を始めよう
画像:LINE証券公式HPより

LINE証券は、こんな人たちにおすすめです。

  • ・少額で投資をはじめたい
  • ・LINEを使っている
  • ・リスクは出来るだけ抑えたい

続いて、LINE証券の口座開設できるのは下記の条件に当てはまる人です。

  • ・日本国籍を持っている
  • ・20歳以上70歳以下
  • ・外国の重要な公的地位ではない

普段LINEを使い慣れている方は、簡単に始められるLINE証券を選びやすいのではないでしょうか。 少額から投資を始めてみたいと思っていた方は、LINE証券をきっかけに投資をはじめてみても良いですね。

LINE証券のお得なキャンペーン

手数料がさらに安くなる「手数料無料キャンペーン」

LINE証券の1周年記念キャンペーンとして、手数料無料キャンペーンを開催中です。手数料体系の安さが強みの1つであるLINE証券ですが、キャンペーン期間中は、さらにお得に取引ができるようになるんです。その気になるキャンペーン内容が、こちらです。

  • 現物取引 売注文の手数料無料キャンペーン

    期間2020/8/3~10/30

    内容現物取引(相対取引を除く)の売買手数料が0円になります。

  • 信用取引 金利・貸株料全額キャッシュバックキャンペーン

    期間2020/8/3~10/30

    内容期間中に発生した金利・貸株料を11月ごろ全額キャッシュバックします。

LINE証券手数料無料キャンペーン
画像:LINE証券公式HPより

なんと、期間中であれば現物取引の売買手数料が完全無料、そして信用取引のコストである「金利・貸株料」も全額キャッシュバックされるという大盤振る舞いです。
手数料無料化の動きが進んでいるとはいえ、LINE証券の手数料の安さにはいつも驚かされます。特にまだ資金が少なく手数料は抑えたいと思っている方は、このキャンペーンを利用しない手はありませんね。

開催中なら超ラッキー?「いきなりタイムセール」で株がお得に買えちゃうかも!

さらに、LINE証券では不定期開催の「いきなりタイムセール」というものを行なっています。
いきなりタイムセール期間であれば「対象銘柄が最大7%オフで買うことができる」というものです。
加えて、このいきなりタイムセールを利用して取引を行なった場合「取引コストが0円」になります!
割引価格で買えて、さらに取引コストまで無料になるのはお得ですね。

いきなりタイムセール LINE証券キャンペーン
画像:LINE証券公式HPより

例えば、株価が10000円の銘柄を5株買うと、通常では「10000円×5株=50000円」+取引コストがかかります。
しかし!いきなりタイムセールで7%割引になった場合「10000円×0.93(7%off)×5株=46500円」となり、取引コストもかかりません。
つまり、この場合だと「3500円+取引コスト分」お得に取引ができたことになります。
なお、いきなりタイムセールは以下スケジュールで発表されます。タイムセールの告知を見逃さないようにLINE証券公式アカウントの友達追加を忘れずしておきましょう!

いきなりタイムセールでお得になる LINE証券キャンペーン
画像:LINE証券公式HPより

10人に1人LINEポイント「1000ポイント」貰えるWチャンスも!

このいきなりタイムセール開催中の17時〜19時の間に「LINE証券内のキャンペーン画面」から「#LINE証券#Wチャンスに挑戦」とハッシュタグをつけてツイートをすると、LINEポイントが1000ポイント当たるキャンペーンも同時開催される予定です!
当選者には1週間程度で当選通知が届くようです。
割引価格で株を買えて、ツイッターでシェアをするだけで1000LINEポイント貰える可能性があるなんて、さすがキャンペーンに力を入れているLINE証券ですね。

LINEポイント「1000ポイント」貰えるWチャンス LINE証券キャンペーン
画像:LINE証券公式HPより

LINE証券のはじめかた

LINE証券LP
画像:LINE証券公式HPより
LINE証券をはじめる

公式ページへ

LINEアプリから開設できます
こちらのQRコードからLINEを起動して口座開設に進んでください。
詳しい開設方法・手順はLINE証券の口座開設方法でご紹介します。
LINE証券を起動
LINE証券キャンペーン

LINE証券の口座開設方法

続いて口座の開設方法を画像とともに紹介していきます。操作の分かりやすいLINEが手掛けているだけあって、誰でも簡単に口座開設ができます。それでは実際の開設方法をみていきましょう。

  1. SETP1「ウォレット」タブの「証券」アイコンをタップ

    まずは「LINE」アプリを起動します。画面下にある「ウォレット」タブを押して表示されるページ内にある「証券」アイコンをタップします。

    口座開設方法1
  2. SETP2個人情報の入力

    続いて「LINE証券」トップ画面の「口座開設(無料)」のリンクをタップし、口座開設ために個人情報の登録をしていきます。

    口座開設方法2
  3. SETP3本人確認書類のアップロード

    個人情報の登録が済んだら本人確認書類をアップロードします。

    口座開設方法3
  4. SETP4届いたハガキのQRコードを読む

    ※簡単本人確認の場合はこのステップは不要です。

    申し込みが完了し、登録内容に問題がなければ4営業日ほどで簡易書留ハガキが届きます。
    簡易書留ハガキのQRコードを読み取り「LINE証券」にアクセスします。これで口座開設は完了です。

LINE証券の取引方法

  1. SETP1銘柄の検索

    まずは次の画像の検索ボタンを選択します、すると検索画面が表示されるので自分の買いたい条件に合う銘柄を探して選択します。

    LINE証券の取引方法1
  2. SETP2購入数量の決定・入金

    次に選択した銘柄をいくつ購入するのかを決めます。数量が決まったら「入金する」という項目を選択します。「LINE Pay口座」もしくは「入金専用口座」を選択して必要資金を入金します。

    LINE証券の取引方法2
    LINE証券の取引方法3
  3. SETP3入金後「買う」を選択

    入金が済んだら「買う」を選択すれば購入完了です。
    簡単に銘柄を選べて、注文手順もシンプルで分かりやすいですね。

    LINE証券の取引方法4
    LINE証券の取引方法5

まとめ

今回は、「LINE証券」について紹介しました。投資を始めようか迷っている方には非常におすすめできる証券会社になります。
また、革新的なキャンペーンを提供し続けているその姿勢からも、今後の成長が期待できる証券会社と言えるでしょう。

今後もお得なキャンペーンや取扱銘柄の拡大が注目の証券会社なので、口座を持っておいて損はないと思います。
この記事をきっかけに、LINE証券で投資家デビューしてみてはいかがでしょうか。

LINE証券やネット証券に関するよくある質問(Q&A)

「LINE証券」に関するよくある質問や疑問について、初心者にもわかりやすく回答します。
  • QLINE証券のメリットは?
  • A気軽に始められるところが挙げられます。LINEのアプリから口座開設や取引ができるので、はじめやすく取引しやすいという点です。また、少額から投資が始められることも気軽に始められるポイントです。詳しくはLINE証券のメリットでご説明します。
  • QLINE証券のデメリットは?
  • A相対取引(1株単位の取引)ができる金融商品の種類が少ない点、スプレッドと呼ばれる取引コストがかかる点が挙げられます。詳しくはLINE証券のデメリットでご説明します。しかし、LINE証券の現物取引では約3700銘柄の取引が可能であり、取引コストも安く設定されているので、これらはあくまで「相対取引」としてのデメリットになります。
  • QLINE証券から何に投資できますか?
  • ALINE証券では、相対取引(1株単位)では日本の有名企業300銘柄と投資信託28銘柄、国内ETF(上場投資信託)15銘柄に投資できます。また、現物取引では取引所に上場しているほぼ全ての銘柄にあたる3700銘柄の取引が可能です。(2020年7月時点)
  • Q1株から買えますか?
  • ALINE証券では、国内株式は1株から、国内ETF(上場投資信託)は1口から、投資信託は100円から買いつけることができます。投資信託は100円以上であれば一円単位で購入金額を設定することができます。
  • QLINE証券の信用口座開設に審査や条件はありますか?
  • A開設に関する特別な条件は特にありません。しかし、信用取引をするためには「33万円以上の現金、または代用有価証券」を証券口座に入金しておく必要があります。
  • QLINE証券の口座開設には何が必要ですか?
  • A・「かんたん本人確認」をご選択の場合、「個人番号カード(顔写真付き)+運転免許証」または「マイナンバー通知カード+運転免許証」が必要です。
    ・「簡易書留受け取り」をご選択の場合、「個人番号カード(顔写真付き)」または「マイナンバー通知カード+運転免許証」を用意してください。

LINE証券の口コミ・評判

総合評価:3.6

口コミ件数:5
  • 5

    投稿日:2020/04/21

    ライン証券に口座開設して、いきなり旭化成3株を無料でいただきました、ありがとうございます。 ネオモバ、トラノコの様な月額口座管理料が掛からず、大変お得ですね。 上記の2社は即約できず、機会損失が大きくつまらない、その点ライン証券は指し値の注文が出来るから、リアルで面白い。初心者でもベテランでも楽しめます。

  • 1

    投稿日:2020/04/07

    気軽に始めたのは良いけど、今、いくら買ってて、直近でいくらの評価額なのかがさっぱりわからない。また、口座の辞め方もわからない。まったく困ってます。困った、困った、困った、

  • 3

    投稿日:2020/03/25

    LINEペイ経由の口座入金を繰り返してると不正監視プログラムに引っかかるのかアカウント利用停止をくらいました。 問い合わせから数時間で解除されたけどその間は入金ができず機会損失。 LINEのような統合型アプリは便利だけど連結部分が弱い印象。 あと、これが買えるのにあれが買えないのはなぜ?という銘柄のチョイスにも疑問符。 リスク低めの少額投資は結構楽しいので今後改善されれば株式入門にはもってこいの証券会社になる可能性も。

  • 4

    投稿日:2020/02/20

    取引初心者には最高だと思いますょ。何と言っても1株から購入出来るし、投資家の仲間入りですよ。笑 慣れて来たて本格的に初めるなら違う証券会社で沢山の銘柄を探して見るのも有りだと思いますょ。

  • 5

    投稿日:2019/12/29

    入れていない人はいないであろうLINEのアプリから証券のページに入れるのが魅力です。分かりやすくかつ扱いやすい銘柄のみのお取り引きなので初心者の方にぴったりかと思います。2019年12月に実施されたタイムセールが魅力的でしたのでまた実施されることを期待します。

口コミをもっと読む

※口コミ内容は投稿者の主観的な感想や評価です。また手数料や金利、キャンペーン、サービス内容については投稿日時点の情報の可能性高いため、公式ページにて最新の情報をご確認ください。本ページには主に株式をお取引する口座への口コミを掲載しています。

LINE証券のはじめかた
LINE証券LP
画像:LINE証券公式HPより
LINEアプリから開設できます
こちらのQRコードからLINEを起動して口座開設に進んでください。
LINE証券をはじめる
LINE証券を起動
LINE証券キャンペーン

LINE証券(ライン証券)の新着情報・ニュースリリース

LINE証券(ライン証券)のニュース
日付 内容
2020/5/10

新たに株式取引サービスを拡充 5/10より取引所取引(現物取引)をスタート!

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

2020/4/10

LINE Financialから102億円及び野村ホールディングスから98億円 総額200億円の資金調達を実施

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

2020/4/2

決算短信をAIが自動解析!決算速報を「LINE」でお届けする 「決算ビジュアルレポート」の提供を開始

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

2020/3/18

FX取引サービス「LINE FX」 サービス開始3日で10,000口座を突破!

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

2020/3/16

FX取引サービス「LINE FX」の提供を開始 「FX口座開設&1取引だけで、5,000円プレゼント」キャンペーン開催!

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

2020/1/6

新年のお年玉、口座開設で好きな企業の株の購入代金が最高3株分もらえる 「初株チャンス」キャンペーン開催!

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

2019/12/5

12月の火曜・木曜17時~19時に対象銘柄10株まで 当日終値から最大7%OFFで買える「株のタイムセール」開催!!

引用元:LINE証券(ライン証券)公式ニュースリリース

LINE証券 会社概要

LINE証券の会社概要
会社名LINE証券株式会社
所在地〒141-0033 東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー22階
URL
資本金100億円
登録番号関東財務局長(金商)第3144号
事業内容資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジサービスの提供
設立2018年6月1日

関連コンテンツ