ファイルカンパニーのIPO(新規上場)の当選を狙う!

フィル・カンパニーのIPO(新規上場)の当選を狙う!

フィル・カンパニー(3267)のIPO(新規上場)の当選を狙う!
日本全国の駐車場がターゲット!設立11年のスピード上場
「空中店舗フィル・パーク」という新しい土地活用方法を提案し成長しているフィル・カンパニー。
顧客は全国の駐車場オーナーということで、今後の成長性が期待できます。
上場日程は11月18日(木)となっており、推定時価総額は30億円程度と小型案件となります。
ここでは、フィル・カンパニーのIPO株を手に入れる確率を上げる方法や おすすめの証券会社情報を掲載します。
また同社の企業情報や事業・財務内容、投資家として気になる点などを説明します。
IPOに向けて注目ポイントを確認しておきましょう!

フィル・カンパニーとは?

駐車場の土地にビルを建てることで、テナント収入を得ることをオーナーに提案するフィル・パーク事業を展開する企業。

フィル・パークとは?

都市部を中心に増え続けている駐車場の空中部分を活用することで【駐車場】と【人】と【植物】が共生できる空間を創り出す事業。

高額な駐車場収入を最大限に生かしながら商業ビルやオフィスビルなどを建てることでテナント料も得られるように、同社が建物の設計・テナント誘致・コンサルタントを担当。
デザイン性の高い建物を設計し、テナント賃貸需要に基づく空間づくりをすることで、駐車場オーナーの投資効果の最大化を狙います。
競合が少ないオリジナリティのある事業であることに加え、全国の駐車場が顧客になる市場規模の大きさを考えれば、今後に非常に期待が持てると考えられます。

フィル・カンパニーの業績

2015年11月期の経常利益は前期比2269%増の1億54百万円となり、過去最高益となっています。
  26年度 27年度 増減 前年度比
売上高 477,032 1,493,082 1,016,050 312.99%
経常利益 6,797 154,235 147,438 2269.16%
純利益 34,878 140,142 105,264 401.81%
純資産額 86,691 226,833 140,142 261.66%
1株当たり純資産 40.53 106.05 65.52 261.66%
1株当たり純利益 16.31 65.52 49.21 401.72%
自己資本比率 15.00% 89.40% 74.40% -
(単位:千円)
フィル・カンパニー営業収益と経常利益の推移と予想

フィル・カンパニーのIPO株を手に入れるには

フィル・カンパニーのIPOに申し込むための流れと、当選確率を上げるためのポイントを見ていきましょう。

1証券会社へ申込む

必ずフィル・カンパニーの株を取り扱っている証券会社に申込みます。
当選を狙うには申込みの際の「申込金額」は上限額で申込みましょう。

↓

2公募価格決定

ここで決定された価格で新規公開される株を購入することができます。

↓

主幹事証券会社に申込んで当選確率アップ!

主幹事証券会社と証券会社
IPOの当選を狙うなら主幹事証券会社で申し込む方が断然有利です。
主幹事証券会社は上場株の7~8割を引き受けることが多いため、主幹事証券でIPOを申し込むと当然、当選確率も上がります。
今回のフィル・カンパニー上場の主幹事証券会社は「SBI証券」です。


フィル・カンパニーのIPO当選を狙うなら, 上場株の割り当てが多い主幹事証券会社がオススメです。

3抽選

証券会社によって抽選方法が異なります。証券会社によっては抽選日までに申し込んだ金額を入れておく必要があるのでよく確認しましょう。

↓

抽選ルールが公平な証券会社 (≒ ネット証券)がおすすめ

「主幹事証券会社が良い」とは言え, IPOの抽せん方法は証券会社によって全然違います。 「お得意様優先」の証券会社では今から口座を持っても当選は難しいと思います。
個人投資家に公平なIPO抽せんをしてくれる証券会社を選ぶことが重要です。オススメはネット証券。 「公平なIPO抽選方法 + 口座開設が簡単早い」がポイント!

4当選、購入

めでたく当選したら、購入の注文をして株式を手に入れます。

しかし当選が難しいIPO、確率を上げるため複数証券会社から申込もう

フィル・カンパニーのIPOを手に入れる確率を上げるなら外せない方法です。 複数の証券口座を持ち、複数の口座からIPOに応募し抽選してもらう。
「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦。たくさん応募すればそれだけ当選確率は上がります。

フィル・カンパニーのIPO情報

フィル・カンパニー : IPOデータ
単元株数 100株
公募株数 200,000株
売出株数 145,000株
想定価格 1,210円
仮条件決定日 10月28日(金)
ブックビルディングの期間 11月1日(火)~11月8日(火)
売出価格決定日 11月9日(水)
申込期間 11月11日(金)~11月16日(水)
上場日 11月18日(金)
主幹事証券 SBI証券

1BB期間

11月1日 ~ 11月8日

→

2売出価格の決定

11月9日

→

2申込期間

11月11日~16日

→

2上場

11月18日

フィル・カンパニーの基本情報

会社名 株式会社フィル・カンパニー
本社所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-10-4 フィル・パーク永田町
設立年月日 2005年6月3日
資本金 9,930万円
代表取締役社長 能美 裕一
公式サイト http://philcompany.jp/

※2016年10月1日現在

今回のおすすめ証券会社「SBI証券」の紹介

主幹事はネット証券最大手かつ国内顧客預かり資産5位の「SBI証券」です。今回は素直にSBI証券からの応募が有利だと思われます。
SBI証券チャート

みんかぶ評価 比較ランキング順位

チャート 取扱商品 ツール スマホ 人気 銘柄検索
3位 1位 2位 3位 1位 2位

取引手数料(国内現物)

取引金額~10万円~30万円~50万円~100万円~300万円
手数料 97円 270円 270円 1069円 3013円

SBI証券が実施中のキャンペーン・お得情報

SBI証券キャンペーン

今すぐ口座開設
SBI証券の公式サイトへ

直近のIPOの振り返り

チェンジ

銘柄 チェンジ(3962)
上場日 2016年9月27日
公募価格1,200円
初値 2,999円
初値上昇幅・上昇率 1,799円(149.9%)
チェンジ(3962)

シルバーエッグ・テクノロジー

銘柄 シルバーエッグ・テクノロジー(3961)
上場日 2016年9月27日
公募価格 900円
初値 2,622円
初値上昇幅・上昇率 1,722円(291.3.3%)
シルバーエッグ・テクノロジー(3961)

上記2銘柄に100株当選し、初値、もしくは高値で売れた場合

■チェンジ(3962)

【初値売り】:初値(2,999円) - 公募価格(1,200円) = 1,799円 17万9900円の利益!
【高値売り】:高値(7,200円) - 公募価格(1,200円) = 6,000円 60万円の利益!

■シルバーエッグ・テクノロジー(3961)

【初値売り】:初値(2,622円) - 公募価格(900円) = 1,722円 17万2200円の利益!
【高値売り】:高値(4,620円) - 公募価格(900円) = 3,720円 37万2千円の利益!

主要株価が軟調ななか、9月、10月もIPOは絶好調。特に上に挙げたチェンジは公募価格から高値までの上昇率が6倍に達するなど目を見張るものがあります。
9月以降、公募価格から2倍に上昇した銘柄が7銘柄(上場13銘柄)と稀に見る絶好調なIPOのなか、同社がこれらの銘柄の記録を越えられるかどうかにも注目が集まります。

↓
では改めて今回のIPOでおすすめの証券会社を見てみましょう

今回のおすすめ証券会社「SBI証券」の紹介

SBI証券チャート

みんかぶ評価 比較ランキング順位

チャート 取扱商品 ツール スマホ 人気 銘柄検索
3位 1位 2位 3位 1位 2位

取引手数料(国内現物)

取引金額~10万円~30万円~50万円~100万円~300万円
手数料 150円 293円 293円 525円 994円

SBI証券が実施中のキャンペーン・お得情報

SBI証券キャンペーン

今すぐ口座開設
SBI証券の公式サイトへ

カテゴリ別からネット証券を探す

※本記事は2016年10月23日に調査・作成したものです。

【個人投資家の皆様からのアンケートについて】
多くの個人投資家の皆様からの声を反映させて頂きたいと考えております。もしよろしければコチラよりアンケートのご協力、何卒よろしくお願い致します。


ページTOPへ