著者:みんなの株式 2018年06月29日更新

「MTG」上場7月10日!IPO情報・スケジュール

MTGが7月10日に東証マザーズへ新規上場、時価総額は2000億円強に

 MTG<7806.T>が7月10日に東証マザーズに新規上場することになりました。公開価格から算出される時価総額は約2200億円になり、今年のIPOとしては6月19日に東証マザーズ市場に上場したメルカリ<4385.T>に次ぐ大型案件となります。
 MTGは社名よりもむしろブランド名の方が世界的に有名です。電気刺激で腹筋を鍛える「SIXPAD(シックスパッド)」は、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手のテレビCMでも知られています。そのほかにも世界的に有名な商品も多く、大型IPOということも相まって、投資家の注目度が高まっています。
「メルカリ」公式サイト

MTG上場に関する基本情報・IPOスケジュール

MTGのIPO情報

仮条件 5290円~5800円 市場 東証マザーズ
売出株数 1,000,000株 単元株数 100株
主幹事 野村證券 業種 その他製品
公開株数合計 6,900,000株 公募株数 5,900,000株
事業内容 美容機器、健康機器、化粧品等の企画開発及び製造販売

MTGのIPOスケジュール

仮条件決定日 2018年6月21日
ブックビルディングの期間 2018年6月22日 ~ 2018年6月28日
公募価格決定日 2018年6月29日
購入期間 2018年7月2日 ~ 2018年7月5日
上場日 2018年7月10日

公開価格は5800円で決定 (2018/6/29追記)

 MTGは6月29日、新規株式公開(IPO)の公開価格を仮条件(5290~5800円)の上限である5800円とすることを決定しました。これにより、同社の上場時の時価総額は2241億円、資金吸収額は最大で460億円となり、時価総額では今年のIPOとしてはメルカリに次ぐ規模になります。現在開催中のサッカー・ワールドカップ・ロシアで同社がテレビCMに起用しているポルトガル代表のC・ロナウド選手が活躍していることもあって個人投資家人気は高く、上場後の株価の動向に期待が高まっています。

仮条件は5290円~5800円で決定(2018/6/21追記)

 MTGは6月21日、新規株式公開(IPO)の仮条件を5290~5800円とすることを発表しました。22日から28日がブックビルディング期間となり、公開価格は29日に決定されます。同価格が仮条件の上限で決まった場合、上場時の時価総額は約2241億円となります。

MTGとは?

 MTGは一言で言うならば「ブランドを開発する会社」です。「BEAUTY」「WELLNESS」をテーマに美容機器やフィットネス機器、化粧品などの企画・開発を行い、大学や医療機関、スポーツ選手や歌手などと連携してブランドを育て事業を拡大させてきました。
 1996年に代表取締役の松下剛氏が設立した企業で、スタート当初は宅配水事業などを手掛けていましたが、2009年に美容機器の「ReFa(リファ)」を発売したことで事業拡大に弾みがつきました。その後も「シックスパッド」や、イスにおいて座るだけで姿勢をサポートする「Style(スタイル)」、口にくわえてゆらゆらと揺らすことで口回りの筋肉を鍛える「PAO(パオ)」など新たなブランドを立ち上げています。代表的なブランドを以下に紹介します。

口コミで評判が広がった「ReFa」

 事業拡大の契機となったリファは、取っ手から枝分かれした先に2個の球体が付いたY字型の美容機器で、微弱な電流が出て肌を刺激しマッサージ効果を発揮します。複数の大学や医療機関と組んで効果などを研究・検証したことが受け入れられ、インターネットの口コミで評判が広がりました。現在では国内だけではなく、中国や韓国を中心にアジア各国にも販路を拡大し、累計販売台数は800万台を突破しています。

マドンナと共同開発した「MDNA SKIN」

 高級スキンケア商品シリーズの「MDNA SKIN」は、世界的なアーティストであるマドンナを共同開発パートナーとしたことが話題となりました。話題性だけではなく、マドンナの商品に対する高い要求をクリアして開発したことが、商品価値を高めています。国内では百貨店や免税店を中心に展開していますが、台湾や香港にも販路を広げています。また、米国や中国、韓国、シンガポールなどにも進出しています。

C・ロナウドのトレーニング方法を取り入れた「SIXPAD」

 健康機器のなかでも人気が高いのが「シックスパッド」です。運動医科学に詳しい京都大学の森谷敏夫名誉教授の筋肉トレーニング理論や、共同開発パートナーであるロナウド選手のトレーニング方法などを取り入れて開発されました。15年7月に発売し、2年後の17年7月には累計販売台数100万台を突破するまでに成長、さらに売り上げを伸ばしています。また、日常動作をトレーニングに変えるスーツや筋肉のためのサプリメントも販売し、ブランドの幅を広げています。
 国内だけではなく、海外では中国、香港、韓国などアジア各国に展開し、今年からは英国を中心にヨーロッパへの展開も本格化させています。今年2月にはプロボクシングの元6階級制覇王者であるマニー・バッキャオ選手と契約を結び世界展開を加速させようとしています。

指輪型ウエアラブルデバイスブランドをスタート

 さらに新ブランドの立ち上げにも積極的です。今年1月には端末にかざすとキャッシュレス決済ができる指輪型のウエアラブルデバイスブランド「McLEAR(マクレア)」を米国で立ち上げました。17年に買収した英ベンチャー、マクレア社の技術をもとに開発した製品で、第1弾商品を1月23日から米国で販売しました。20年には日本でも販売を始める方針です。

MTGのIPOの申込みにおすすめな証券会社を紹介!口座開設はお早めに

IPO投資では多くの証券会社から応募して当選確率アップ!

 MTGのIPOに申込可能な証券口座を用意しましょう。口座開設の申請をしてから取引可能となるまで数日かかる場合がありますので、早めの準備が重要です。

 IPOの当選確率はかなり低く、1年間全てのIPOに応募しても1度も当選しないということも珍しくありません。
そんなIPOでも、複数の証券会社を利用して抽選回数を多くし、当選確率を上げることができます。ここではMTGのIPOに申し込み可能な、当サイト厳選証券会社を紹介します。

  • SBI証券 (評価・口コミはこちら)

    ネット証券総合ランキング1位

    主幹事証券を務めたIPO銘柄は平均して公募価格より2倍以上で寄り付き。初値売りのトータル利益は約176万円。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    85社 8 70% 抽選:30% IPOチャレンジポイント
  • SMBC日興証券 (評価・口コミはこちら)

    IPO取扱い銘柄数業界トップ水準

    IPOの取扱い銘柄数がトップ水準。主幹事証券を務めることも多く店頭・ネットの両方での取り扱いがあります。ネットに割り当てられる配分は10%ですが、資金量に左右されない平等抽選です。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    74社 15社 100% 平等抽選
  • 楽天証券 (評価・口コミはこちら)

    取引しながら楽天ポイントが貯まる

    大手ネット証券ですが、IPOの取扱いには力を入れていない様子。ティーケーピーとソレイジアファーマのIPOの取扱いがありました。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    4社 0 資金量による抽選
  • カブドットコム証券 (評価・口コミはこちら)

    三菱UFJフィナンシャル・グループの信頼

    SGホールディングスの上場の際にはネット証券唯一の幹事証券に。初値が大きく上昇したトレードワークスや力の源HDの幹事証券でした。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    24社 0 100% 平等抽選
  • 主幹事でなくとも割り当て本数は比較的多く, 2番手証券として有望。立会外分売も頻繁に取扱い。
    幹事数(2017年) 主幹事数(2017年)
    抽選方式
    公式ページ
    46社 1 100% 平等抽選

MTGの業績・今後の展望

MTGの業績

 MTGの17年9月期連結業績は、売上高453億2500万円(前の期比53.7%増)、経常利益61億2000万円(同75.2%増)でした。また、18年9月期は売上高600億円(前期比32.4%増)、経常利益80億2100万円(同31.1%増)と高い伸びを見込んでいます。足もとでは特に海外売り上げが伸びており、今後も海外展開が業績を牽引しそうです。
MTGの決算チャート

MTGの今後の展望

 特徴のあるブランドを生み出すことで成長してきたMTGでは、今後も新たなヒット商品が継続して生まれるかが成長のカギとなりそうです。そのため、上場に伴う調達資金は研究開発やブランドの認知度および価値向上、人材投資などに当てられる予定で、特に研究開発に関しては、今後は人工知能(AI)・IoTを生かした新商品開発を積極的に行うとしています。AIについては、MTG AI研究所が独自に取得したビッグデータ(デバイス使用履歴や生体データ)をAIに学習させ、商品開発やマーケティングに生かすとしていますので、今後の商品開発には期待が持てます。

MTG の IPO株を手に入れるには

MTGのIPOに申し込むための流れと、当選確率を上げるためのポイントを見ていきましょう。
抽選が受けるための申し込み期間を「ブックビルディング期間(BB期間)」と呼び、この期間中に口座開設されていないと申し込みができません。口座開設するには何日か日数を要することが多いので、なるべく早めに証券会社で口座開設しておきましょう。みんかぶで紹介しているネット証券はもちろん口座開設は無料です。IPO取り扱い実績の多い証券会社の口座を幾つか持っておくと良いでしょう。

1証券会社へ申込む

必ずMTGの株を取り扱っている証券会社に申込みます。
当選を狙うには申込みの際の「申込金額」は上限額で申込みましょう。

2公募価格決定

ここで決定された価格で新規公開される株を購入することができます。

主幹事証券会社に申込んで当選確率アップ!

主幹事証券会社と証券会社
IPOの当選を狙うなら主幹事証券会社で申し込む方が断然有利です。主幹事証券会社は上場株の7~8割を引き受けることが多いため、主幹事証券でIPOを申し込むと当然、当選確率も上がります。

3抽選

証券会社によって抽選方法が異なります。証券会社によっては抽選日までに申し込んだ金額を入れておく必要があるのでよく確認しましょう。

抽選ルールが公平な証券会社 (≒ ネット証券)がおすすめ

「主幹事証券会社が良い」とは言え, IPOの抽せん方法は証券会社によって全然違います。 「お得意様優先」の証券会社では今から口座を持っても当選は難しいと思います。
個人投資家に公平なIPO抽せんをしてくれる証券会社を選ぶことが重要です。オススメはネット証券。 「公平なIPO抽選方法 + 口座開設が簡単早い」がポイント!

4当選、購入

めでたく当選したら、購入の注文をして株式を手に入れます。

しかし当選が難しいIPO、確率を上げるため複数証券会社から申込もう

MTGのIPOを手に入れる確率を上げるなら外せない方法です。 複数の証券口座を持ち、複数の口座からIPOに応募し抽選してもらう。
「ヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦。たくさん応募すればそれだけ当選確率は上がります。

MTG の 基本情報

会社名 株式会社MTG
会社住所 〒453-0041 愛知県名古屋市中村区本陣通2-32
設立日 1996年01月09日
代表者 松下剛
公式サイト https://www.mtg.gr.jp/

おすすめコンテンツ

※本記事はに調査・作成したものです。

※掲載されている情報は実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。

※取引手数料の記載はすべて税込みです。


ページTOPへ