SBI証券ロゴ
  • 取引ツール比較のランキング

  • 2

取引ツール比較の評価点数:20点

SBI証券のトレードツール

取引ツール機能紹介

ツール名 HYPER SBI
テクニカル表示 73種類
数値設定 ほぼ全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指標・為替の中で3つまで比較可能
複数同時表示 10
同時閲覧可能銘柄 海外指標や為替, コモディティ情報も可能
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 Tick・ローソク足・価格帯別出来高・P&F・@新値三本足・鍵足・Renko・Swing・CandleVolume・平均足・逆ウォッチ曲線
発注関連
描写ツール 17
板画面からドラック&ドロップで注文訂正など移動が可能。注文状況が板上で確認し訂正・取り消しが便利。新規注文は注文画面より。
画面カスタマイズ 「登録銘柄」・「保有証券」・「注文一覧」画面では, 複数の銘柄の板情報, チャート等一覧画面でウォッチできる「タイル小」・「タイル大」形式, 「2行表示」・「1行表示」・「コンビ」等の表示形式あり。マイページもカスタマイズ可能
フォントの大きさ変更 4段階に変更可能(特大・大・中・小, 他に文字太字, 数字カンマありなしの設定が可能
その他特徴[1] 複数のご注文を予め準備してストックできる
その他特徴[2] 多様なアラート機能「株価・市況」・「信用建玉損益」・「注文」に対して条件を設定。メール, バルーン, ツールバーなどにアラート表示。
その他特徴[3] 始値が前日終値よりも3%以上高い, または安い場合に「G」マークを表示する。
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】Windows 8.1, 10
【ブラウザ】Internet Explorer 11, Microsoft Edge
利用料・条件 【36日間無料利用条件】
1)前営業日(約定日ベース)に国内株式(PTS取引(SBI PTS), 単元未満株含む)の約定が合計1回以上
2)約定日当日17時時点で, 円貨建取引の「信書(取引報告書・取引残高報告書), 運用報告書等」の電子交付サービスを選択, 利用されていること。1)2)全ての条件を満たした方。
【原則無期限利用条件】・「信用取引口座」or「先物・オプション取引口座」を開設している方。対象取引口座開設完了日の翌営業日から原則無期限【通常価格】500円(税込 550円)
 情報切り替え

SBI証券の取引ツール「HYPER SBI」

極めてまじめな取引ツールで注文系, チャート系, ニュース系, 主要指数系がそれぞれコンパクトな1画面でまとめられていますのでそれぞれ機能は充実しているものの, 見にくい印象はありません。

高い注文性能でチャンスを逃しにくい

SBI証券のトレードツールポイント2
ツールの特徴としてはニュース系画面ではカテゴリごとにニュースが整理されており見やすい点と個別銘柄のページで会社四季報の各情報や優待情報に評価レポートなどが見れるなど情報が豊富な点が上げられます。

もちろんテクニカルが豊富な個別銘柄チャートや主要指標や為替との比較ができる相対チャートなどチャート系も便利ですよ!
注文に関しても利点があります。HYPER SBIでは、最良気配の注文発注が瞬時にできる「スピード注文」や「ドラッグ&ドロップで注文が完結する注文方法」が用意されています。数秒単位を争っているトレーダーにとっては、こうした最上位の注文機能が揃っているのは、大変嬉しいポイントだといえます。

閲覧可能なレート

【現物】日経225, TOPIX, JPX日経400, JASDAQ, マザーズ, JASDAQ スタンダード指数, JASDAQ グロース指数, Jストック, 東証1部単純平均, 東証1部指数大型株指数, 東証1部指数中型株指数, 東証1部指数小型株指数, 東証2部指数, 東証REIT指数, NYダウ, NASDAQ, 英FTSETM100指数, 独DAX30指数, 香港ハンセン指数, 【先物/オプション】日経225先物, 長期国債先物, 日経平均先物SGX, フィラデルフィア半導体指数, WTI原油先物, 金, 銀, 銅先物(COMEX), 為替40通貨, 日経225オプション, TOPIX先物, ※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能 ※オプションについては, コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能

▶他のネット証券との比較は「ネット証券のツール比較表」に掲載しています。
※上記の内容は「ネット証券のツール比較」のページをもとに作成されています