楽天証券ロゴ
  • 取引ツール比較のランキング

  • 5

取引ツール比較の評価点数:16点

楽天証券のトレードツール

取引ツール機能紹介

ツール名 MARKETSPEED
テクニカル表示 21種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指数を最大4銘柄比較(スプレットの場合は2銘柄)
複数同時表示 4
同時閲覧可能銘柄 海外指標や為替情報も可能
チャートタイプ 5種類
チャートタイプ詳細 ローソク足・平均足・ポイント&フィギュア・新値足・逆ウォッチ曲線
発注関連 右クリックより発注画面へ遷移
描写ツール 5
板をダブルクリックで注文画面へ, ドラッグ&ドロップで注文できる武蔵, 信用取引でワンクリックで注文できるエクスプレス注文などがある
画面カスタマイズ マイページは, マーケットスピードのほとんどの画面を, 自由にレイアウトが可能。最大10画面まで表示可能。15ページ分設定が保存できます。
フォントの大きさ変更 7段階に変更可能
その他特徴[1] 74万人以上の利用実績
その他特徴[2] 楽天RSSによる, 株価データをEXCELでの独自管理
その他特徴[3] 20種類以上のテクニカルチャートは勿論, コメントの書き込みやオリジナルのアイコンを配置し登録しておくことができる
環境 ダウンロード型 アプリケーション
対象OS/ブラウザ 【OS】
Windows 8.1, 10【ブラウザ】
Internet Explorer 11
利用料・条件 【3ヶ月無料利用条件】
1)はじめてマーケットスピードをご利用いただく方は利用申請から3カ月間無料!
2)過去3ヶ月に国内株式(信用取引を含む)or先物オプション取引or米国株式or中国株式orカバードワラントについてお取引(約定)があること。
【原則無期限無料利用条件】
1)お預り資産残高30万円以上(前営業日の資産残高)
2)信用取引口座・先物・オプション取引口座, 楽天FX取引口座(いずれか開設済みであれば)
3)PTS取引(夜間取引)を申請した場合(PTS申請後3カ月以内にマーケットスピードを利用申請した場合)
4)お取引の約定実績 ご利用申請時点で過去3カ月以内に, 手数料の発生する商品についてお取引(約定)があること。ひとつでも該当すれば無料。
【利用料】2,500円/3ヶ月間
 情報切り替え

楽天証券の取引ツール「MARKET SPEED」

楽天証券の取引ツールは60万人が利用する超人気ツール「マーケットスピード」です。テクニカルやチャートタイプなど機能面も理由の一つですが, ニュースやチャートなどの配置の自由度や2クリックで見たい情報にたどり着けるユーザビリティの高さが好評化の理由のようですね。

今後の機能拡充にも期待!

楽天証券のトレードツールポイント2
マーケットスピードは、個別銘柄画面も充実しています。個別銘柄画面には、板情報やチャートはもちろんのこと「四季報」や「銘柄に関連したニュース」などが集約されており、快適にトレードができるようになっています。

他にも、注文ポップアップのリサイズやレイアウトの変更も可能になっており、自分好みのトレード画面を作ることができます。トレードのしやすさも投資に大切な要素の1つですから、こうした画面カスタマイズができるのも嬉しいですよね。
他社も高機能トレーディングツールを発表していますが, 「進化する取引ツール」の先駆けとして今後も機能拡充に期待しましょう!また、取引ツールとしては珍しいmacOS版も用意されている点も嬉しいです。

閲覧可能なレート

【現物】
日経225, 日経300, TOPIX, JPX日経400, JASDAQ, 日経500, 日経JASDAQ平均, 東証2部, マザーズ, JASDAQ-TOP20, 東証REIT, ダウ30種平均, ナスダック指数, NASDAQ100, S&P 500, S&P 100【先物/オプション】
<指数先物>
日経225先物(円建・ドル建), 日経225ミニ, E-mini S&P500(dollor), E-mini S&P MidCap400, E-mini S&P SmallCap600, E-mini NASDAQ-100, E-mini Dow, SGX S&P CNX Nifty Index Futures, SGX MSCI Taiwan Index Futures, SGX FTSE China A50 Index Futures
※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能 ※オプションについては, コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能
【海外指標】NYダウ・NASDAQ指数・NASDAQ100・S&P 500・S&P100
【為替】39通貨

▶他のネット証券との比較は「ネット証券のツール比較表」に掲載しています。
※上記の内容は「ネット証券のツール比較」のページをもとに作成されています