楽天証券ロゴ
  • 情報配信比較のランキング

  • 1

情報配信比較の評価点数:22点

楽天証券の情報力

ニュース・配信情報の紹介

トムソンロイター 無料
(海外ニュース・債券含む)
フィスコ 無料
ダウジョーンズ ×
時事通信 ×
モーニングスター(株式新聞) 無料
会社四季報 無料
四季報速報 無料
業績予測 IFIS予想
日経225手口情報 無料
日経QUICKニュース ×
QUICKリサーチネット 330円/月
FX wave ×
中国株ニュース ×
MarketWin24 ×
日本証券新聞 ×
サーチナ(中国版) ×
適時開示
EDINET(金融庁) ×
国内の個別企業の評価 (投資判断、目標株価など)
株主優待
 情報切り替え

ニュースも豊富ながら外部・内部アナリストレポートも魅力!

ロイター, フィスコ, モーニングスターなどの株式ニュースの情報量の豊富さもそうですが, 楽天証券の内部及び契約している外部アナリスト陣のレポートの数々もメリットの一つです。

レポートは1日3本ほど更新されており, 個別銘柄, 投信, FX, 先物などバラエティに富んだ内容です。市況は日々変化していくので、外部アナリストの鮮度の高いレポートが安定して閲覧できるのは非常に心強いのではないでしょうか。

日経テレコン(楽天証券版)が無料で利用可能!

もう1つ楽天証券の情報面で注目したいのが、「日経テレコン(楽天証券版)」が無料で使える点です。日経テレコンでは、 ・日本経済新聞(朝刊・夕刊)、日経産業新聞、日経MJなどの閲覧(3日分) ・過去1年分の新聞記事検索 ・日経速報ニュースの閲覧 が、使えるようになっています。

通常、日経新聞は有料会員にならないと閲覧できませんが、楽天証券では口座開設をするだけで、iSPEEDやマーケットスピードから閲覧できるようになります。日経新聞はビジネスだけでなく投資にも活用できるので、是非とも利用したいところです。

▶他のネット証券との比較は「ネット証券の情報配信・ニュース比較表」に掲載しています。
※上記の内容は「ネット証券の情報配信比較」のページをもとに作成されています