マネックス証券ロゴ
  • 取引ツール比較のランキング

  • 5

取引ツール比較の評価点数:16点

マネックス証券のトレードツール

取引ツール機能紹介

ツール名 マネックストレーダー
テクニカル表示 42種類
数値設定 ほぼ全てのテクニカルに適用可能
比較 銘柄・指数を最大4銘柄比較
複数同時表示 全てのテクニカルを同時表示可能
同時閲覧可能銘柄 指数や為替情報も可能
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 ローソク足(通常・変形)・バーチャート(4本値・高安終)・ラインチャート・ローソクボリューム・エクイボリューム・P&F・カギ足・練行足・新値足・逆ウォッチ曲線
発注関連
描写ツール 14
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。また訂正もドラック&ドロップで完了。一括取り消しボタンもあり。板発注機能としては◎
画面カスタマイズ 最初からいくつかパターンが用意してあり, 初心者に優しい。
フォントの大きさ変更 3段階に変更可能(小・標準・大)
その他特徴[1] 株式市況アラーム(ゴールデンクロスや大口約定など設定した条件をリアルタイムで更新)銘柄を表示してくれます。
その他特徴[2]
その他特徴[3]
環境 ダウンロード型 アプリケーション(webでのログインが必要)
対象OS/ブラウザ 【OS】 : Windows 8.1,10
【メモリ】
512MB以上
利用料・条件 無料
 情報切り替え

幅広い投資家層に対応している「マネックストレーダー」マネックス証券の

マネックス証券のトレードツールポイント1
マネックス証券の「マネックストレーダー」は、スピード注文機能や、見やすいトレーディング画面などが充実しています。特に注文方法では、「ダブルクリック注文」や「バケット注文」にも対応しています。 そのほかにも、登録銘柄のチャートや気配板を1画面に複数表示ができたり、「リアルタイムランキング & 株式市況アラーム」では、ザラ場中のさまざまな値動きをチェックできるチェック機能が充実していたりと、幅広い層の投資家にとって使いやすいツールとなっていますね!

分析機能に優れたツール「日本株版トレードステーション」

個別銘柄ニュース, 主要指標レート, チャート, 注文などのトレーディングツールとしての基本的な機能は網羅されており, スピート注文ができる点など, 他社ツールにも負けない取引ツールではありますが特徴は優れた分析能力です。

原資産価格と先物価格との差(ベーシス)の推移が見れるベーシスチャートや株価が大きく変動している銘柄を見れる株価急騰落分析, 株式接近率分析, 多彩な株式ランキングなど分析するための情報がこれでもか, と詰め込まれたツールになります。

分析大好きな投資家の方は是非一度口座開設してお試しくださいませ。

閲覧可能なレート

【現物】日経225, TOPIX, JPX400, 2部指数, 大型株指数, 中型株指数, 小型株指数, マザーズ, REAT, 旧TPX, コア30, ラージ70, TX100, TX400, TX500【先物/オプション】日経225先物, ミニ日経225先物, 日経225オプション※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能 ※オプションについては, コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能

▶他のネット証券との比較は「ネット証券のツール比較表」に掲載しています。
※上記の内容は「ネット証券のツール比較」のページをもとに作成されています