ライブスター証券ロゴ
  • 取引ツール比較のランキング

  • 10

取引ツール比較の評価点数:13点

ライブスター証券のトレードツール

取引ツール機能紹介

ツール名 livestarR2
テクニカル表示 9種類
数値設定 全てのテクニカルに適用可能
比較 ×
複数同時表示 複数ウィンドウにより最大45銘柄まで表示可能
同時閲覧可能銘柄 個別銘柄のみ(別タブでは日経225先物や各種指数が確認可能)
チャートタイプ 12種類
チャートタイプ詳細 ローソク足, ローソク足-変形, バーチャート(始,高,安,終), バーチャート(高,安,終), ラインチャート, ローソクボリューム, エクイボリューム, ポイント・アンド・フィギア, カギ足, 練行足, 新値足, 逆ウォッチ曲線
発注関連
描写ツール 9
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可能。
画面カスタマイズ 枠まではずして自由に配置設定可能でカスタマイズ性が高い。また信用・先物・OPの切替がスムーズ
フォントの大きさ変更 3段階に変更可能(小・標準・大)
その他特徴[1] チャート上に表示期間中の最高値・最安値が表示される
ライブスターS2とお気に入り銘柄連携が可能。
その他特徴[2] 注文の有効期限が最大30日まで(業界最高水準)
その他特徴[3]
環境 ダウンロード型 アプリケーション(webでのログインが必要)
対象OS/ブラウザ 【OS】windows 8.1, 10(タブレット版を除く)
【ブラウザ】Internet Explorer 11, Microsoft Edge
利用料・条件 無料
 情報切り替え

高機能でしかも無料, ライブスター証券の「livestarR2」

ライブスター証券のトレードツールポイント1
無料と聞くと「安かろう悪かろう」の取引ツールを考えてしまうかもしれませんが, ライブスター証券のトレーディングツール「livestarR2」は有料ツールに勝るとも劣らない取引ツールです。

調査した主要ネット証券7社で最多のチャート足タイプやチャート上・板情報から発注ができるなど注文系にも力を入れています。発注機能はもちろん気配比や出来高表示で現在の騰勢も把握できる発注板は、フル板にも対応しています!

投資初心者でも使いやすい機能も充実

ライブスター証券のトレードツールポイント2
そのほかにも、複数の画面を連携させて、自分が欲しい情報が凝縮された画面レイアウトも作ることが可能であったり、スマホアプリと連携可能なお気に入り銘柄登録など、無料ツールにしておくは勿体ないような利便性が備わっています!

閲覧可能なレート

【現物】日経225, TOPIX, 2部指数, 大型株指数, 中型株指数, 小型株指数, マザーズ, REAT, 旧TPX, コア30, ラージ70, TX100, TX400, TX500, スモール, T1000, 日経JQ平均, JQ指数, Jストック, Jスタンダード, Jグロス, JQT20, 業種別指数【先物/オプション】日経225先物, ミニ日経225先物, 日経225オプション, ※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能 ※オプションについては, コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能

▶他のネット証券との比較は「ネット証券のツール比較表」に掲載しています。
※上記の内容は「ネット証券のツール比較」のページをもとに作成されています