kabukabumanさんのブログ

1~20件 / 全2156件

最近書いたブログ

« 前へ 1 3 4 5 6 7
  • ブログ

    マイ・メモ(2010年 7月)

    日銀のETF買い入れ枠12兆円に対し実際の買い入れ額は6/26時点で4兆7657億円となっています。このペースだと年末までに10兆円程度買い入れる計算になりますが無理にそこまで買う必要はなく、買うという意思表示をするだけで海外勢を牽制する効果は充分あると思います。 現在日銀が保有するETFの損益分岐点はおよそ19500円と言われており含み益があるうちに上手くフェイントを掛けて外国人に買わせましょう。それとも緩和... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    マイ・メモ(2010年 6月)

    4~5月は空売りの買戻しを巻き込み、想像を超える反騰相場になりました。中でもNY市場は新型ウィルスの脅威やリーマンショックを凌ぐと言われる金融不安よりFRBの金融政策や政府による追加の財政出動さらには経済活動の再開やワクチン開発への期待が上回ったものと思われます。 <年初来高値と比較した主要株価指数の回復率(5/29現在)>NYダウ      87.1%S&P500     91.2%ナスダック     96.... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    マイ・メモ(2020年 5月)

    いよいよG.Wが始まりました。但し今年の「G」はGoldenではなくGloomy。アウトドア派の人にとっては尚更ですね。 一方「巣ごもり」は今年の流行語大賞にノミネート間違いなしでしょう。我々は何時鳥になったのかヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノアーコリャコリャヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ さて今後の株式相場ですが、私は短~中期下落、長期高騰と予想しています。因みに、教科書によると「短期」=1~3ヵ月、「長期」=1年... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    マイ・メモ(2020年 4月)

    私の投資理念➡「損をするより儲け損ねる方がマシ」(現在実行中!) 米国では歴史的な大暴落に買い向かった個人投資家が次々に退場し生き残っている投資家は恐怖で手が出せない状況だそうです。これはVIX指数の推移からも容易に想像出来ます。 VIX指数の過去最高値はリーマンショック時の81.17(2008.10.16)でしたが今回は最高値を更新し85.47(2020.3.18)まで上昇しています。しかも過去の事例では最高... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    マイ・メモ(2020年 3月)

    3月まで1週間残していますが、新型コロナウィルスによる市中感染の増加世界的な感染者の増加、さらには韓国での感染急拡大等から予想を上回る経済的な打撃が予想されるため、早めにメモを更新します。  まず最近の変化で特徴的なことは「有事の円買い」というアノマリーが崩れ始めたことです。 以前から円の信認が厚いことに疑問を感じており慢性的な誤解によるものではないかと考えていましたが新型コロナウィルス感染の流行を機に、世界の... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    マイ・メモ(2020年 2月)

    マイ・メモ(2020年前半その①)では今年の株価に影響を与えそうな事象を幾つか挙げ①米大統領選挙 ②世界的に金融緩和の流れが継続③世界経済の見通しは緩やかな上昇(IMF・OECD)④アベノミクス仕上げの年 ⑤外交問題 ⑥中東の地政学的リスク⑦MMFの残高が高水準(3.6兆ドル)ダウも日経平均も年前半に高値を付けると予想していました。 しかしながら新型コロナウイルス感染症の発生という予期せぬ事態が起こりしかも何よ... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    マイ・メモ(2020年 1月)

    新年明けましておめでとうございます。 米国のイラン攻撃で、大発会は「円高・株安」スタートになりそうですね。ただ個人的には「前半強気・中~後半慎重・終盤強気」の予想です。 実は2020年の株式市場予測をおよそ1時間以上かけて書き綴っていましたがあと2~3行というところで全て消えてしまいガッカリしています。 そこで詳しい解説は随時付け加えることにして2020年の株式市場に影響を及ぼしそうな要素を重要度が高いと思うも... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    2019年大納会(一年間お疲れ様でした!)

    7月8日に投稿した「マイ・メモ(2019年後半その②)」で予想した年末ダウ30000ドルと大納会の日経平均24000円超えは厳しくなりましたが取り敢えず何れも12月に年初来高値(日経平均=24091円)を更新したので年末高予想は当たらずも遠からずだったと思います。 ただ半年先の予想が当たっても、週単位や月単位の予想が外れると持ち株を回転させる個人投資家は思う様に利益を上げることが出来ません。因みに澤上さんが「個... ...続きを読む

    タグ:投資の基本 
  • ブログ

    今週は2019年最後のMSQ(売り崩しに注意)

    今週は週末に今年最後のMSQを控え外資系証券による売り崩しに注意が必要だと思います。 個人的にはG.Sのオプション手口を参考に12月SQ予想値を22750円~23500円(中央値:23125円)と予想しています。 ①米中貿易協議がギリギリまで難航することが予想される②北朝鮮に焦りの色が見えることから 日本を取り巻く地政学的リスクを下げ材料に利用される可能性が高い 以上の理由から、今週は23000円割れを視野に入... ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    日経平均が幾ら上昇しても個人投資家は蚊帳の外

    最近年初来高値を更新する銘柄が相次いでいるにも関わらず大半の個人投資家は儲かっていないという記事をよく目にします。 その理由として考えられることは①個人投資家中心のマザーズ指数が、2018年2月を天井に下げ続けている②個人投資家は逆張りが多く、強い相場では順張りの海外勢が圧倒的に有利③N/T倍率が13.7%という27年ぶりの高水準(10%が過去の平均値) つまり強さを感じるのは日経平均ばかりで、TOPIXも後れ... ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    マイ・メモ(2019年後半その③)

    今年の株式相場も余すところ一か月半になりました。日経平均ばかり上昇して個人は全く儲かっていないという報道もありますが儲かっている人も損をしている人も、笑って一年を締め括りたいものです。 さて日米共に長期金利が上昇しています。従って最近の株高は「債権売り➡株買い」が大きな要因だと思われます。 一般的に金利と株価は逆相関の関係にあると言われますが金利が上昇したとはいえまだまだ低金利状態です。(日欧はマイナス金利)そ... ...続きを読む

    タグ:マイ・メモ 
  • ブログ

    世界の株価、史上最高値更新まであと1%

    [日経新聞 2019/11/9 19:00] 世界の株価が最高値にあと1%余りに迫っている。株高を後押しするのは超低金利が市場や実体経済を支える「適温相場」再来の期待だ。株式、商品など各資産に流入する緩和マネーが市場の変動を抑え、それがさらに資金を呼び込む好循環に入っている。ただ債券市場ではマイナス利回りが依然として広がり、楽観ムードが強まる株式市場とは温度差がある。世界景気が減速し、米中貿易交渉が予断を許さな... ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    4Kテレビの画面が暗いというクレームが続出する可能性

    先日東洋経済オンラインに4Kテレビの画面が暗いという記事が紹介されました。https://toyokeizai.net/articles/-/311180 どうやら各メーカーが技術的な問題を克服しないまま発売した可能性があり特に4Kチューナーが内蔵されていない4K対応テレビにチューナーを接続するとさらに... ...続きを読む

    タグ:余談 
  • ブログ

    中国経済は思いの外深刻な状況へ

    Bloomberg News    2019/09/16 12:53     中国経済は8月にさらに減速し、現行の景気刺激策では対米貿易戦争による悪影響から自国経済を守るのに十分でない可能性があることが示唆された。 8月の工業生産は前年同月比4.4%増と、予想中央値の5.2%増を下回った。小売売上高は同7.5%増加。市場予想は7.9%増だった。1-8月の都市部固定資産投資は前年同期比5.5%増に伸びが鈍化。予想... ...続きを読む

    タグ:中国 
  • ブログ

    一旦逃げ場か?

    NY連騰と円安で東京市場も連日堅調ですがFOMC(17日~18日)、ECB理事会(12日)日銀金融政策決定会合(18日~19日)等を控えそろそろ様子見姿勢が強まると思います。 またFRBの予防的利下げ?も織り込み済みと考えられており各イベント終了後の株価は調整へ向かう可能性が高いと推察します。。 取り分け東京市場は日銀の金融政策にサプライズが期待出来ないことや内閣改造が新鮮味に欠けたことから海外勢の売りに要注意... ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    典型的な過剰流動性相場

    FRBパウエル議長の議会証言を受け利下げ期待が再燃しダウは史上初の27000ドルを突破! 「株、金、原油、ビットコイン」が揃って値上りし典型的な過剰流動性相場の様相を呈して来ました。 こうなると年末のダウ30000ドル超えは射程圏内だと思います。 一方日銀も追加緩和に踏み切れば日経平均は25000円を目指す展開になりそうです。   ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    マイ・メモ(2019年後半 その②)

    株式相場もいよいよ後半戦に突入しましたが、私の予想は年末高です。(日経平均24000円~25000円、ダウ30000ドル超え)昨年はクリスマスが底という予想がマグレで当り 今年は年末高を予想していますが、さてどうなりますか。 年末高を予想する根拠はざっくりですが悪材料出尽くしと、先進国の中銀が金融緩和を意識していることです。 因みに、米中貿易戦争は米国の次期大統領が決まるまで前進も悪化もないと考えています。つま... ...続きを読む

  • ブログ

    G20後の相場予測

    G20も無事?(無難)に終わり、株式市場が次に注目するのは。。。 ①米国では7月0.25%、年内0.5%利下げ観測がほぼ100%に達するそうです しかしFRBは依然慎重に見守るとしか発言しておらず 一部の連銀総裁からは、早急な利下げの準備は出来ていないとして 市場に対し過剰な利下げ期待を鎮める様な発言も出ています 従って7月の利下げ確度は50%以下だと予想しています ②米中首脳会談は通商交渉の継続で纏まったもの... ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    過去の中東紛争と株価の推移(但し今回は・・・)

    中東の紛争は原油価格上昇のリスクを孕んでいるだけに他の地域の紛争に比べ、世界経済に与える影響が大きいことは周知の事実です。 従って株価も敏感に反応し易く例えば湾岸戦争が勃発した当時のダウはイラクがクウェートに侵攻した8月初旬から約2ヵ月間で18%下落し同期間の原油価格は2倍に急騰しました。 ドル円相場はmax120円でしたが、日経平均はバブル崩壊途上にあり同じ2ヶ月間で3万円から2万円と33%も下落しています。... ...続きを読む

    タグ:相場予測2019 
  • ブログ

    対北米輸出比率が高い銘柄は為替差損に注意

    円高が進んでいます。ドル円相場は米国の年内利下げ観測から108円台で推移していましたが中東の地政学的リスクが高まったため107円台に居場所を変え今週の終値107.31円は日中平均で1月初旬の107.66円を超え年初来高値を更新しました。(6/21の最高値107.04円) 米国とイランの対立は原油相場が絡むだけに世界経済に与える影響が大きいという判断から安全資産?の円がかなり買われている様です。 また両国の対立が... ...続きを読む

    タグ:〇〇関連 
« 前へ 1 3 4 5 6 7