武田薬品工業のニュース

武田薬品工業のニュース一覧

今週の【日経平均】2月12日~15日『米中通商協議の進展期待から21000円回復する場面も、景気減速懸念強まる』

投稿:2019/02/17 09:47
【3日ぶり大幅反発、円安など好感して500円超高】12日(火)

■概況■20864.21、+531.04
12日(火)の日経平均は3日ぶり大幅反発。日本の3連休中に米NYダウは続落したが、春節(旧正月)の連休明けの中国・上海総合指数は堅調だった。また為替市場では1ドル=110円台半ばまで円安が進み、本日の日経平均は109円高からスタートすると、寄り付き後も先物主導で上げ幅を広げる展開となった。後場に入ると米株価指数先物の上昇を受けて一段高となり、引けにかけて20885.88円(前週末比552.71円高)まで上昇する場面があった。決算が好感された銘柄を中心に個別物色も活発だった。

大引けの日経平均は前週末比531.04円高の20864.21円となった。東証1部の売買高は14億6075万株、売買代金は2兆7657億円だった。業種別では、繊維製品、機械、倉庫・運輸関連業が上昇率上位で、その他も全般堅調。下落したのは石油・石炭製品、不動産業の2業種のみだった。東証1部の値上がり銘柄は全体の84%となった。


◆注目銘柄◆
日経平均寄与度の大きいソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>のほか、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、キーエンス<6861>などが堅調。ZOZO<3092>は10%超高と急反発した。好決算の太陽誘電<6976>や日カーボン<5302>はストップ高水準まで上昇し、電子部品の村田製<6981>、黒鉛電極の東海カーボ<5301>や昭電工<4004>にも買いが波及した。その他決算発表銘柄では長谷工<1808>などが急伸し、ルネサス<6723>はストップ高を付けた。

一方、レーティング引き下げ観測の任天堂<7974>は小安い。ソニー<6758>や武田薬<4502>も利益確定売り優勢だった。資生堂<4911>は決算が市場予想を下回り軟調。自社株買いを発表したJXTG<5020>は材料出尽くし感から5%近く下落した。また、レオパレス21<8848>は連日で売り気配のままストップ安比例配分となった。


--------------------------------------

【大幅続伸、米中株高を好感して21000円台回復】13日(水)

■概況■21144.48、+280.27
13日(水)の日経平均は大幅続伸。12日の米国市場でNYダウは5日ぶりに反発し、372ドル高となった。与野党が連邦政府の新予算案で基本合意し、政府機関の閉鎖回避への期待が広がったほか、米中の通商協議が進展しているとの期待も高まった。本日の日経平均は米株高を好感して節目の21000円台を回復してスタートすると、寄り付き後も上げ幅を広げる展開となった。中国株高も支援材料となって後場の寄り付き直後に21213.74円(前日比349.53円高)まで上昇する場面があり、その後は高値もみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比280.27円高の21144.48円となった。終値としては昨年12月18日以来、およそ2カ月ぶりに21000円台を回復した。東証1部の売買高は14億1320万株、売買代金は2兆7221億円だった。業種別では、鉱業、石油・石炭製品、ゴム製品が上昇率上位だった。一方、電気・ガス業、パルプ・紙など4業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の63%となった。


◆注目銘柄◆
売買代金トップのソフトバンクG<9984>が5%近い上昇となり、日経平均を約56円押し上げた。その他売買代金上位ではソニー<6758>、任天堂<7974>、太陽誘電<6976>、武田薬<4502>などが堅調で、村田製<6981>やトヨタ自<7203>は小高い。SUMCO<3436>は5%超、資生堂<4911>は4%超上昇した。前日の決算発表銘柄では国際帝石<1605>が商いを伴って急伸。また、日カーボン<5302>は決算を好感した買いが続き、連日でストップ高を付けた。

一方、ZOZO<3092>は戻り待ちの売りに押され3%超の下落。ファーストリテ<9983>は小安く引けた。決算発表銘柄では東海カーボ<5301>が材料出尽くし感から売り先行となり、楽天<4755>は朝高後マイナスに転じた。また、レオパレス21<8848>は3日ぶりに取引時間中に売買成立したが、結局ストップ安水準まで下落して取引を終えた。


--------------------------------------

【3日ぶり小反落、短期的な達成感が優勢に】14日(木)

■概況■21139.71、-4.77
14日(木)の日経平均は3日ぶり小反落。前日の米国株式相場では、トランプ大統領が米中交渉の期限延長に言及したことから協議進展が期待されるなか、同氏は米与野党が合意した予算案にも署名する公算も高まり、NYダウ・ナスダック指数ともに上昇。1月の米消費者物価コア指数が市場予想を上振れたことからもドル買いの側面が強まり、東京市場の寄付前に為替相場では1ドル=111円を回復する場面もみられた。これを受けて、朝方の日経平均は買い先行でスタートした。ただ、買い一巡後はマイナス転じ、その後は前日終値水準を挟んでの推移が続いた。英議会におけるEU離脱案の修正分の審議採決などを控え、前日から昨年12月18日以来およそ2カ月ぶりに日経平均が21000円を回復したことから、積極的に上値を追う動きは鈍くなり、短期的な達成感が優勢となった。

大引けの日経平均は前日比4.77円安の21139.71円となった。東証1部の売買高は13億4517万株、売買代金は2兆2598億円だった。


◆注目銘柄◆
売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、武田薬<4502>、ファーストリテ<9983>、東海カーボ<5301>が上昇。一方で、国内証券による投資評価引き下げを受けたレオパレス21<8848>が11%安となったほか、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、東エレク<8035>、村田製<6981>などは軟調。


--------------------------------------

【大幅続落、米経済・政治懸念で売り】15日(金)

■概況■20900.63、-239.08
15日(金)の日経平均は大幅続落。14日の米国市場ではNYダウが3日ぶりに反落し、103ドル安となった。12月小売売上高が9年ぶりの大幅減少となったことなどから、景気の先行き懸念が広がった。為替は1ドル=110円台前半と前日より円高方向に振れ、本日の日経平均はこうした流れを嫌気して88円安からスタートした。トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設のため非常事態宣言に踏み切る方針と伝わったこともあり、日経平均は朝方に一時20853.33円(前日比286.38円安)まで下落すると、その後安値もみ合いが続いた。

大引けの日経平均は前日比239.08円安の20900.63円となった。東証1部の売買高は12億7782万株、売買代金は2兆2326億円だった。業種別では、非鉄金属、サービス業、機械が下落率上位だった。一方、電気・ガス業、鉱業、水産・農林業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の62%となった。


◆注目銘柄◆

ソフトバンクG<9984>が利益確定売りに押され4%超安となり、日経平均を約53円押し下げた。その他売買代金上位も任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>など全般軟調で、武田薬<4502>やトヨタ自<7203>は小安い。決算発表銘柄では昭電工<4004>が4%超安。今期業績見通しが市場予想に届かず、東海カーボ<5301>なども連れ安となった。トレンド<4704>や電通<4324>も決算を受けて急落。また、インターアク<7725>やマイネット<3928>はストップ安水準まで売られた。

一方、売買代金上位ではソニー<6758>が小幅ながらプラスを確保した。スルガ銀<8358>は商いを伴って急伸し、一時ストップ高。足元の預金流出の落ち着きや一部証券会社の格上げ観測が買い材料視されたようだ。他の決算発表銘柄では学研HD<9470>などが大きく買われ、エムアップ<3661>などはストップ高水準で取引を終えた。


--------------------------------------



<FA>
配信元: フィスコ
  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

21,685.90

+42.37

TOPIX

1,576.31

-2.32

JASDAQ

150.55

-1.25

米ドル/円

107.85

-0.07

ユーロ/円

121.46

-0.03

WTI原油

59.58

-0.63

NY金

1,413.5

+1.30

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介