武田薬品工業のTOP

武田の参考指標

始値4,059.0円
高値4,080.0円
安値4,042.0円
配当利回り2.25%
単元株数100株
PER(調整後)33.64倍
PSR3.58倍
PBR3.12倍
出来高1,429,600株
時価総額6,352,354百万円
発行済株数1,565,004千株
株主優待 ---
購入金額 最安---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2018年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
4,910 円
現在株価との差

+851.0 

理論株価

(04/19)

2,964 円
割高

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
6 7 0 0 0
  • ニュース

    【売り】武田薬品工業:今は割高!? 値下がり目立つが…

    今は買わない方が安心? 4月に入ってから同社株の値下がりが目立ちます。とはいえ、もともと同社株の予想PERは30倍を超えており、高めの水準でした。2月に発表した第三四半期決算も減益で着地するなど、業績も伸び悩んでいます。中長期では株価が伸び悩むと考えられます。引き続き、動向には注意しておきましょう。同社のような株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追い ...続きを読む
  • ニュース

    【↓】日経平均 大引け| 6日ぶり反落、目先の利益確定売りが表面化 (4月18日)

    日経平均株価 始値  22274.13 高値  22305.63(09:01) 安値  22058.39(14:56) 大引け 22090.12(前日比 -187.85 、 -0.84% ) 売買高  11億8826万株 (東証1部概算) 売買代金 2兆2288億円 (東証1部概算) ------------------------------------------------------ ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、ソフトバンクGが1銘柄で約28円押し下げ

    18日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり35銘柄、値下がり189銘柄、変わらず1銘柄となった。18日の日経平均は6営業日ぶりの反落となった。前日の米国株式市場では、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、一部地域での経済成長が確認されたが、1-3月期決算を見極めたいとの思惑から主要3指数が揃ってマイナスに。本日の東京市場は朝方は小動きでのスタートを切った後、海外のイースター(復活祭) ...続きを読む
  • ニュース

    東証業種別ランキング:医薬品が下落率トップ

    医薬品が下落率トップ。ほぼ全面安となるなか、時価総額上位では武田薬や第一三共などの下げが目立った。そのほか、精密機器やパルプ・紙、金属製品なども安い。一方、輸送用機器が上昇率トップ。ゴム製品と鉱業も小幅ながら上昇している。業種名/現在値/前日比(%)1. 輸送用機器 / 2,833.44 / 0.642. ゴム製品 / 3,218.52 / 0.093. 鉱業 / 299.99 / 0.034. ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均は6営業日ぶり反落、海外休場控え利益確定が優勢に

    18日の日経平均は6営業日ぶりの反落となった。前日の米国株式市場では、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、一部地域での経済成長が確認されたが、1-3月期決算を見極めたいとの思惑から主要3指数が揃ってマイナスに。本日の東京市場は朝方は小動きでのスタートを切った後、海外のイースター(復活祭)の連休を明日以降に控えた海外勢によるフローも限られるなか、前日までの日経平均5営業日続伸を受けた利益確定の動 ...続きを読む
  • ニュース

    後場の日経平均は159円安でスタート、キヤノンや武田薬などがさえない

    [日経平均株価・TOPIX(表)]日経平均;22118.26;-159.71TOPIX;1619.10;-11.58[後場寄り付き概況] 後場の日経平均は前日比159.71円安の22118.26円と前引けから下げ幅を拡大して取引を開始した。午前の日経平均は6日ぶり反落。225先物はランチタイムにかけて22080円-22180円のレンジで推移。アジア株も軟調。この流れから、後場の日経平均は下げ幅を拡 ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は6日ぶり反落、ソフトバンクGやテルモなどが値下がり寄与上位に

    18日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり62銘柄、値下がり157銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は6日ぶり反落。105.24円安の22172.73円(出来高概算6億1127万株)で前場の取引を終えた。前日の米国株式市場では、1-3月期決算を見極めたいとの思惑や、米民主党が提案する国民皆保険制度を巡って医療関連銘柄が下落しており、終日揉み合う展開となった。地区連銀経済報告(ベージ ...続きを読む
  • 買い予想

    買い予想 長期 目標株価4,750円

    予想株価
    4,763円
    現在株価との差 +704 (+17.34%) 
    登録時株価
    4,087.0円
    獲得ポイント
    -2.36pt.
    収益率
    -0.80%
  • ニュース

    後場に注目すべき3つのポイント~海外休場控え利益確定の動き

    18日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は6日ぶり反落、海外休場控え利益確定の動き・ドル・円は弱含み、日本株安で円売り縮小・値下がり寄与トップは、ソフトバンクグループ、同2位はテルモ■日経平均は6日ぶり反落、海外休場控え利益確定の動き日経平均は6日ぶり反落。105.24円安の22172.73円(出来高概算6億1127万株)で前場の取引を終えた。前日の米国株式市場では、1- ...続きを読む
  • ニュース

    武田薬が7日続落、米ヘルスケア関連株下落を受け「医薬品」が値下がり率トップに◇

     武田薬品工業が7日続落と下値模索の動きにあるほか、大日本住友製薬、塩野義製薬、久光製薬、持田製薬など医薬品株が総じて軟調。前引け時点の業種別騰落率で「医薬品」は33業種中、値下がり率トップに売り込まれた。相場全般は米国でのハイテク株高や為替の円安などを背景に半導体関連などを中心とした輸出セクターに上値追いの動きが顕在化しているが、その一方でディフェンシブセクターである製薬会社はポジション調整の売 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

22,215.73

+125.61

TOPIX

1,620.03

+5.05

JASDAQ

154.43

+0.37

米ドル/円

111.99

+0.03

ユーロ/円

125.82

+0.12

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介