日経平均は大幅続落、一時600円近い下落、日米で金融政策に警戒感

配信元:フィスコ
投稿:2022/01/14 15:58
日経平均は大幅続落。13日の米国市場でNYダウは3日ぶりに反落し、176ドル安となった。ブレイナード連邦準備理事会(FRB)理事の議会証言を受けて金融引き締めへの警戒感が強まり、ハイテク株を中心に売りが出た。本日の日経平均はこうした流れを引き継ぎ242円安からスタートすると、日銀についても一部報道で政策変更への思惑が広がり、前引けにかけて27889.21円(前日比599.92円安)まで下落する場面があった。
ただ、後場に入ると日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ観測を支えに下げ渋った。

大引けの日経平均は前日比364.85円安の28124.28円となった。なお、オプション1月物の特別清算指数(SQ)は28266.57円。東証1部の売買高は14億0815万株、売買代金は3兆4410億円だった。業種別では、サービス業、不動産業、機械が下落率上位で、その他も全般軟調。一方、海運業、水産・農林業、小売業の3業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の73%、対して値上がり銘柄は23%となった。

個別では、売買代金トップのレーザーテック<6920>が2%超下落したほか、キーエンス
<6861>やリクルートHD<6098>といった値がさグロース(成長)株の下げが目立った。その他売買代金上位もトヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>
など全般軟調で、東エレク<8035>は小安く引けた。決算発表銘柄では久光薬<4530>などが急落。また、日立<6501>による保有株売却が伝わった日立建機<6305>は東証1部下落率トップとなった。一方、ファーストリテ<9983>が8%の上昇となり、7&iHD<3382>は5%近い上昇。ともに堅調な決算が買い安心感につながったようだ。郵船<9101>
や川崎船<9107>といった海運株はしっかり。乃村工芸<9716>や竹内製作<6432>は決算が好感されて急伸した。また、ワールド<3612>による子会社化が発表されたナルミヤ<
9275>は買い気配のままストップ高比例配分となった。
<HK>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
5,261.0
(15:00)
+21.0
(+0.40%)
1,145.0
(15:00)
+25.0
(+2.23%)
3,600.0
(15:00)
+75.0
(+2.13%)
5,956.0
(15:00)
-63.0
(-1.05%)
3,005.0
(15:00)
+54.0
(+1.83%)
2,914.0
(15:00)
+64.0
(+2.25%)
6,290.0
(15:00)
-8.0
(-0.13%)
12,835.0
(15:00)
-120.0
(-0.93%)
60,050.0
(15:00)
-650.0
(-1.07%)
27,100.0
(15:00)
+330.0
(+1.23%)
2,278.5
(15:00)
-6.0
(-0.26%)
58,440.0
(15:00)
+930.0
(+1.62%)
8,660.0
(15:00)
+290.0
(+3.46%)
6,980.0
(15:00)
+410.0
(+6.24%)
1,002.0
(15:00)
+29.0
(+2.98%)
68,180.0
(15:00)
+790.0
(+1.17%)
5,355.0
(15:00)
-132.0
(-2.41%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介