マザーズ指数は大幅続落、引けにかけ一段安、ギフティが急落

投稿:2019/10/10 16:06
 本日のマザーズ指数は大幅続落となった。前日の米国株式市場で主要3指数は揃って大幅に反発したが、朝方に米中貿易問題を巡る次官級協議に関して、「2日間の議論では主要な問題点について進展がなかった」と伝わると、個人投資家のセンチメントにも影響を与え、マザーズ市場には朝方から売りが先行した。今晩から始まる米中閣僚級協議を前に、関連ニュースフローに東京市場が一喜一憂するなか、マザーズ銘柄に対する押し目買いの動きは鈍かった。時価総額上位銘柄を中心として後場に一段安となるなか、マザーズ指数は引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。なお、売買代金は概算で686.99億円。騰落数は、値上がり74銘柄、値下がり208銘柄、変わらず14銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、直近IPO銘柄のギフティ<4449>や前日の決算が嫌気されたスタジオアタオ<3550>が10%安になったほか、決算を明日に控えるチームスピリット<
4397>や材料のあったエヌ・ピー・シー<6255>がそれに続いて大幅安に。配当予想の増額修正や自社株買いが朝方に好感されたエヌ・ピー・シーに対しては、朝方の買い一巡後に利食い売りが優勢になった。売買代金上位では、AI CROSS<4476>、そーせい<4565>、サンバイオ<4592>、ブシロード<7803>、メルカリ<4385>、UUUM<3990>、ロゼッタ
<6182>、オンコリス<4588>が軟調。一方で、レアジョブ<6096>が6%高になったほか、HENNGE<4475>、ミクシィ<2121>、Sansan<4443>、GNI<2160>、ホープ<6195>が上昇。
<SK>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,111.0
(11:29)
+28.0
(+1.34%)
1,742.0
(11:30)
-32.0
(-1.80%)
653.0
(11:30)
+26.0
(+4.15%)
4,710.0
(11:30)
+50.0
(+1.07%)
2,256.0
(11:30)
-19.0
(-0.84%)
4,110.0
(11:30)
-20.0
(-0.48%)
1,461.0
(11:29)
-55.0
(-3.63%)
1,533.0
(11:28)
-59.0
(-3.71%)
2,034.0
(11:30)
+18.0
(+0.89%)
2,245.0
(11:30)
+49.0
(+2.23%)
1,946.0
(11:30)
+27.0
(+1.41%)
3,915.0
(11:30)
-75.0
(-1.88%)
2,821.0
(11:30)
-31.0
(-1.09%)
3,335.0
(11:30)
-90.0
(-2.63%)
6195
4,660.0
(11:30)
+200.0
(+4.48%)
342.0
(11:30)
-19.0
(-5.26%)
3,885.0
(11:30)
+170.0
(+4.58%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.8 24.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介