TAROSSAさんのブログ

1~20件 / 全5862件

最近書いたブログ

« 前へ 1 3 4 5 6 7
  • ブログ

    住友商事がコロナ等の影響で1千億円程度の最終利益減少の可能性

    住友商事は、新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格の下落などの影響で、令和2年3月期の連結最終利益(従来予想は3千億円)が、1千億円程度減少する可能性があると発表したそうです。 新型コロナ感染拡大などを理由とした需要減少の懸念から原油価格が急落したため、米国での石油・ガス掘削用パイプなどの鋼管事業で、減損損失や在庫評価損を計上する可能性が高まったようです。さらに、自動車販売などの輸送機・建機事業、銅鉱山事業など... ...続きを読む

  • ブログ

    通信各社が緊急事態宣言で店舗の営業時間を短縮

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の発令を受けて、通信各社は7日、店舗の営業時間を短縮すると発表したそうです。ソフトバンクは東京や大阪など7都府県の対象地域の計1245店で、8日から5月6日まで午後4時までに営業時間を短縮し、他の一部地域でも短縮営業を行うとのことです。 NTTドコモは全国の店舗で原則午後4時までの短縮営業に変更するそうです。コールセンターで出社する社員を減らすなどの対応もとる... ...続きを読む

  • ブログ

    ANAの客室乗務員らが医療用ガウンの縫製支援へ

    ANAホールディングス(HD)が、新型コロナウイルスの感染拡大で休業中の客室乗務員らを活用して医療用ガウンの縫製に乗り出すようです。医療現場では今後、ガウンなどの医療機材が不足する懸念があり、加藤勝信厚生労働相は7日に経団連会長らとの会談で異業種による支援を呼びかけていたそうです。 ANAHDでは、新型コロナの影響で運休や減便が相次ぎ、客室乗務員6400人が4月1日から1年間交代で休業し、空港で業務に当たる職員... ...続きを読む

  • ブログ

    武田薬品が新型コロナ治療薬開発で米社と提携

    武田薬品工業は、開発中の新型コロナウイルスの治療薬に関し、米製薬会社のCSLベーリングなどと提携したそうです。武田が開発する治療薬はヒトの血液由来のもので、武田とCSLベーリングはこの分野の世界大手であり、両社が組むことで血液の収集など開発を加速させるようです。 提携にはこのほか英国やドイツ、スイスなどの製薬会社が参加して、いずれもヒトの血液を採取し、治療薬をつくる「血漿(けっしょう)分画製剤」を得意とするそう... ...続きを読む

  • ブログ

    マクドナルドの3月の既存店売上高が4年4カ月ぶり減少

    日本マクドナルドホールディングス(HD)は、3月の既存店売上高が前年同月比0.1%減になったと発表したそうです。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や営業時間の短縮が響き、微減ながら平成27年11月以来、4年4カ月ぶりの前年割れとなったそうです。 客数は7.7%減で、3月下旬の落ち込みが特に大きかったとのことです。一方、学校の休校措置により家族連れでの来店や持ち帰りの需要が増えたことで、客単価は8.3%増と... ...続きを読む

  • ブログ

    新型コロナでオンライン授業増加し携帯3社が学生通信費一部無償

    新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン授業などの利用が増えていることを受け、NTTドコモなど携帯電話大手3社は、25歳以下が利用するスマートフォンなどのデータ通信プランの追加料金を一部無償化するそうです。本日、総務省からの要請を受け、決定したようです。 新型コロナの影響で多くの大学が4月下旬以降に通常の授業開始を遅らせており、当面はオンラインでの遠隔授業を予定しているそうです。ただ、下宿暮らしなどで通信量が無... ...続きを読む

  • ブログ

    ANA社長がコロナ入国制限の拡大で航空業界は年間減収2兆円に

    新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が、航空会社の経営に大きな打撃を与えているようです。入国制限や国内移動の自粛で需要が大幅に落ち込み、路線の縮小が止まらないようです。国内航空最大手の全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスの片野坂真哉社長は2日までに、国内航空業界全体の年間の減収が2兆円に達するとの見通しを示し、雇用への影響も表面化し、戦後最大の逆風を「厳しい覚悟」で臨む構えのようです。 国内の航空会社で... ...続きを読む

  • ブログ

    百貨店大手5社の3月売上高はコロナで「過去最大の落ち込み」

    大手百貨店5社が1日発表した2020年3月の売上高(既存店ベース、速報値)は全社が前年同月実績を3~4割下回ったそうです。新型コロナウイルスの感染拡大によって、訪日外国人(インバウンド)の需要が激減し、東京都などによる外出自粛要請を受けた時短営業や臨時休業も影響したようです。 全社の売上高が2019年10月以降、6カ月連続で前年同月を下回ったそうです。大丸松坂屋百貨店は43%減、高島屋は35.1%減、三越伊勢丹... ...続きを読む

  • ブログ

    トヨタに続きスズキがインドで人工呼吸器・マスク・防護服を生産

    日本の自動車メーカーが海外で人工呼吸器やマスクなどの生産に乗り出しているようです。新型コロナウイルス感染拡大による供給不足に対応するためで、米国でのトヨタ自動車に続き、スズキもインドの現地子会社マルチスズキが現地メーカーのAgVa Healthcare社と組み、月1万台のペースで人工呼吸器の共同生産を目指すそうです。 インド政府の要請を受け、マルチスズキは3月28日、人工呼吸器を生産すると発表したそうです。また... ...続きを読む

  • ブログ

    三菱UFJが海外銀行株下落で3600億円の損失計上

    三菱UFJフィナンシャル・グループは、令和2年3月期連結決算で約3600億円の損失を計上するそうです。新型コロナウイルスの世界的な流行に伴い、海外の傘下銀行の株価が大きく下落し、ブランド価値に当たる「のれん代」の一括償却を迫られたようです。 インドネシアの「バンクダナモン」に関わる特別損失が確定したことに加え、タイとフィリピンの銀行でも計約1500億円の損失を計上するそうです。 三菱UFJは2月、令和2年3月期... ...続きを読む

  • ブログ

    「いきなり!ステーキ」の経営に黄信号?

    立ち食いスタイルで話題を呼んだステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの経営に黄信号がともったようです。以前ブログにも書きましたが、25日、令和元年12月期の有価証券報告書に、「企業が今後も活動を続けられる」という前提に「疑い」が生じたことを示す「継続企業の前提に関する注記」を記載すると発表しました。店舗網の急拡大で来店客を奪い合う事態に陥って業績が低迷し、そこに、新型コロナウイルスショ... ...続きを読む

  • ブログ

    日本郵政、NTT等通信大手も入社式全面中止で入社後は在宅勤務

    日本郵政グループは4月1日入社予定の新入社員約4300人が参加する予定だった入社式を中止し、オンラインなどでの代替手段も講じないことを決めたそうです。新入社員研修も例年は都内の研修センターに集め、職種ごとに一堂に会して実施していましたが、今年は地域ごとにグループ会社の支社や郵便局の会議室などに分散させて少人数で行うことになったそうです。 NTTやNTTドコモ、KDDIなどの通信大手も軒並み、入社式は中止し、各社... ...続きを読む

  • ブログ

    12月期決算企業の株主総会がピークを迎え感染拡大で対応に苦慮

    12月期決算企業による株主総会の開催が27日にピークを迎えたそうです。新型コロナウイルスの感染が拡大し、首都圏の住民が不要不急の外出を控えるよう求められる中、各社とも対応に苦慮しており、会場に来ないよう呼びかけたり、内容を簡素にしたりするなど、あらゆる知恵を絞って感染リスク低減に努めたようです。 日本企業の多くは決算日から3カ月以内に総会を開催しており、3月に総会を開くのは400社以上で、全上場企業の1割強に相... ...続きを読む

  • ブログ

    新型コロナで135社が下方修正し売上高、利益1兆円消える

    東京商工リサーチは27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、上場企業135社が同日正午時点で業績予想を下方修正し、売上高と最終利益の引き下げ額の合算がいずれも1兆円を超えたと発表したそうです。金融市場の混乱や需要の急減に伴い、幅広い業種に悪影響が及んでいるようです。 売上高の下方修正の合計額は1兆1944億円、最終利益は1兆1177億円だそうです。いずれも石油元売り最大手JXTGホールディングスが最大で、令和... ...続きを読む

  • ブログ

    吉野家が外出制限支援で個数制限なしに持ち帰り牛丼を値引き

    牛丼チェーン大手の吉野家は、27日午前10時から牛丼の持ち帰りの税抜き価格を74円値引きする取り組みを始めると発表したそうです。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて東京都が外出自粛の呼びかけを行ったことで、スーパーなどでの食品の買い占めが起きている状況などを踏まえ、食事の支援策を拡充することにしたとのことです。 今回の値引きにより、「牛丼並盛」の持ち帰りの場合の税込み価格は380円から300円になるそうです。... ...続きを読む

  • ブログ

    NTTがゼンリンと資本業務提携しスマートシティーなど協力へ

    NTTは、ゼンリンが実施する第三者割当による自己株処分を引き受けることにより、同社の普通株7.32%を取得すると発表し、ゼンリンは約45億円を調達するそうです。 資本業務提携を結ぶことで、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の活用が広がる時代に向け、自動運転、スマートシティーの分野で協力するなど、地図の高度化に取り組むとのことです。 NTTは24日、トヨタ自動車とスマートシティー事業で継続的な協業関... ...続きを読む

  • ブログ

    ペッパーが新型コロナで売上減少し継続企業の前提に関する注記

    ステーキ店「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは、2019年12月期の有価証券報告書に、投資家に注意を促す「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン)」を記載するそうです。新型コロナウイルスの感染拡大で3月以降の来店客数が減り、売上高も減少しているとのことです。 ペッパーは13日に20年12月期の業績予想を未定にすると発表していたそうです。いきなり!ステーキは既存店売上高の減少が続いて... ...続きを読む

  • ブログ

    ファミマが新型コロナ緊急対策でおむすびとファミチキが100円

    ファミリーマートは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「生活応援策」に取り組むと発表したそうです。 活気ある日常を取り戻すために何ができるのかを社内で議論した結果、各種セールを期間限定で実施することにしたそうです。 具体的には、3月25~28日におむすびを100円(税込)で販売(160円以上の場合は150円)し、3月31日~4月6日にはファミチキを100円で販売するそうです。4月7日以降も、総菜ブランド「お母... ...続きを読む

  • ブログ

    コロナ拡大で上場79社が業績予想を下方修正し5553億円減収

    新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、業績予想を下方修正する上場企業が相次いでいるようです。帝国データバンクの集計によると、ホテルなどサービス業や製造業を中心に17日時点で下方修正した企業は79社で、売上高の減少額は計5553億円に上ったそうです。世界規模で状況が日々悪化しており、企業業績への影響はさらに広がっていきそうです。 コロナの影響が深刻化した2月以降の開示情報を集計した結果とのことです。 帝国データの... ...続きを読む

  • ブログ

    セブンが休校支援策として学童におもちゃと菓子を約14万個寄贈

    セブン‐イレブン・ジャパンは、全国で休校が相次いでいることを受け、3月23日から国内26カ所の社会福祉協議会に菓子と玩具類を寄贈するそうです。寄贈された商品は、各地の社会福祉協議会を通じて国内400カ所の学童保育施設などに配布される予定とのことです。 学童で長時間過ごす児童が増えていることから、おやつなどの需要が高まっており、社会福祉協議会から支援の要請を受けて決定したそうです。 主な寄贈商品は、菓子類がセブン... ...続きを読む

« 前へ 1 3 4 5 6 7