日経平均は141円安、北朝鮮「飛翔体」発射報道への反応は限定的

配信元:フィスコ
投稿:2021/09/15 13:51
日経平均は141円安(13時50分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>、日東電<6988>などがマイナス寄与上位となっており、一方、エムスリー<2413>、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、金属製品、不動産業、繊維製品、証券商品先物、鉄鋼が値下がり率上位、海運業が値上がりしている。

日経平均はやや方向感を欠く動きとなっている。13時前に、北朝鮮が日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を発射したと伝えられた。日本経済新聞社の報道によると、日本の内閣官房は「弾道ミサイルの可能性があるものが発射された」と発表した。防衛省は日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと分析しているという。報道を受け、一部の防衛関連株が動意づいているが、現在のところ、株式市場全体の反応は限定的のようだ。

<FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
8,582.0
(09/22)
-6.0
(-0.07%)
6,946.0
(09/22)
-37.0
(-0.53%)
8,260.0
(09/22)
-50.0
(-0.60%)
53,860.0
(09/22)
-210.0
(-0.39%)
75,960.0
(09/22)
+1,330.0
(+1.78%)
6,449.0
(09/22)
+120.0
(+1.90%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.7 25.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介