3382  東証プライム

セブン&アイ・ホールディングス

4775
お気に入り
レポート銘柄
ブログを書く

会員登録(無料)が必要です

『お気に入り登録、レポート銘柄登録』の他にも、『銘柄の予想投稿』や『ブログ投稿』など、さまざまな機能が使えます。

ログイン

株価(07/22)

1,798.0
-3.0(-0.16%)

セブン&アイ・ホールディングスの決算短信AI要約 β版

2024年度2月期 決算 (2024年4月10日 15:00時点)

決算短信をみる

セブン&アイ・ホールディングス 2024年度2月期の決算短信についてのAI要約です。本サービスの精度やパフォーマンスに関する注意事項はこちら

当期経営成績等の概況

経営成績

良い点

国内外のコンビニエンスストア事業の拡大に注力し、特に海外での店舗拡大とフランチャイズ方式の強化が進行中である。また、デジタル技術の活用による顧客体験の向上が進んでおり、新たな販促活動やサービス展開が功を奏している。

悪い点

原材料価格の高騰や人件費の増加によるコスト圧力が継続しており、特に国内市場において利益率の改善が課題となっている。また、新型コロナウイルスの影響による消費者行動の変化に対応するための迅速なビジネスモデルの転換が求められている。

財政状態

良い点

自己資本比率が前年度比で向上しており、財務基盤の安定性が高まっている。また、有利子負債の減少に成功し、財務健全性が向上している。

悪い点

投資活動によるキャッシュフローが拡大しているものの、営業キャッシュフローの減少が見られ、運転資本の管理に課題が残る。また、為替変動の影響を受けやすい環境下にあるため、外貨建て資産・負債のリスク管理が重要となっている。

キャッシュ・フロー

良い点

投資活動によるキャッシュフローが増加しており、新規事業への投資や設備投資が活発に行われている。これにより、将来の成長潜在力の拡大が期待される。

悪い点

営業活動によるキャッシュフローが減少しており、売上増加にも関わらずキャッシュフローの改善が見られない点が課題となっている。また、財務活動によるキャッシュフローの増加が負債依存度の高さを示しており、自己資金による運転資本の確保が必要である。

今後の見通し・AI評価

業績予想見通し

良い点

新規事業への投資と市場拡大により、長期的な収益成長が見込まれる。

悪い点

短期的には投資負担によるキャッシュフローの圧迫が予想され、収益性の向上が急務である。

中期計画見通し

良い点

中期的には、国内外でのブランド力強化と市場シェアの拡大を図ることで、安定した成長が期待される。

悪い点

競争激化による市場環境の変化に対応するための迅速な戦略修正が求められる場面が増える可能性がある。

AI売買評価

良い点

国内外での市場拡大を図りつつ、デジタルトランスフォーメーションを進めることで顧客体験の向上を図る。また、コスト管理と効率化を進めることで利益率の改善を目指す。

悪い点

原材料コストの高騰や人件費の増加によるコスト圧力が継続する中で、価格転嫁の限界や消費者需要の変動リスクに直面している。

配当

配当方針

利益向上に見合った利益還元を行うことを基本方針としており、持続的な利益成長に合わせて増配を目指す。

当期配当

2024年2月期の期末配当は1株当たり56.50円、中間配当を含めた年間配当は113.00円であった。

次期配当

2025年2月期の期末配当は1株当たり20.00円、中間配当を含めた年間配当は40.00円と予想される。

財務諸表及び主な注記

財務諸表に関する注記事項

良い点

新規事業への投資と設備投資が積極的に行われており、将来の成長潜在力の拡大が期待される。

悪い点

営業キャッシュフローの減少が見られる点が課題となっており、運転資本の管理に課題が残る。

継続企業の前提に関する注記

該当するコメントはありません。

当連結会計年度における重要な子会社の異動

2023年9月1日付で株式会社そごう・西武の株式を譲渡したことに伴い、同社の子会社を含め6社を連結の範囲から除外。

会計方針の変更

「時価の算定に関する会計基準の適用指針」を当連結会計年度の期首から適用。

株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記

2024年3月1日付で普通株式1株を3株に株式分割しており、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図る。

会計上の見積りの変更

該当するコメントはありません。

追加情報

自己株式取得に関する事項が決定され、2023年11月30日開催の取締役会において自己株式の取得を行うことが決議された。

セグメント情報等

国内外のコンビニエンスストア事業の拡大に注力し、特に海外での店舗拡大とフランチャイズ方式の強化が進行中である。また、デジタル技術の活用による顧客体験の向上が進んでおり、新たな販促活動やサービス展開が功を奏している。

1株当たり情報

2024年2月期の1株当たり純資産額は1,416.94円、1株当たり当期純利益は84.88円。

重要な後発事象

2024年4月1日に7-Eleven International LLCがConvenience Group Holdings Pty Ltdの全株式を取得し、オーストラリア市場でのコンビニエンスストア事業及び燃料小売事業を拡大。

企業結合等関係

2024年4月1日に7-Eleven International LLCがConvenience Group Holdings Pty Ltdの全株式を取得し、オーストラリア市場でのコンビニエンスストア事業及び燃料小売事業を拡大。

決算短信AI要約に関する注意・免責事項

  • ・本サービスは、企業が開示した決算資料の要点をAIを使用してまとめたものを掲載しています。現在はβ版として運用しており、機能のテストおよびユーザーフィードバックの収集を目的としています。
  • ・データ形式の問題やその他の技術的な制約により、決算短信の内容を全て網羅的に要約することができない場合があります。特に複雑な金融用語や業績の詳細な分析は、要約の精度が低下する可能性があります。
  • ・可能な限り迅速に情報を提供するよう努めていますが、決算発表が集中する時期はシステムの処理能力の限界により、情報配信に遅延が生じることがあります。
  • ・提供される情報は、Open AI 社が提供する生成AIサービスを活用して、一定のルールに従い生成されています。生成AIの性質上、提供される情報には誤りや虚偽の情報が含まれるおそれがあるほか、断定的な表現や投資を推奨するかのような表現が含まれるおそれがありますが、本サービスに基づき提供される情報は投資判断の参考として決算短信等に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘や投資判断を提供することを目的とするものではありません。
  • ・提供されるすべての情報について、正確性、信頼性、完全性、有効性、適時性等は一切保証されておりません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および Open AI 社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本サービスに掲載されている要約に関する権利は当社に帰属します。これらの情報を私的利用の範囲を超えて利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。
  • ・本サービスは予告なく機能の変更、提供の一時休止または中止をすることがあります。
銘柄スクリーニング

セブン&アイ・ホールディングスの取引履歴を振り返りませんか?

セブン&アイ・ホールディングスの株を取引したことがありますか?みんかぶアセットプランナーに取引口座を連携すると売買履歴をチャート上にプロットし、自分の取引を視覚的に確認することができます。

アセットプランナーの取引履歴機能とは
アセプラ(アセットプランナー)

アセプラを使ってみる

※アセプラを初めてご利用の場合は会員登録からお手続き下さい。