日経平均は3日ぶり大幅反発、米中摩擦への懸念和らぎ20600円台回復

投稿:2019/01/18 15:40
日経平均は3日ぶり大幅反発。17日の米国市場でNYダウは3日続伸し、162ドル高となった。ムニューシン財務長官が対中関税の緩和を提案したことが報じられ、本日の日経平均もこうした流れを好感して70円高からスタートした。業績下方修正を発表した日本電産<6594>が売り一巡後に下げ幅を縮めて安心感につながったほか、中国などアジア株の上昇も支援材料となり、前場の日経平均は上げ幅を広げる展開となった。後場に入ると高値もみ合いが続いたが、20682.12円(前日比279.85円高)
まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比263.80円高の20666.07円となった。東証1部の売買高は11億5095万株、売買代金は2兆1529億円だった。業種別では、不動産業、海運業、建設業が上昇率上位で、その他も全般堅調。下落したのはパルプ・紙と精密機器の2業種のみだった。東証1部の値上がり銘柄は全体の72%となった。

個別では、任天堂<7974>やファナック<6954>が2%超、東エレク<8035>が3%超の上昇。加熱式たばこの新製品を発表したJT<2914>も堅調ぶりが目立った。一部証券会社の目標株価引き上げが観測されたネクソン<3659>は商いを伴って急伸し、ZOZO<3092>は後場上げ幅を広げ5%超の上昇となった。その他売買代金上位では、日経平均寄与度の大きいファーストリテ<9983>やソフトバンクG<9984>がしっかり。トヨタ自<7203>は小幅に上昇した。また、MBO(経営陣が参加する買収)実施を発表した広済堂<7868>は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、売買代金トップの日本電産は朝方に8%近く下落する場面もあったが、終値では1%安と下げ渋った。キーエンス<6861>や村田製<6981>は小安い。HOYA<7741>は4%超下落した。また、アドバネクス<5998>などが東証1部下落率上位に顔を出した。
<HK>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2914
2,890.0
(15:00)
-1.5
(-0.05%)
1,952.0
(15:00)
+138.0
(+7.61%)
1,617.0
(15:00)
-26.0
(-1.58%)
1,772.0
(15:00)
+22.0
(+1.26%)
13,635.0
(15:00)
+155.0
(+1.15%)
65,230.0
(15:00)
+2,020.0
(+3.20%)
19,455.0
(15:00)
+40.0
(+0.21%)
17,600.0
(15:00)
+40.0
(+0.23%)
6,720.0
(15:00)
-11.0
(-0.16%)
6,768.0
(15:00)
-45.0
(-0.66%)
7868
711.0
(15:00)
+4.0
(+0.57%)
7974
30,030.0
(15:00)
+125.0
(+0.42%)
15,490.0
(15:00)
-315.0
(-1.99%)
51,110.0
(15:00)
+20.0
(+0.04%)
10,275.0
(15:00)
+45.0
(+0.44%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

74.6 25.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック