KDDIのTOP

KDDIの詳細情報

始値2,670.0円 単元株数100株
高値2,686.0円 PER(調整後)11.01倍
安値2,643.0円 PSR1.33倍
配当利回り3.46% PBR1.65倍
出来高9,736,600株
時価総額6,712,343百万円
発行済株数2,532,004千株
最安購入金額 ---
株主優待 カタログギフト
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは実績値です。

目標株価

目標株価

買い
3,029 円
現在株価との差

+378.0 

理論株価

(12/12)

3,160 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
7 5 6 0 1
  • ニュース

    【買い】KDDI:いまが買いどき!? 見直し買いが入るか

    いまが割安に仕込むチャンス? 2016年以降、株価は低調な推移が続いています。一方、業績は着々と拡大しているので、そろそろ見直し買いが入る可能性も期待できるか。同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。
  • ニュース

    マザーズ指数は7日ぶり反発、米中貿易摩擦懸念が後退、テックポイントはストップ高

     本日のマザーズ指数は7日ぶり反発となった。前日の米国市場では、中国による米国車の輸入関税引き下げの検討やカナダの裁判所が中国・華為技術(ファーウェイ)幹部の保釈を認めたとの報道が伝わるなか、米中貿易摩擦の先行き懸念がひとまず後退した。これにより、足元で売り込まれていた指数インパクトの大きいマザーズ銘柄中心に買い戻しの動きが広がった。とりわけ、直近IPO銘柄やテーマ性のある銘柄中心に上げ幅を拡大し ...続きを読む
  • ニュース

    新興市場銘柄ダイジェスト:ナノキャリアが急伸、テックポイントはストップ高

     ナノキャリア 384 +23急伸。独自技術の「ミセル化ナノ粒子」を用いたパイプライン「NC-6300」の臨床試験について、米国で実施している第1相パートで主要評価項目を達成したと発表している。肉腫をむ29人の固形がん患者への投与が実施され、安全性が確認された。今後、軟部肉腫の専門家との会議を経て米食品医薬品局(FDA)と優先審査や迅速承認などの開発方針を確認した後、第2相パートに移行する予定。  ...続きを読む
  • ニュース

    IXナレッジ Research Memo(1):2019年3月期は上期業績好調により上振れて着地の可能性

    ■要約アイエックス・ナレッジは、独立系の中堅システムインテグレーター。IT戦略提案、IT化推進などのコンサルティングからシステム開発、検証、保守・運用までのシステムのライフサイクルに対応した一貫したソリューションを提供する。日立製作所やNTTデータなどの大手システムインテグレーターやみずほ情報総研(株)などのエンドユーザー系の情報システム会社、KDDIなどのエンドユーザーなどが主要取引先である。顧 ...続きを読む
  • ニュース

    Jストリーム Research Memo(2):自社CDNを基盤にインターネット動画配信システムを提供

    ■会社概要1. 会社概要と沿革Jストリームは広く企業向けに、各種インターネット動画配信用のカスタマイズされたソフトウェア、及びインターネット上でライブストリーミングやオンデマンドストリーミングを流すためのプラットフォームを提供している。その基盤となっているのが自社で構築したCDN※で、大量のアクセスに対応可能な上、どのようなデバイスにもどのような環境下でも、高速で安定した配信を行うことができる。ま ...続きを読む
  • ニュース

    ALBERT---KDDIと資本業務提携を締結。KDDIグループ向けデータ分析業務、AIソリューション提供など

    ALBERTは11日、KDDIと資本業務提携契約を締結したと発表。KDDIグループ内外に向けたデータ分析業務及びAIソリューションの提供、KDDIグループに向けたデータサイエンティストの育成支援を目的としている。今回の提携により、KDDIグループが持つAI技術・ビッグデータ・IoT・5Gのソリューション企画・開発にかかわるアセットと、ALBERTのデータ分析力、AIアルゴリズム開発力、AI実装力を ...続きを読む
  • ニュース

    注目銘柄ダイジェスト(前場):東京個別、UACJ、サインポストなど

    TOTO:4065円(+185円)大幅続伸。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価は5000円としている。消費税増税前の駆込み需要、東京五輪開催前には非住宅建設での取替え及び新設需要発生、中国第2級都市向けの新製品の販売開始で来期は大幅増益が予想されることなどを評価引き上げの背景としている。来期営業利益は市場コンセンサスの543億円を上回る562億円を予想。 ...続きを読む
  • ニュース

    ALBERT---大幅に続伸、KDDIと資本業務提携契約を締結、データ分析支援業務を提供

    大幅に続伸。KDDIとの資本業務提携契約の締結を決めたと発表している。KDDIはALBERT株9万7700株(発行済株式総数の3.09%)を市場外の相対取引で主要株主から取得する。また、KDDIグループに対しデータ分析支援業務を提供するほか、データ分析支援業務にかかる共同販売及びAIソリューションの共同開発・販売、KDDIグループ社員に対するデータサイエンティスト教育の実施などを行う。 <HH> ...続きを読む
  • ニュース

    ALBERTが大幅高、今度はKDDIと資本・業務提携◇

     ALBERTが大幅高、上値追い態勢を加速させている。同社は11日取引終了後、KDDIと資本・業務提携することを発表、これが株価を強く刺激している。KDDIにデータ分析支援業務を提供するほか、人工知能(AI)ソリューションの共同開発・販売などで連携する。資本面ではKDDIが同社株9万7700株(発行済み株式数の3.09%)を取得する。今年に入りトヨタ自動車 、東京海上ホールディングス傘下の東京海上 ...続きを読む
  • ニュース

    データセク、ALBERT◆今日のフィスコ注目銘柄◆

    データセク9月28日高値1295円をピークに調整が継続。下降する25日線に上値を抑えられる格好で上値を切り下げている。ただし、前日までの調整で8月安値に接近してきており、いったんはダブルボトム形成が意識されてきそうだ。週足の一目均衡表では雲上限に到達している。遅行スパンの下方シグナル発生の可能性は高そうだが、雲上限を支持線とした反転が意識されやすいだろう。ALBERTKDDIとの間で資本業務提携契 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

21,602.75

+454.72

TOPIX

1,606.61

+31.29

JASDAQ

149.91

+1.78

米ドル/円

113.24

-0.05

ユーロ/円

128.80

+0.01

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック