東京株式(大引け)=484円安と大幅反落、3カ月ぶりの2万6000円台割れ

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/09/30 15:45
東京株式(大引け)=484円安と大幅反落、3カ月ぶりの2万6000円台割れ	 30日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落。売りが膨らみ約3カ月ぶりに終値ベースで2万6000円台を割り込んだ。

 大引けの日経平均株価は前日比484円84銭安の2万5937円21銭。プライム市場の売買高概算は15億2029万株。売買代金概算は3兆8586億円となった。値上がり銘柄数は248と全体の約13%、値下がり銘柄数は1551、変わらずは32銘柄だった。

 前日の米株式市場は、NYダウは458ドル安と大幅下落。米10年債利回りが再び上昇したことが嫌気され、ハイテク株などが売られた。これを受けた、この日の日経平均株価も大幅安。7月1日以来となる2万5900円台に下落した。一時、下げ幅は600円を超えた。海外市場の下落を受け、東京市場にも海外ファンドなどからの売りが膨らんだ様子だ。また、週末に加え月末・上期末という需給要因も下げ幅を拡大させたようだ。

 個別銘柄では、レーザーテック<6920.T>東京エレクトロン<8035.T>アドバンテスト<6857.T>など半導体関連株が安く、ファーストリテイリング<9983.T>ソフトバンクグループ<9984.T>が売られた。日本郵船<9101.T>商船三井<9104.T>など海運株が軟調でSMC<6273.T>HOYA<7741.T>も値を下げた。ソニーグループ<6758.T>任天堂<7974.T>日本電産<6594.T>が下落した。

 半面、エーザイ<4523.T>が高く、ダブル・スコープ<6619.T>が買われた。KDDI<9433.T>第一三共<4568.T>が上昇し、三井不動産<8801.T>アステラス製薬<4503.T>マツキヨココカラ&カンパニー<3088.T>が値を上げた。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
27,901.01
(12/09)
+326.57
(+1.18%)
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介