東京株式(大引け)=477円安、4カ月半ぶりに2万2000円台割れ

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/02/27 15:38
東京株式(大引け)=477円安、4カ月半ぶりに2万2000円台割れ  27日の東京株式市場は日経平均が続急落、終値で2万2000円台を割り込んだ。リスク回避ムードが強く、値ごろ感からの押し目買いも機能しなかった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比477円96銭安の2万1948円23銭と大幅安で4日続落。東証1部の売買高概算は18億1141万株、売買代金概算は3兆1651億1000万円。値上がり銘柄数は77、対して値下がり銘柄数は2059、変わらずは21銘柄だった。

 きょうの東京市場は、新型肺炎の感染拡大に対する懸念からリスク回避ムードが一段と高まり、日経平均は続急落となりフシ目として意識されていた2万2000円を約4カ月半ぶりに下回った。前日の米国株市場ではNYダウが一時460ドル強の上昇をみせたものの、その後は新型肺炎に対する警戒感から売り急ぎの展開となり、結局マイナス圏で引けた。この流れを受け、東京市場でも主力株をはじめ広範囲に外国人投資家とみられる買いポジション解消の売りが集中した。アルゴリズムによる先物への売りや、一部個人投資家の追い証が発生したこともあって、日経平均は一時600円近く下げる場面もあった。大引けにかけ買い戻しが入りやや下げ渋ったものの、文字通りの全面安商状で東証1部の値下がり数は2000を上回り全体の95%に達した。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>、ソニー<6758.T>が売られ、トヨタ自動車<7203.T>も値を下げた。ファーストリテイリング<9983.T>は1300円超の下げ。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクも下値を探った。東京エレクトロン<8035.T>、SUMCO<3436.T>など半導体関連が下落、キーエンス<6861.T>も安い。ぴあ<4337.T>が急落、サニックス<4651.T>も大幅安。セグエグループ<3968.T>、モスフードサービス<8153.T>なども大きく下げた。

 半面、キョーリン製薬ホールディングス<4569.T>が商いを伴い大幅高となり、キリンホールディングス<2503.T>もしっかり。低位では有機合成薬品工業<4531.T>が物色人気。SGホールディングス<9143.T>、テモナ<3985.T>が買われ、イオン北海道<7512.T>、東京都競馬<9672.T>なども上昇した。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
17,818.72
(15:15)
-246.68
(-1.37%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.0 39.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介