三菱UFJなどメガバンクが安い、世界的な金利低下に警戒感強まる◇

投稿:2019/08/13 11:17
三菱UFJなどメガバンクが安い、世界的な金利低下に警戒感強まる◇  メガバンクが安い。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が揃って値を下げている。12日のニューヨーク市場では10年物国債が前週末比0.099%低下の1.647%に下落。これを受け、JPモルガン・チェースやシティグループなど銀行株が売られた。また、ドイツの10年物国債はマイナス0.593%と低下基調を強めている。日本でも10年物国債が先週末9日にマイナス0.225%と約3年ぶりの低水準となった。市場には、来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀金融政策決定会合などを視野に一段の金利低下を予想する見方もあり、銀行株は当面下値を探る展開を予想する見方が出ている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
502.4
(15:00)
+1.8
(+0.38%)
3,470.0
(15:00)
+12.0
(+0.35%)
154.9
(15:00)
+0.5
(+0.39%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

67.2 32.8
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介