マザーズ指数は連日で年初来安値割り込む、アクトコールが急落

2018/08/16 18:32
 本日のマザーズ指数は大幅続落。15日の米国株下落や円高進行を背景にリスク回避の動きが続き、マザーズ銘柄にも売りが先行して始まった。その後、中国商務次官が8月下旬に訪米し、米財務次官と協議すると明らかになったことから、米中貿易摩擦激化への懸念が後退した。これを受けた個人投資家による下値拾いの動きから、マザーズ指数は下げ幅を縮小する場面も一時みられた。しかし、引き続き業績面が嫌気されているサイバーダイン<
7779>が軟調推移となるなか、そのほかの時価総額上位銘柄も揃って戻りが鈍いことから、積極的な売買は手控えられた。なお、売買代金は概算で829.54億円。騰落数は、値上がり76銘柄、値下がり181銘柄、変わらず5銘柄となった。
 値下がり率上位では、業績見通しの下方修正が嫌気されたアクトコール<6064>が15%超の下落となったほか、ホットリンク<3680>、ビープラッツ<4381>が2ケタを超える下げになった。売買代金上位銘柄では、指数インパクトの大きいサイバーダインが8%安とマザーズ指数の押し下げ要因になったほか、ALBERT<3906>、UUUM<3990>も軟調。一方で、メルカリ<
4385>が小じっかりであったほか、ダブルスタンダード<3925>、オイシックス・ラ・大地<3182>は上昇。
<SK>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,951.0
(11/19)
+8.0
(+0.41%)
572.0
(11/19)
+31.0
(+5.73%)
14,090.0
(11/19)
+1,170.0
(+9.06%)
3,790.0
(11/19)
-180.0
(-4.53%)
3,390.0
(11/19)
+150.0
(+4.63%)
7,160.0
(11/19)
+240.0
(+3.47%)
434.0
(11/19)
+17.0
(+4.08%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.6 31.4
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック