「生成AI」が3位にランク、経産省が開発力強化に向けたプロジェクトを開始<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2024/02/08 12:20
「生成AI」が3位にランク、経産省が開発力強化に向けたプロジェクトを開始<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 人工知能
3 生成AI
4 半導体製造装置
5 TOPIXコア30
6 JPX日経400
7 円高メリット
8 インバウンド
9 地方銀行
10 宇宙開発関連

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「生成AI」が3位となっている。

 経済産業省は2日、生成AIの開発力強化に向けたプロジェクト「GENIAC(ジーニアック)」を開始すると発表した。プロジェクトでは、生成AIのコア技術である基盤モデルの開発に対する計算資源の提供支援、関係者間の連携促進、対外発信などを実施。計算資源については、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」を活用し、計算資源の確保と利用料補助というかたちで支援する。

 生成AI基盤モデルの開発で採択されたのは、ABEJA<5574.T>が提案した「LLM(生成AIの領域の一つである大規模言語モデル)の社会実装に向けた特化型モデルの元となる汎化的LLM」など。同社はLLMの社会実装に必要不可欠となる精度及び計算コストパフォーマンスの飛躍的な向上を目的に、日本語LLM及び周辺技術の研究開発を行うという。

 このほかでは、ソニーグループ<6758.T>NTT<9432.T>グループ、KDDI<9433.T>などが出資するSakana AI(東京都港区)は「自律型エージェントシステム向け高効率基盤モデルの開発」、Preferred Networks(東京都千代田区)子会社のPreferred Elementsは「100B/1Tパラメータからなる大規模マルチモーダル基盤モデルの構築」を実施する予定。なお、Preferred Networksは昨年12月にインターネットイニシアティブ<3774.T>などと超高効率AI計算基盤の研究開発を開始したことを明らかにしている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,781.0
(09:15)
-29.5
(-1.04%)
5,120.0
(09:15)
-50.0
(-0.96%)
12,820.0
(09:15)
-110.0
(-0.85%)
182.4
(09:15)
+0.0
(-0.05%)
4,507.0
(09:15)
-25.0
(-0.55%)