明日の株式相場見通し=手控えで方向感欠く展開、海外要因への警戒継続

2018/08/15 17:17
明日の株式相場見通し=手控えで方向感欠く展開、海外要因への警戒継続  あす(16日)の東京株式市場は、トルコ情勢をはじめとする海外要因への警戒感から方向感に乏しい展開となりそうだ。米国とトルコが互いの輸入関税を引き上げる制裁合戦の様相となっているのに加え、中国経済の減速懸念も東京株式市場にマイナス影響を与えそうだ。

 市場関係者からは「前日のトルコ通貨リラの下げ止まりと米株式相場の上昇を好感して、きょう寄り付きの日経平均は前日比プラス圏でスタートしたものの、その後は前日大幅高した反動による戻り売りが優勢となった。後場に入って、市場に“トルコが、米国の制裁に対する報復措置として米国製品の輸入関税を引き上げる”との情報が伝えられ、中国での人民元安や株安も加わって、日経平均の下げが加速した」との見方が出ていた。

 15日の東京株式市場は売り優勢の展開となった。トルコ情勢への懸念や、中国株の下落などを横目に再びリスクオフの流れが強まった。日経平均株価終値は、前日比151円86銭安の2万2204円22銭と反落した。

 日程面では、7月の貿易統計に注目。海外では米7月の住宅着工件数、米8月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数が焦点となる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
23,674.93
(09/20)
+2.40
(+0.01%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.4 19.6
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック