個人投資家の90%が大損してしまう理由とは? 【西村剛】

著者:西村剛
投稿:2022/11/28 17:14

成功する投資家になるために・・・

「システムトレード、デイトレード、バリュー投資、成長株投資等、数ある投資法のなかから自分に合った投資法を選ぶポイントは何でしょうか?」このようなご質問をいただきました。
確かに株をこれから始めようという初心者が数ある投資法のなかから自分に合った投資法を見つけ出すのはかなり難しいでしょう。実際、システムトレードやデイトレード、バリュー投資や成長株投資、どの投資法も間違いではありません。
それぞれトレードする手法や狙えるリターン、リスク許容度は違いますが、しっかりと技術を身につければそれなりの成果を挙げることは可能でしょう。ただ難しいのはいずれの投資法でもしっかりと技術を修得出来るようになるまで学習を継続することなのです。最初は誰もが書籍やDVDを見て「これはいける!」と学習し始めます。
しかしながら途中でうまく行かなくなると「本当にこの投資法でだいじょうぶなのだろうか・・・?」と不安になり、いざ実践し損失が発生すると「この投資法はダメだ・・・」と決めつけて学習をストップしてしまいます。そしてまた勘に頼ってトレードし最終的に大損してしまうのです。おそらく個人投資家の90%がこのパターンに該当すると思います。
最終的に成功する10%の個人投資家は、多少損失が発生しても、「これは勉強代だ」くらいに捉え学習を続け、最終的に自分で「この投資法はいける!」と確信が持てるレベルに達します。
そこまでいってようやく「成功する投資家」のスタートラインに立てるレベルでしょう。それくらい成功する投資家への道は険しいのです。
ただ数ある投資法のなかでもシステムトレードだけはちょっと違います。なぜならばシステムトレードは他の投資法と比べ「再現性が高い」からです。過去の株価データから統計的に有利な売買ルールを見つけ出し、その売買ルールに従ってトレードすれば誰もが同じ成績になります。この「再現性の高さ」がシステムトレードをおすすめする理由です。
ただシステムトレードにも弱点はあります。がんばって売買ルールを開発してもその売買ルールがきちんと作ったものでなければ利益にはつながりません。あくまでもきちんとした売買ルールに基づいて運用した場合にのみ利益につながります。きちんとした売買ルールを作るためには何千回も検証が必要なのです。でももし仮にきちんとした売買ルールを手に入れることが出来ればあとは感情を排除し機械的にトレードするだけです。ですのでシステムトレードで一番重要なのは「きちんと作られた統計的に有利な売買ルールを手に入れられるかどうか」になるのです。
このようにいずれの投資法も一長一短があります。
自分に合った投資法を見つけるためにはまずそれぞれの投資法の良し悪しを理解し、自分にも出来る投資法かどうかを考えてから学習するのが近道です。ぜひ参考にしてくださいね。

西村剛
フェアトレード株式会社 代表取締役
配信元: 達人の予想
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介