東京株式(大引け)=269円高、米株休場で手掛かり材料難も買い優勢続く

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2022/07/05 15:52
東京株式(大引け)=269円高、米株休場で手掛かり材料難も買い優勢続く  5日の東京株式市場は、主力株を中心に終始買い優勢の展開となり、日経平均株価は上値追いを継続した。ただ上げ一巡後は上値の重さも意識された。

 大引けの日経平均株価は前営業日比269円66銭高の2万6423円47銭と続伸。プライム市場の売買高概算は10億3818万株、売買代金概算は2兆4120億円。値上がり銘柄数は1007、対して値下がり銘柄数は749、変わらずは82銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日に続きリスクオフの巻き戻しで日経平均は上昇、朝方は約380円高まで買われ2万6500円台まで上昇する場面もあったが、その後は伸び悩んだ。前日の米国株市場が休場であったことから、手掛かり材料に乏しかったものの、外国為替市場で円安が進行し、輸出株中心に追い風材料となった。ただ、上値では買いポジションを軽くする動きが観測され、全体指数の上値を押さえた。後場はいったん上げ幅を縮小したあと買い直され、日経平均は結局2万6400円台で引けた。時価総額上位の主力株は買われたが、それ以外の中小型株は売り買いが交錯し、値上がり銘柄数は全体の55%に過ぎなかった。なお、TOPIXの上げ幅は9ポイント強にとどまっている。

 個別では、レーザーテック<6920.T>が高く、東京エレクトロン<8035.T>も小幅ながら上昇した。ソフトバンクグループ<9984.T>KDDI<9433.T>も頑強な値動き。大阪チタニウムテクノロジーズ<5726.T>が物色人気を集め商いを膨らませ値上がり率トップに買われた。INPEX<1605.T>も値を上げた。ファーストリテイリング<9983.T>が大きく上値を伸ばしたほか、東京海上ホールディングス<8766.T>も高い。メルカリ<4385.T>も終始買いが優勢だった。楽天グループ<4755.T>もしっかり。

 半面、川崎汽船<9107.T>が安く、日本郵船<9101.T>も軟調。セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>も下落した。三井不動産<8801.T>が下値を探り、JR西日本<9021.T>も売りに押された。クスリのアオキホールディングス<3549.T>が値下がり率トップに売られたほか、アダストリア<2685.T>も急落した。KeePer技研<6036.T>ユナイテッドアローズ<7606.T>も大幅安。KLab<3656.T>の下げも目立った。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
28,868.91
(15:15)
-2.86
(---)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介