郵船、商船三井など売り優勢、内需系への資金シフトで軟調も高配当利回りが下支え◇

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/09/28 09:06
郵船、商船三井など売り優勢、内需系への資金シフトで軟調も高配当利回りが下支え◇  日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>をはじめ海運株が売りに押される展開となっている。前日は東証1部売買代金のトップスリーを海運大手3銘柄が占めるという異例の展開となったが、3銘柄ともに株価は大きく水準を切り下げた。新型コロナウイルス感染者数の急減を背景に株式市場ではリターンリバーサルの動きが誘発され、個人消費に絡む内需関連株への投資資金シフトが鮮明となるなか、海運を筆頭にこれまで買われていたグローバル景気敏感株には利益確定の売り圧力が顕在化している。もっとも郵船や商船三井などはPERが超割安なだけではなく、配当利回りの高さでも群を抜いており、きょうが実質9月最終売買日であることから、駆け込みで中間期末権利取りを狙った買いが下値を支える形となりやすい。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
8,160.0
(12/03)
+170.0
(+2.13%)
7,620.0
(12/03)
+380.0
(+5.25%)
6,140.0
(12/03)
+700.0
(+12.87%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介