東京為替:1ドル105円20銭台、FRB議長、就業者数を懸念

配信元:フィスコ
投稿:2021/02/24 09:36
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=105円20銭台で推移。パウエルFRB議長は、インフレについてはすぐ問題にはならない、就業者数の増加を目指すべきと説明したとロイターが報じた。パウエル議長は「M2に重要な意味合いはない、この知識は忘れる必要がある」と述べ、従来の経済学の一部を否定する姿勢を示した。

一方、東京株式市場は日経平均が292.30円安と寄り付きより下げ幅を拡大している。売買代金上位にソフトバンクG<9984>など、指数に寄与高い銘柄が軒並み安でランクインしていることが、相場の重しとなっているようだ。なお、ファーストリテイリング<9983>は、1000円程度の上昇となり指数を下支えしている。

<FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
95,870.0
(03/05)
-3,360.0
(-3.39%)
10,055.0
(03/05)
+5.0
(+0.05%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.9 27.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介