15日の米国市場ダイジェスト:NYダウ2ドル高、世界経済の順調な回復を好感

配信元:フィスコ
投稿:2020/09/16 08:03
■NY株式:NYダウ2ドル高、世界経済の順調な回復を好感

米国株式相場は上昇。ダウ平均は2.27ドル高の27995.60ドル、ナスダックは133.67ポイント高の11190.32ポイントで取引を終了した。中国8月小売売上高が予想以上に回復したほかドイツの9月ZEW景気期待指数も20年ぶりの高水準に達するなど、世界経済の順調な回復が好感され寄り付きから上昇した。しかし、引けにかけては連邦準備制度理事会(FRB)の結果発表を明日に控えて一旦手仕舞う動きが広がり上げ幅を縮小した。セクター別ではメディア・娯楽が上昇した一方で、銀行が売られた。

動画配信のネットフリックス(NFLX)やブランドアパレル会社のVF(VF)はアナリストの投資判断引き上げが好感されそれぞれ上昇。また、コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)は8月の米中の既存店売上が7月に比べ回復したことが明らかになり上昇した。一方、銀行のシティグループ(C)はパンデミックで一時中断していた人員削減計画を再開することを明らかにし下落。クルーズ船運営のカーニバル(CCL)は第3四半期の損失が29億ドルへと拡大すると警告し下落した。同業のロイヤルカリビアン(RCL)も売られた。また、電気トラックメーカーのニコラ(NKLA)は証券取引委員会(SEC)や司法省が不正告発を受けて、調査を行うとの見方が報じられ下落。

携帯端末アップル(AAPL)は新製品発表会で腕時計型端末のアップルウォッチシリーズ6や第8世代アイパッド、いくつかのサービスをまとめて提供する「アップルワン」などを発表した。但し5G対応の新型アイフォーンモデルの発表は新型コロナの影響により10月近辺に見送られている。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:米FOMC会合を控えてドル・円は一時105円30銭

15日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円30銭まで下落後、105円54銭まで上昇して105円45銭で引けた。ハト派寄りの連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を織り込むドル売りや、8月鉱工業生産が予想を下回ったことを受けたドル売りが観測された。

ユーロ・ドルは、1.1896ドルから1.1840ドルまで下落して1.1846ドルで引けた。ドイツの9月ZEW期待指数は20年ぶりの高水準に達しており、リスク選好的なユーロ買いが観測されたが、通貨オプション取引に絡んだユーロ売りが入っており、ユーロは伸び悩んだ。ユーロ・円は、125円50銭から124円76銭まで下落。ポンド・ドルは、1.2921ドルから1.2841ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9054フランから0.9086フランへ上昇した。


■NY原油:大幅反発で38.28ドル、供給減少を想定した買いが入る

NY原油先物10月限は大幅反発(NYMEX原油10月限終値:38.28 ↑1.02)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は、前営業日比+1.02ドルの1バレル=38.28ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは37.06ドル−38.57ドル。大型ハリケーンの接近で石油生産施設の操業は停止していることから、供給減少を想定した買いが入ったようだ。原油在庫は減少している可能性があることも意識されているようだ。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  25.28ドル   -0.47ドル(-1.83%)
モルガン・スタンレー(MS) 50.39ドル   -0.76ドル(-1.49%)
ゴールドマン・サックス(GS)198.00ドル  -3.34ドル(-1.66%)
インテル(INTC)        50.00ドル   +0.59ドル(+1.19%)
アップル(AAPL)        115.54ドル  +0.19ドル(+0.16%)
アルファベット(GOOG)    1541.44ドル +22.16ドル(+1.46%)
フェイスブック(FB)     272.42ドル  +6.27ドル(+2.36%)
キャタピラー(CAT)      148.60ドル  -4.91ドル(-3.20%)
アルコア(AA)         13.78ドル   -0.27ドル(-1.92%)
ウォルマート(WMT)      137.36ドル  +0.04ドル(+0.03%) <ST>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.7 38.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介