C&R社 Research Memo(8):2020年2月期は一時費用の影響が無くなり、2ケタ増収増益となる見通し

投稿:2019/05/16 15:28
■業績見通し

1. 2020月期の業績見通し
クリーク・アンド・リバー社<4763>の2020年2月期の連結業績は、売上高で前期比11.6%増の33,000百万円、営業利益で同48.8%増の2,350百万円、経常利益で同48.2%増の2,350百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同49.5%増の1,450百万円と2ケタ増収増益となる見通し。売上高は10期連続増収、各利益は2期ぶりに過去最高更新を目指す。

主力のクリエイティブ分野(日本)を中心にエージェンシー事業(派遣・紹介)の拡大が続くほか、請負事業も新本社移転等により増強した開発スタジオを核にクリエイティブ分野での成長を見込んでいる。また、2018年秋にグループ各社が新本社に移転統合したことで、営業面でのシナジー効果(グループ内の複数サービスが提案可能に)も出始めており、今後の売上増に寄与すると見られる。

営業利益で前期比7.8億円の増益を見込んでいるが、内訳としては既存事業の増益で3.4億円、赤字事業の損益改善で2.0億円(韓国事業で0.5億円、クレイテックワークスで0.5億円、エコノミックインデックス及びIdrasysで1.0億円)、新本社移転に関連する一時費用減で1.4億円(3.5億円‐賃借料増加2.1億円)、賞与引当金の計上方法及び退職給付債務の計算方法変更にかかる費用減で1.0億円となる。

なお、新規エージェンシー事業(建築、ファッション、シェフ、プロセッサー、ドローン、舞台芸術)の営業損失は前期の1億円から今期は収支均衡を見込んでいる。また、新規サービス(VR Japan、Idrasys、エコノミックインデックス、クレイテックワークス、プロフェッショナルメディア、JURISTERRA)に関しては、前期2.3億円の損失から今期は損失額が縮小する計画となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<SF>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,322.0
(15:00)
+14.0
(+1.07%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.1 22.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介