明日の為替相場見通し=米9月小売売上高など注視

2018/10/15 18:00
明日の為替相場見通し=米9月小売売上高など注視  今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米小売売上高などを注視する展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=111円00~112円20銭。

 この日は、ムニューシン米財務長官が日本との通商協議で通貨安誘導を防ぐための為替条項を求めていく意向を示した、と報じられたことから日経平均株価は大幅安となり、リスクオフ姿勢から111円後半へのドル安・円高が進行した。今晩は、米9月小売売上高が発表となり注目されている。米10月ニューヨーク連銀製造業景気指数も発表される。さらに、米財務省による半期の為替報告書が近く発表される見通し。中国が為替操作国に指定されるかどうかが関心を集めており、発表があれば相場はその結果に反応しそうだ。



出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

56.6 43.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック