ミロク情報のニュース

ミロク情報サービスのニュース一覧

ニュース

ミロク情報 Research Memo(6):2021年3月期に売上高500億円、経常利益150億円を目指す

■中期経営計画について

1. 第4次中期経営計画の概要
ミロク情報サービス<9928>は2018年3月期よりスタートしている第4次中期経営計画で最終年度となる2021年3月期の経営数値目標として、連結売上高500億円、経常利益率30%、ROE30%を掲げている。FinTech分野を始め、成長分野への戦略投資により事業シナジーの最大化を図り、2020年3月期以降の飛躍的な成長並びに企業価値向上を目指していく方針だ。2018年3月期実績から見れば売上高で1.8倍、経常利益で3.4倍と大幅成長となる。2020年3月期以降に成長を加速化していくことになり、そのための事業基盤構築を2019年3月期に進めていく。

2. 成長戦略
中期経営目標を達成していくための成長戦略として、既存事業であるERP事業の成長、利益率の高いファイナンス・ネット事業の拡大、効果的な戦略投資の実行の3点を掲げている。

(1) 既存事業の成長
既存事業であるERP事業は、中堅・中小企業(年商50億円未満)向け財務会計システムで業界トップのポジションにあるが、今後も製品の機能向上を図りながら新規顧客の獲得により顧客基盤をさらに拡大し、圧倒的ポジションを確立していく考えだ。

売上拡大施策としては、会計事務所向けネットワークの拡大と販売パートナー体制の強化を図ることで、新規顧客の開拓並びにクロスセルを推進していく戦略だ。また、クラウドサービスの拡充やストック型ビジネスであるサービス収入の積み上げにより、安定的な収益基盤を拡大して行くと同時に、オフショア開発や先端技術を活用した業務改善を図ることにより収益性の向上を実現していく考えだ。

(2) ファイナンス・ネット事業の拡大
ファイナンス・ネット事業に関しては、現在、ビズオーシャンやmmapの事業が成長段階に入ってきたほか、中小企業向け金融・ビジネスプラットフォームである「bizsky」の事業についても、機能強化や他社との協業を進めていくことでプラットフォームとしての付加価値を高め、収益化していく戦略となっている。

「bizsky」については新たなクラウドサービスの開発、提供を進めていくと同時に、他社サービスとの連携や金融機関との協業並びにAPI連携を図ることで、中小企業向け金融・ビジネスプラットフォームとしての付加価値を高め、業界で確固たるポジションを確立していく。プラットフォーマーとして顧客基盤を確立できれば、アップセルやクロスセル等によって成長スピードも加速していくことが予想される。

(3)戦略投資
戦略投資として、M&A等も検討している。対象としては、ERP事業、あるいはファイナンス・ネット事業においてシナジー効果が期待できる企業となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<MH>
配信元: フィスコ

ミロク情報サービス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

23,869.93

+195.00

TOPIX

1,804.02

+16.42

JASDAQ

165.72

+1.08

米ドル/円

112.59

+0.18

ユーロ/円

132.18

+0.04

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック