5341  東証2部

アサヒ衛陶

株価速報
お気に入り

株価(02/19)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
793.0
+3.0(+0.38%)
買い

目標株価

907

あなたの予想

未投稿

---円

予想する

アサヒ衛陶のTOP

アサヒ陶の詳細情報

始値792.0円 単元株数100株
高値802.0円 PER(調整後)-3.10倍
安値783.0円 PSR0.43倍
配当利回り--- PBR1.68倍
出来高9,600株
時価総額1,262百万円
発行済株数1,592千株
最安購入金額 ---
株主優待 ---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは実績値です。

目標株価

目標株価

買い
907 円
現在株価との差

+114.0 

理論株価

(02/19)

866 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • 適時開示

    2019年定時株主総会招集通知

    2019年定時株主総会招集通知
  • 適時開示

    行使価額修正条項付第1回新株予約権の月間行使状況

    行使価額修正条項付第1回新株予約権の月間行使状況
  • ニュース

    東証2部(大引け)=2部指数は反発、サイオスがS高

     31日大引けの東証2部指数は前日比51.62ポイント高の6676.45ポイントと反発。値上がり銘柄数は246、値下がり銘柄数は168となった。  個別ではサイオスがストップ高。インスペックは昨年来高値を更新。東京衡機、デュアルタップ、アルチザネットワークス、アイスタディ、リミックスポイントは値上がり率上位に買われた。  一方、テクノアソシエが昨年来安値を更新。ウイルコホールディングス、兼房、 ...続きを読む
  • 適時開示

    行使価額修正条項付第1回新株予約権の大量行使に関するお知らせ

    行使価額修正条項付第1回新株予約権の大量行使に関するお知らせ
  • ニュース

    決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … アクトコール、DNAチップ、エイトレッド (1月18日~24日発表分)

    ―決算で買われた銘柄! 上昇率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の水準から25日大引け現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキングした。 ★No.1 ア ...続きを読む
  • ニュース

    前日に動いた銘柄 part2:アピックヤマダ、アクトコール、多摩川HDなど

    銘柄名⇒18日終値⇒前日比神戸物産 3355 -155高値圏からの利食い売りが継続へ。エムスリー 1561 -81今週の決算発表を控えて手仕舞い売りも。ネオス 1133 -75上方修正発表後の出尽くし感が続く。三菱UFJ 581.4 +8.5米長期金利の上昇など支援にも。千代田化工建設 359 +15日証金では貸借取引で注意喚起銘柄に指定だが。ソフトバンク 1435 +6みずほ証券では新規に買い推 ...続きを読む
  • ニュース

    東京建物、LIXIL G、ソフトバンクなど

     東建物 1283 +74急伸。発行済み株式数の4.61%に当たる1000万株、100億円を上限とした自社株買いの実施を発表している。取得期間は2月6日から12月31日までとしている。高水準の自社株買いによる需給インパクト期待に加え、株主還元意識の強化としてポジティブに評価されている。野村證券では、18.12期決算発表前の公表は中期計画目標達成への自信の表れと見ることもできるとしている。 川崎船  ...続きを読む
  • ニュース

    東証2部(大引け)=2部指数は続伸、アサヒ陶が一時S高

     21日大引けの東証2部指数は前週末比45.92ポイント高の6575.12ポイントと続伸。値上がり銘柄数は232、値下がり銘柄数は190となった。  個別ではアサヒ衛陶が一時ストップ高と値を飛ばした。太平製作所、キクカワエンタープライズ、インスペックは昨年来高値を更新。アピックヤマダ、グローバルダイニング、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス、児玉化学工業、プレミアムウォーターホールディン ...続きを読む
  • ニュース

    アサヒ衛陶---急伸、今11月期は5期ぶりの黒字転換見通しに

    アサヒ衛陶は急伸。先週末に前11月期の決算を発表している。営業損益は1.65億円の赤字となり、前期比で赤字幅は拡大している。従来予想もやや下回る着地に。一方、今11月期は0.7億円の黒字回復を予想、5期ぶりの黒字転換となる見通し。ユニットバスの市場投入など新規ビジネスへの取り組み、国内工場の生産性向上やベトナムにおける生産拡大などで収益力向上を図るもよう。 <HH>
  • ニュース

    東証2部(前引け)=2部指数は続伸、アサヒ陶が一時S高

     21日前引けの東証2部指数は前週末比62.89ポイント高の6592.09ポイントと続伸。値上がり銘柄数は279、値下がり銘柄数は119となった。  個別ではアサヒ衛陶が一時ストップ高と値を飛ばした。太平製作所、キクカワエンタープライズ、インスペックは昨年来高値を更新。アピックヤマダ、グローバルダイニング、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス、児玉化学工業、アドテック プラズマ テクノロジ ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

21,302.65

+20.80

TOPIX

1,606.52

+4.55

JASDAQ

149.97

+0.83

米ドル/円

110.60

---

ユーロ/円

125.43

-0.01

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック