ブレインPはじめAI関連株が全面蜂起、エヌビディア効果で投資マネーが怒涛の大攻勢◇

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2024/02/26 10:14
ブレインPはじめAI関連株が全面蜂起、エヌビディア効果で投資マネーが怒涛の大攻勢◇  ブレインパッド<3655.T>が商いを膨らませ19%を超える急騰をみせたほか、FRONTEO<2158.T>ユーザーローカル<3984.T>など人工知能(AI)関連の代表格が値を飛ばし、Laboro.AI<5586.T>が連日のストップ高人気、メタリアル<6182.T>HEROZ<4382.T>も大幅高に買われるなどAI関連株に位置付けられる中小型株に怒涛の勢いで投資資金が流れ込んでいる。米国では生成AI市場の拡大を背景に驚異的な業績の伸びを示すエヌビディア<NVDA>が時価総額を膨張させている。東京市場でも個別物色の最有力テーマとして関連株を買い漁る動きが加速している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
637.0
(04/18)
+17.0
(+2.74%)
1,256.0
(04/18)
0.0
(---)
2,089.0
(04/18)
+8.0
(+0.38%)
1,466.0
(04/18)
+31.0
(+2.16%)
1,415.0
(04/18)
-6.0
(-0.42%)
1,069.0
(04/18)
+16.0
(+1.51%)