【市場反応】米5月ミシガン大消費者信頼感指数悪化も長期期待インフレ率上昇でスタグフレーション懸念

配信元:フィスコ
投稿:2023/05/12 23:45
*23:45JST 【市場反応】米5月ミシガン大消費者信頼感指数悪化も長期期待インフレ率上昇でスタグフレーション懸念 米5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は57.7と、4月63.5から予想以上に悪化し昨年11月来の低水準となった。同月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値は4.5%と、4月4.6%から低下も予想を上回った。特に米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策決定する上で注視している5-10年期待インフレ率速報値は3.2%と、4月3.0%から低下予想に反し、上昇。2011年3月来で最高となった。

米国債相場は続落。10年債利回りは3.44%まで上昇した。消費者信頼感指数の悪化で一時ドル売りが優勢となったのち、期待インフレ率の上昇でドル買いが優勢となった。ドル・円は134円80銭付近に弱含んだのち、135円29銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.0897ドルへ強含んだのち、1.0874ドルへ下落した。

【経済指標】・米・5月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:57.7(予想:63.0、4月:63.5)・米・5月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:4.5%(予想:4.4%、4月:4.6%)・米・5月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:3.2%(予想:2.9%、4月:3.0%)

<KY>
配信元: フィスコ
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介