先週末28000円台回復、当面は9月13日の28659円を目指す動き

著者:出島 昇
投稿:2022/11/14 17:53

先週の日経平均は、27500円水準のもみあいのあと米10月消費者物価指数を受けフシ目の28000円突破

先週の予測では、米国で8日に中間選挙、10日に10月消費者物価指数の発表があり、その結果を見ながら米株式の動きをみて日経平均ももみあいとなることを想定しました。

日経平均は、前々週末の4日(金)に▲463円の27199円と急落するのの、引け後のNYダウが5日ぶりの大幅反発となり、シカゴ日経先物が△315円の27505円となっていたことで、先週は27000~28000円のレンジの中で27500円水準を中心としたもみあいを想定しました。

結果的に週前半は8日の中間選挙で共和党優勢の見方から、議会のネジレによる財政支出政策の抑制が起こって、バイデン政権の財政政策案が途切れ、国債発行が抑制されて金利低下につながることが期待され、株価は8日(火)の△333ドルまで3日連続の大幅続伸となりました。

これを受けて日経平均も7日(月)は△327円の27527円、8日(火)は△344円の27872円と28000円接近まで上昇しました。

しかし、9日(水)は、朝方は27926円まで上昇するものの、中間選挙の結果をみたいということで▲155円の27716円と3日ぶりの反落となりました。

この日の引け後の米国市場では、中間選挙の結果が共和党の勝利が期待されたほどでなかったことでネジレによる期待の逆回転の動きとなって、NYダウは▲646ドルの32513ドルと4日ぶりの反落となりました。

10日(木)の日経平均は、中間選挙の不透明感を受けて、一時▲345円の27370円まで大幅続落し、終値は▲270円の27446円となりました。この日の引け後の米国では、10月消費者物価指数への警戒感から買いは手控えられました。

しかし。10日の10月消費者物価指数は、予想外の前年比+7.7%と前月比+8.2%と予想の+8.0%を下回る伸びとなったことで、10年債利回りが前日の4.15%から3.18%台へ低下し、為替は1ドル=146円台から140円前半まで5円以上の急落となりました。

これを受けて利上げペースの減速期待が強まり、12月のFOMCでは0.75%の利上げ予想が0.5%へと高まりました。株式市場はNYダウが△1201ドルの33715ドルの△3.70%、ナスダックは△7.35%、S&Pは△5.54%と大きく上昇しました。

週末11日(金)の日経平均は、米利上げ減速期待から△817円の28263円と28000円台を一気に突破して引けました。心理的なフシ目の28000円超えは9月13日以来、約2ヶ月ぶりとなります。FRBによる利上げペースの減速期待で米株式が急反発し、これを受けて先物買いを交えて上げ幅を拡大しました。

週末の米国市場は、10日(木)の10月消費者物価指数が予想を下回る伸びとなったことで利上げ減速期待が続き、先行きの金利低下見通しを背景に、ドルは下落が継続し1ドル=138.82円で引けました。株価は、NYダウは△32ドルの33747ドルと小幅続伸し、ナスダックは△209Pとハイテク株は大幅上昇となりました。シカゴ日経先物は円高進行となったことで輸出関連株は売られ▲150円の28120円となっています。

先週末28000円台回復、当面は9月13日の28659円を目指す動き

先週末は、10月消費者物価指数の結果を受けてインフレ鈍化に伴うFRBの利上げ幅縮小観測を背景に△817円の28263円と一気に28000円台に2ヶ月ぶりに回復しました。ただ、グローズ株や半導体関連に資金が集中しものの急激な円高を受けて輸出株が失速する動きがみまれました。円安環境に変化の兆しが生じたことで、物色の変化が生じてくる可能性があります。

基本的にFRBのインフレ対応の金融政策は変わらないものの、急激な円安が落ち着いてくるとみられ内需株も買われてくることになります。長期的には円安基調の中でインバウンド(訪日外国人観光客)株は期待がもてるといえます。

今週は、先週末の流れを引き継ぎ堅調な展開が予想されます。目先は9月13日につけた高値28659円が目標となり、ここをぬけければ8月17日の29222円が視野に入ります。ここをぬけると2021年9月14日の30795円を高値とし、2022年3月9日の24681円を安値とする中期の三角保ち合いを上放れすることになり、本格的な上昇が期待できることになります。当面の想定レンジは27800~28800円となります。

(指標)日経平均

先週の動き

週前半は、NYダウの3日連続の大幅上昇を受け、7日(月)は先週末の10月雇用統計を受け、NYダウの上昇に連動し、△327円の27527円と反発し、8日(火)は、8日の米中間選挙で共和党有利の見方でNYダウが上昇したことで△344円の27872円と大幅続伸しました。

9日(水)は、米中間選挙で共和党が思ったほど良くなかったことでNYダウが反落し、日経平均も▲155円の27716円と一服しました。NYダウは▲646ドルの32513ドルの下落となり、10日(木)の日経平均も▲270円の27446円と連動しました。

注目の10日(木)の10月消費者物価指数は、前年比+7.7%(前月+8.2%、予想の+8.0%)と予想を下回る伸びとなったことで、FRBの利上げペースが減速するとの期待で10年債利回りが低下し、ドルが5円以上売られ、NYダウは△1201ドルの33715ドルとなりました。これを受けて週末の日経平均は△817円の28263円と2ヶ月ぶりに28000円台を回復しました。

今週の見通し

今週は、先週末の流れを引き継ぎ堅調な展開が予想されます。9月13日の高値28659円が当面の目標となり、ここをぬけると8月17日の29222円が視野に入ります。さらにここを突破すると昨年2021年9月14日の30795円を高値とし、今年2022年3月9日の24681円を安値とする三角保ち合いを上放れして本格上昇になることが期待できます。

(指標)NYダウ

先週の動き

週前半は、中間選挙は共和党有利の見方で財政支出が抑えられるとの期待から、4日(金)△401ドル、7日(月)△423ドル、8日(火)△333ドルと3日続伸となりました。しかし9日(水)は、中間選挙の結果で共和党が予想ほど強くなかったことで、利食い優勢となり▲646ドルとなりました。

10日(木)の10月消費者物価指数は前年比+7.7%(前月+8.2%、予想の+8.0%)と予想を下回る伸びとなったことでFRBの利上げペースの減速期待が強まり、ドル・円は5円以上の下落となり、10年債利回りは大きく下がり、NYダウは△1201ドルの33715ドルと急反発しました。

今週の見通し

NYダウの日足チャートは、乱高下しながらも上昇トレンドとなっています。31600ドル近辺にある75日線を完全い上放れし、8月16日の34281ドルを目指す動きとなっています。ここを突破すれば4月21日の35492ドルが視野に入ります。

(指標)ドル/円

先週の動き

先週は、円高に向かって荒い動きとなりました。週始めは8日の中間選挙で共和党が大きく勝利する見方からネジレ議会となって景気刺激策などが抑制され、金利が低下するという期待からドル売り・円買いの動きとなり、148円台から146円半ばへ。翌日は145円台前半まで売られました。

9日(水)は共和党の勝利はそれほどでもなかったことでドルが買い戻され146円台半ばまで戻しました。10日(木)は、10月消費者物価指数が予想を下回ったことでFRBの利上げが減少するとの見方で再びドルが5円以上急落し140円台前半へ。週末は138円後半まで下落しました。目先、落ち着きどころを探すところです。

今週の動き

先週は、10日の10月CPIを受けてFRBの大幅利上げへの期待は後退し、ドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低く、年末に向けた消費の低迷が予想され景気後退への懸念は残り、ドル買いを抑制することになりそうです。ただし10月の小売売上の結果が好調であればドル買いがやや強まる可能性があります。

配信元: みんかぶ株式コラム
売買予想ランキング
株価値上がり・値下がりランキング
配当利回りランキング
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介