【IRアナリストレポート】ピーシーデポコーポレーション(7618)

著者:鈴木 行生
投稿:2022/09/07 11:30

~プレミアム会員を軸としたサブスク型ビジネスモデルへ一新~

【ポイント】
・1Qもプレミアム会員の純増は計画を下回った。前4Q以降のオミクロン株の影響で、店舗への会員集客が制約を受けた。商品の調達という点でも一部制約があった。コロナ禍が落ち着いてくれば、会員増のピッチは上がってこよう。地域の新聞や情報紙を利用した広告宣伝に力を入れつつ、その効果を測っている。

・デジタル生活の情報発信とコミュニケーションの拠点となる「横濱Key Station」が7月から稼働した。新本社に併設する新たな価値創造のステーションとして、プレミアム会員家族やその紹介に対して、リアルなプレイスに招いたり、スタジオから会員向けネット放送を実施したりすることで、会員獲得とインサイドセールスの拡大を図っていく。

・今年2月にスタートした新本社のワークプレイスは画期的で、最先端のアイディアを盛り込んでいる。前期の投資額は45億円に拡大した。店舗のリノベーションに加えて、本社移転を契機とした横濱Key Stationの設備、軽井沢でのワーケーション施設の取得などに投資したが、今期は通常の投資水準(16億円)に戻っている。

・2021年5月から独自のサブスクリプションモデルへの完全移行をスタートさせた。すでに10年かけてプレミアム会員中心の事業へシフトしてきた。広義のサブスク会員は昨年3月末で45万人(ARPU3500円)、そのうちデジタル担当が付いているプレミアム会員(NCS)は同9.7万人(同8053円)であったが、今年6月末のNCSは12.0万人(同8194円)へ増加した。今後も、人材の増強と広告宣伝に先行投資を継続する。

・前期より会員シフトを強化しているので、一般顧客向けの商品販売が大きく減少し、先行投資もあって、業績は大幅に落ち込んでいる。これは覚悟のうえである。今期も横ばい圏ながら、来期からはNCSの増加で業績が回復軌道に乗ってこよう。

・既に売上の50%はサブスク型であるが、これを3~5年で80%まで高める計画である。提案型の需要創出効果が次第に顕在化してこよう。新しいビジネスモデルへの転換は先進的で、世界でもユニークである。新規の加入も増えてくるので、収益性は以前より向上してこよう。つれて株式市場での評価も大きく上昇しよう。

目次
1.新ビジネスモデル 独自のサブスク型へフルモデルチェンジ
2.特色 インターネットデバイスのサービス専門店へ転換
3.強み サービス収入主力の収益構造へシフト
4.今後の展開 メンバー(会員)との結びつきを強化し、関係人口作りへ
5.当面の業績 NCS(ニューカスタマーサクセス)会員の獲得に向け先行投資
6.企業評価 NCSの新規加入増で、攻めの局面へ

ピーシーデポコーポレーション <7618>
企業レーティング
株価
(2022年9月6日)
277円
時価総額 146億円
(52.622百万株)
PBR 0.53倍
ROE 3.1%
PER 17.5倍
配当利回り 5.1%
総資産 37951百万円
純資産 26229百万円
自己資本比率 69.0%
BPS 518.8円
(百万円、円)
決算期 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 EPS 配当
2014.3 53772 2256 2357 1536 38.0 4.7
2015.3 51261 3045 3162 1914 42.0 6.9
2016.3 51729 4086 4139 2693 56.9 9.6
2017.3 46417 3402 3467 2269 44.1 13.0
2018.3 43590 2981 3079 1958 38.6 13.0
2019.3 40447 2579 2685 1553 30.9 13.0
2020.3 39137 2941 3018 1718 34.2 13.0
2021.3 38312 2893 2935 1854 36.8 13.5
2022.3 33024 1451 1519 765 15.2 14.0
2023.3(予) 32300 1450 1550 800 15.8 14.0
2024.3(予) 35000 2000 2000 1200 23.7 14.0

(2022.6ベース)

(注)ROE、PER、配当利回りは直近予想ベース。2013年10月に1:100、2015年1月に1:1.5、2016年10月に1:1.2の株式分割を実施。それ以前のEPS、配当については修正ベース。
企業レーティングの定義:当該企業の、(1)経営者の経営力、(2)事業の成長力・持続力、(3)業績下方修正の可能性、という点から定性評価している。A:良好である、B:一定の努力を要する、C:相当の改善を要する、D:極めて厳しい局面にある、という4段階で示す。

レポート全文はこちらから
https://www.belletk.com/pcdepo202209.pdf

日本ベル投資研究所の過去レポートはこちらから

配信元: みんかぶ株式コラム

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
272.0
(11:30)
+2.0
(+0.74%)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介