メキシコペソ/円、押し目買いが奏功しそう

著者:津田隆光
投稿:2022/06/24 09:58

メキシコ中銀、9会合連続の利上げを実施!

メキシコペソ/円・日足・複合チャート
メキシコペソ/円・日足・複合チャート出所:マネースクエアFXチャート

【注目ポイント】21日MAを基準とする「6.646円」で下値サポートされるか否か
【シナリオ①】同MAで下値サポートなら、「6.865円」超えを試す展開
【シナリオ②】同MA割れなら、「6.500円」付近までの下押しを考慮
【当面の“主戦場”(コアレンジ)】「6.500~6.865円」


23日(日本時間24日未明)、BOM(メキシコ中銀)は政策金利を0.75%利上げし、7.75%とする旨を発表。加えて、今後の追加利上げを示唆したこともあり、メキシコペソ/円は下値しっかりの相場付きとなっています。

上図の各メルクマールを見ると、1) 21日MA(移動平均線)が右肩上がりであること、2) 遅行スパンがローソク足の上方に位置していること、3) ローソク足の下方に青色雲(=抵抗帯、先行スパン)およびパラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)があること、そして4) DMI(方向性指数)でADX、+DI、-DIが収斂する状態となっている(上図青色点線丸印)ことから、メキシコペソ/円・日足チャートは、緩やかな上昇トレンド継続を示唆するチャート形状であると判断します。

他方、直近のローソク足がBB(ボリンジャーバンド)・+1σラインを基準とする「6.755円」を下回る“上昇バンドウォーク崩れ”となっていることから、足もとでは一旦の下押しを模索する時間帯と捉えて良いでしょう。


目先の注目ポイントは・・・約1カ月間における市場参加者の平均コストを示す21日MAを基準をとする「6.646円」(上図黄色矢印および緑色線)でローソク足が下値サポートされるか否か。

筆者が予想する今後のシナリオは以下の通りです。(シナリオ①、②)


[シナリオ①]
これからの時間にかけて、21日MAで下値サポートされた場合は、「下値固め」→「小反発フロー」となる可能性も。当該ケースでは、「上昇バンドウォークの再開」や「+DI>-DIの乖離拡大」も伴いながら、BB・+2σラインを基準とする「6.865円」(上図Ⓐ赤色線)超えを試す展開となりそうです。

[シナリオ②]
一方で、21日MAを終値ベースで下回った場合は、「下値基準線割れ」→「もう一段の下押し」となる可能性も。当該ケースでは、「遅行スパンのローソク足接近」や「-DI>+DIの乖離拡大」も伴いながら、BB・-1σラインおよび青色雲の下辺である先行2スパンを基準とする「6.500円」(上図Ⓑ水色線)付近までの下押しを考慮すべきでしょう。


上記シナリオ①および②を概括すると、当面※のメキシコペソ/円は「6.500~6.865円」を“主戦場”(コアレンジ)とする下値しっかりの相場付きとなりそうです。よって、当該レンジを考慮した上での「押し目買い」あるいは「打診買い」も一案でしょう。(※ここでの「当面」は、1~2週間のスパンを想定しています。)


今後のメキシコペソ/円については、上記テクニカル要因のみならず、ファンダメンタルズの側面から、ⅰ) WTI原油先物や銅先物などの国際商品市況の動向、ⅱ) メキシコのCPI(消費者物価指数)結果、そしてⅲ) BOM(メキシコ中銀)とBOJ(日銀)の金融政策スタンスの相違(乖離)に対する見通しや思惑などが材料・動意となりそうです。

津田隆光
マネースクエア チーフマーケットアドバイザー
配信元: 達人の予想

著者のおすすめ

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介